ドーパミンを発生させることがオナ禁成功の鍵

ドーパミンを発生させることがオナ禁成功の鍵
オナ禁を継続していくにあたって重要になるのが、オナ禁を行うことでさまざま小さな成功体験が積み重なっていくことを感じることです。

たとえば「女の子と目が合う回数が増えた」でもいいですし、「女の子にしゃべりかけられるようになった」でもいいですし、とにかくちょっとした出来事でも以前の自分には起こらなかった変化を感じてほしいんです。

これを行うことによって、脳の中からドーパミンという快楽物質が出てくるようになります。

女の子と目が合う回数が増えた⇒嬉しい
女の子にしゃべりかけられるようになった⇒楽しい
女の子と付き合えるようになった⇒最高!!

などなど、どんなことでも構いませんから、以前の自分と比較してラッキーに思えることを感じ取っていくと、脳の中で快楽物質であるドーパミンがどんどん放出されるようになります。

人間は、快楽か恐怖のどちらかに従って生きていく生き物ですから、快楽であることがどんどん積み重なっていくと、それまで経験してきた多くの過去の出来事を修正して、その快楽に向けて行動していくようになります。

ドーパミンが出てくるようになれば、「オナ禁止していたほうが、今までよりも間違いなく気持ちがいい」と思えるようになって、ますますオナ禁に精が出るようになりますし、自信がみなぎるようになってきます。

表情もドーパミンの効果でニコニコしているというか、楽しい感じになっていきますので、よりモテ効果が効果的な物へと変化していきます。

男性ホルモン等のフェロモン効果だけでなくって、ドーパミンが出ているような楽しそうな男性に女性は惹き付けられることが多いですから、楽しいこと・嬉しかったことをオナ禁前後で比べるようにしてみてくださいね。

女の子同士で女性の生理周期が移ることがある

以前読んだ医学論文の中で興味深い物があったのを思い出したので書いておきます。

4人組の女の子のグループがあって、ある女の子が生理になったときに、他の女の子が自分の生理周期とは関係なくつられたように生理になるという現象があるそうです。

生理が移るんですね。まるで風邪を引いたように。

女の子には特殊な性ホルモンを感じる器官があるそうで、特に生理周期を感じ取る器官が発達しているので、他の女の子と一緒にいることによってその子の生理が移るという現象が多く見られるようです。

僕は男ですし、生理は一切経験することができませんが、とても興味深いことですよね。

たとえば、男だったらムラムラが移るなんてこと、絶対にありえないじゃないですか。一緒にAVを見ていて、一緒にムラムラするというのならありえますが、何かを想像していてそれが男同士で移るなんて考えられないんですよね。

こんな感じで女の子は、僕たちと違う機能が複数ついているんです。

だから、ドーパミンがバンバン出ている男に惹かれるのも納得がいきますし、フェロモンや男性ホルモンの影響を受けて原始的な部分でほれてしまうということも実際に起こることに納得が持てます。

男と女、同じ人間ですけどまったく別の生き物です。

女の子の性的興奮を高めるために、ぜひオナ禁を利用していってもらえればと思います。