オナ禁を行うときにNGになる音楽

オナ禁を行うときにNGになる音楽
オナ禁を行っているときには、リラクゼーション系の音楽は聞かないほうがいいです。

性欲コントロールを行うのであれば、リラクゼーション系の音楽をじっくり聞くと効果的なのかもしれませんが、モテ効果に関しては減少させてしまう可能性が高いですから、あまり聞かないほうが良いですね。

あまり知られていない事実なのですが、ゆっくりとした音楽、リラクゼーションタイプの音楽を聴いていると、テストステロンの量が減少します。

テストステロンは、男性のとって最強のモテ効果をもたらすホルモンですから、この量が減少してしまうということは必然的に男性的魅力が減少することにつながり、モテ効果は大幅に減少してしまうようになります。

逆に、激しいパンクやヒップホップなどを聞いていると、テストステロンの量が大幅に上がるということが判明していますので、ご自身の趣味・嗜好に合った音楽を聴いて、効率的にテストステロンの数値を高めていってほしいと思います。

格闘家の入場曲は派手なものが多い

エンターテイメントの部分もあるので一概にはいえませんが、格闘家の入場曲には派手な音楽が多いです。

「気分を鼓舞する」という言葉がありますが、まさにあれこそがテストステロンを放出させてカラダのコンディションを最高潮に持っていくことを表しています。

気分を鼓舞するために、自分のカラダに合ったテンポの速い音楽を流して入場してくる格闘家やプロレスラーがものすごく多いですね。クラシックなどで入場してくる選手はほとんどいらっしゃらないかと思います。

戦うためにもテストステロンは重要なホルモンになりますので、対戦する前から自分のカラダをセットアップするために多くの選手が音楽で気分を鼓舞して、戦闘モードに入っていきます。

プロの格闘家たちが何気なく使う方法ですが、こうした細かい部分を実生活に取り入れていくと、モテ効果を大幅にアップさせることができますのでぜひやってみてもらいたいと思います。

逆に言えば、リラクゼーションミュージックを聴いてテンションが大幅に上がる、やる気が一気に上がるという方は、もしかしたらテストステロンの数値が上昇している可能性もありますので、モテ効果の実験をしてみると良いかもしれません。

あと、僕のスタイルと違って中性化を目指してモテ効果を得体と考えている方にとっては、静かな音楽を聴くというのは中性化に向けてはとても良い効果をもたらしてくれると思いますので、ぜひ実践してもらえればと思います。