三日目でオナ禁挫折しかけた管理人の体験談

三日目でオナ禁挫折しかけた管理人の体験談
僕は、一番最初にオナ禁を実践した時、三日目で最高にムラムラが到達してきてリセットしそうになりました。

そのころはエロ禁に関する情報を知らなかったので、エロい画像などを見ることは習慣化されたままだったのですが、これが悪影響を及ぼしてしまったようでとんでもなくムラムラな状態になってしまいました。

オナ禁を行うと以下のようにからだは変化します。

最初の一週間程度、ジヒドロテストステロンの量が増加
⇒翌週にジヒドロテストステロンの量が減少し始める
⇒三週間目以降、テストステロンの量が上回りモテ効果が発生

といった流れなのですが、初期の頃にオナ禁によってジヒドロテストステロンの量が増えたり、カラダに残存していたジヒドロテストステロンによって性欲が上がることは初期の頃は知りませんでした。

さらにエロ禁の情報を知らなかったので「エロ画像を見ると男性ホルモンが出てきてモテる」と思い込んでいたのでそれを実践していたのですが、実際にはジヒドロテストステロンの量を増やすことにつながるので、余計にムラムラしてしまっていました。

オナ禁の数日間は、誰もが必ずジヒドロテストステロンの影響によって性欲がアップしますが、その間にエロ禁を行わなかった僕はマックスレベルまで性欲が高まってしまって、究極に危ない状況だったのを覚えています。

ミネラルウォーターでムラムラを解消

オナ禁初期の頃から健康にも気を使おう(=だって健康的なカラダのほうが絶対に女のコにモテるから)という考えに基づき、ミネラルウォーターをたくさん飲むようにしていました。水を飲むのは健康に良いですからね。

これが、結果的に功を奏しました。

ビンビン・パンパンになってしまった僕の息子を助けるかのように、ミネラルウォーターをたくさん飲んでいたことによって尿意が襲い始めたんです。

勃起状態でパンパンになりながらも、おしっこに行きたいという状況になり、早速トイレにいき放尿しました。

すると、どうしたことでしょう。

それまでパンパンだった僕のイチモツが、おしっこを出していくと同時に次第にしぼんでいくではありませんか。

しかも、おしっこを出し続けて最後まで出し切ったと同時に、僕の中のムラムラはビックリするくらい無くなっていました。

このとき「オナニーをしそうになったらおしっこを出す」という、オナ禁を克服するのに最強のテクニックを身につけて、そこからは酔っぱらってオナニーしてしまったり、相当のストレスでオナニーをするまでは3ヶ月くらいオナ禁を継続できました。

何度もムラムラが襲ってきましたが、このときと同じようにおしっこを出すことで元通りにしてきました。

おしっこを出すという単純明快なテクニックですが、これほどまでに最強のテクニックはないと思います。

最初の一週間、オナ禁は本当にキツいです。

でも、ここを乗り越えれば間違いなく継続しやすくなりますし、間違いなく女のコにモテ始める日々がやってきますので、最初は我慢、そしてテクニックを使って乗り越えてもらいたいと思っています。