豆乳はオナ禁・エロ禁に最適の飲み物

豆乳はオナ禁・エロ禁に最適の飲み物
「大豆の中に含まれているエストロゲンには、性欲を低くする効果があります。」

この情報を知った僕は、早速実践してみることにしました。

第一弾の納豆は、僕にはまったく適していなかったようで、食べれば食べるほどムラムラしてくる回数が増えてしまったので中止して、そのエネルギーを筋トレで発散することによってなんとかリセットを防ぐことができました。

納豆でダメなら次は豆乳だ!!ということで豆乳を飲むようにしてみたのですが、これが思いのほか効果があったんですね。

甘いモノがあまり好きではありませんので、無調整の純粋な豆乳を朝にコップ一杯飲むようにしていたのですが、2日ぐらい連続で飲んでいたらその日の夜には、いつも寝る前にムラムラしてしまうのがなぜか無くなってきたので「効果があるのかな?」と思いそのまま寝ました。

それから1週間連続で飲んでみたのですが、確実に僕の性欲というかムラムラ、想像してオナッてしまいそうになる行動が減りましたので、豆乳は僕の体に合っていると思いますし、プラシーボ(思い込み)かもしれませんがムラムラは減少したと思います。

性欲というと誤解があるかもしれませんが、がっつりとパンチラや胸の谷間を見たときには息子はムックリと反応してくれますが、想像するようになったりエッチな動画をわざわざ進んで見たくなるといったことは少なくなりましたね。

性欲というより、「自然ではないエロ」を排除するような効果があると思います。

人によって合う合わないがある

「大豆製品が性欲を抑えるのに効果的」という情報を知った僕は、「大豆なら納豆でしょ!!」という気持ちで納豆を食べることを実践してみましたが、見事にムラムラが増殖してしまいリセット寸前まで追い込まれてしまいました。

そのまま大豆製品を止めてしまうことも考えましたが、もう一つ大豆といえば豆乳だと思っていたのでそちらを試すことにしたのですが、豆乳では性欲に対する確かな効果を実感することはできました。

同じ大豆という製品、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンによく似た物質が含まれている食べ物であったとしても、ある人には劇的に効果があるかもしれませんし、ある人には逆効果になってしまうということに気付きました。

オナ禁+筋トレ+栄養素の補給という三本柱で行っていけば特に問題はないかと思いますが、性欲を減少させるためのテクニックなどは人それぞれ異なる可能性がありますので注意したほうがいいかもしれませんね。

僕の場合でしたら、肉食にすることでより活力がわいてきて、筋トレをしっかり行うようになり性欲が下がりました。一般的には肉食は性欲をあげるとされていますので、本来NGの食事なのですが実際に試してみると異なることが分かります。

ご自身のスタイルにあったモノを選択して、少しずつオナ禁ライフを続けていってもらえればと思います。