初期の頃、瞑想したらオナ禁に失敗しそうになった件

初期の頃、瞑想したらオナ禁に失敗しそうになった件
まだオナ禁の知識が無かった頃、ネットや書籍、医学論文などでいろいろなオナ禁に関する情報を集めていたときに「ヨガ」のなかの「瞑想」がオナ禁に効果的であるという情報を見つけました。

ヨガは性エネルギーを効率よく解消するのに適している方法だと思ったので、早速実践してみたのですが、完全にムラムラ状態になってしまったので僕にはあいませんでした。

目をつぶってエネルギーを頭のほうに持っていくという方法だったと思うのですが、まだカラダの中にジヒドロテストステロンがたくさん入ったであろう時期に行ったので、エロい映像ばかりが出てくるんですね。

瞑想して目をつぶったにもかかわらず、あの真っ黒いスクリーンの中にエロい動画が延々と出てくるし、自分が今までに見てきた動画の思い出がどんどん出てきてしまって、完全にリセット暴発しそうになったのを覚えています。

ある程度期間が経ったのであれば問題ないと思いますが、オナ禁の開始直後にいきなり瞑想を始めてしまうと、僕のようにムラムラが襲ってきてリセットになりかける可能性が極めて高いですからご注意ください。

よっぽどエロイ情報が頭の中に入っていない方であれば問題ないかと思いますが、ほとんどのオナ猿状態の方でしたら大問題に発展する可能性が高いですから、一発目に瞑想を持ってくるのは辞めておいたほうがよろしいかと思います。

中期以降であれば瞑想は効果的

一発目で瞑想の怖い部分を味わってしまったので、その後瞑想をオナ禁中に行うことはほとんど無くなったのですが、50日ほど経過したときに「もう大丈夫だろう」と思ってやってみました。

瞬間的にパンチラを見てしまった日など、性欲が高くなってきたときに瞑想を行ってみたのですが、これが上手くいくもんなんです。

以前では何度も女の子の絶頂シーンが頭の中を駆け巡って、もう暴発寸前の完全オナ猿手前の状態だったのですが、パンチラの映像が一瞬浮かんだにもかかわらずその後は別のビジネスのことなどが浮かぶようになりました。

50日も経過すれば、それまでのジヒドロテストステロンの量も少なくなっているでしょうし、潜在意識に残されたエロ情報も少なくなってきているはずですので、瞑想を行っても問題ないかと思います。

50日ほど経過すると、「本物のエッチ」にしか興味がわかないというか、デジタルの偽物のエロには一切興味を示さなくなりましたね。

僕は深田恭子チャンが大好きなんですけど、以前までは頭の中で犯しまくってはオナッていたのですが最近ではただ純粋に「かわいい」と思えるようになり、以前までの性の対象としてみるような感じではなくなりました。