禁酒・禁煙とオナ禁は同時に行ったほうがいいのか??

禁酒・禁煙とオナ禁は同時に行ったほうがいいのか??
禁酒と禁煙は、健康な生活を取り戻すために必要なことだと思いますが、ここにオナ禁まで実施してしまうとストレスが加わるようになる可能性が高いですから、気をつけなければなりません。

オナ禁を行うのであれば、まずはオナ禁だけを行っていくことをおすすめいたします。

他の禁欲を同時に行うことはとんでもないストレスです。

禁酒はしたほうがいいかもしれませんが、喫煙行為はカラダにとってはものすごく悪いことだと思いますが、テストステロンの数値を上昇させてモテ効果をもたらすことが分かっています。とりあえずは、禁煙はまだ始めなくても良いかもしれません。

喫煙することによってテストステロンが上昇するということは、健康を投げうってでもモテ効果を高める行為になります。不健康になってしまってからではモテ効果の意味は一切なくなりますので、その辺りはさじ加減が必要になります。

ちなみに純粋に禁煙を行うとモテ効果は急激に減少します。

それまでタバコの効果によってテストステロンが上昇していただけにすぎませんから、禁煙を行うことでテストステロンが下がってくると、自然に男らしさが減少して、さらにストレスでイライラした感じになってしまうので、結果的にモテなくなります。

健康を害してでもモテたいと考えているのであれば、禁煙はとりあえずストップです。

お酒は禁酒したほうが良い

お酒が大好きな女のコをゲットしたかったり、女のコを酔わせてエッチしたいと考えているのであれば別ですが、一般的にはお酒を飲むことでテストステロンの数値は下がっていきます。

お酒の場ではあまり気付くことはありませんが、お酒を飲んだ次の日、テストステロンの数値は下がっていますから、日常生活の中でのモテ効果は一気に減少してしまうので注意が必要になります。

女のコをゲットするためのツールとして飲むのであれば問題ありませんし、僕自身もそのスタンスで飲酒を行っていますが、毎日自宅で晩酌をすることは一切ありません。家で一人で飲むことほどモテ効果に意味のないことはないので、自宅では一切飲酒しません。

お酒はコミュニケーションのためのツールであって、自分の快楽を求めるために飲むのであれば、それはオナニーを行い続けているオナ猿状態と変わりがありませんから、モテ効果は下がっていきます。

面白いもので自分が気持ちいいと思えるものを制限することで、その後、もっと気持ちいいことができるようになりますし、大きな成果が得られるようになります。

ストレスになってしまうのであれば別ですが、禁酒は行っていくと良いと思います。