仕事を最大限に効率化するのにオナ禁が最適

仕事を最大限に効率化するのにオナ禁が最適
このサイトではモテ効果に関する言及を多くしていますが、仕事に対する面でもオナ禁は最高の効果をもたらします。

もっというと、オナ禁を実践する⇒集中力・思考力が大幅にアップする⇒仕事で成功する⇒自分自身に自信がつく⇒女性にモテる(基本的に女性は自信の有無を恋愛の大きな区別に使っているので)、というモテ効果につながるのは間違いありません。

テストステロンはもともと狩猟を男の原始人が、恐怖感を無くしたり集中力を増して獲物を捕らえるために発生していたホルモンですから、テストステロンの量が増えれば増えるほど、本能的に仕事をこなす能力は高くなっていきます。

あなたがどのようなビジネスについていらっしゃるかは分かりませんが、仕事をばりばりこなすようになると空き時間が増えて、その時間をさらに使って副業などを行いビジネスを大成功させている社長さんたちが僕の身近にはたくさんいます。

年収数千万円の方などざらにいらっしゃいますし、ネット業界でいわれているようなちっぽけな金額で喜んでいるような方とは異なり、大きくしかも長い間稼がれていらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。

この方々の多くが性エネルギーに関して自分なりの理論を持っていて、僕はオナ禁を行っていますが、さまざまな方法でテストステロンの放出を高めてビジネスに役立て、そしてモテている社長さんたちが多いです。

たとえば、金髪美女のプレイボーイのポスターを部屋中に貼りまくっている年商30億円くらいの中古車販売業の方もいますし、サバイバルゲームを取り入れて能力を高めていると自負している貿易会社のトップの方も友人にいます。

女に溺れて消えていった人もたくさん見ていて、その多くが「お金を使って女のコを買う」といった「本来の自分とは異なる魅力」で女のコを手に入れていることに気付きました。

僕は女のコにもモテたかったですし、ビジネスでも自由に暮らせるくらいの金額は稼いでいきたいと考えていますので、このような泥沼にならないように風俗などお金を支払う行動は一切行っていません。

ビジネスを破綻させたくありませんからね。

同じ女のコとエッチするという目的が合ったとしても、僕は「女のコとエッチできるくらい魅力的な男になりたい」と考えてオナ禁をスタートさせました。

ただエッチしたいだけなら風俗に行けば良い話ですからね。

それよりも「エッチできるくらいの自信を持つ」「自分自身の能力を高めたい」ということを元に行動を行ってきましたので、今のようにオナ禁生活で良い形をおくれているのではないかなと考えています。

オナ禁は実践してもらえば分かりますが、間違いなく仕事を効率化させるのに向いたテクニックです。