キックボクシング、ボクサーの選手は試合前にオナ禁必須

キックボクシング、ボクサーの選手は試合前にオナ禁必須
僕はかつてキックボクシングを行っていたことがあるのですが、キックボクシングやその他の格闘技、さらにはプロのスポーツ選手たちは必ずオナ禁を行うようになります。

オナ禁というよりもエロ禁を行うことによって、性エネルギーがカラダの中から消失してしまうのを防いで、それを体力に変えていくことを古くから伝統的に伝えられていますので、オナ禁を自然に指導されることが多くなってきます。

僕自身、キックボクシングの試合に出る2週間前くらいに、トレーナーから「エッチとオナニーは試合までは絶対にやるな!!」という指導を受けて、そこから禁欲状態にしていったのですが、確実に運動能力も試合での能力も上がったと思います。

それくらいオナニーをすること、精子を外へ排出することは体力を削ってしまうということをカラダで理解しているつもりですので、スポーツの試合前の方でしたら必ずオナ禁はしておいてほしいと思います。

スポーツ以外にも集中力を高めたい時、何か集中しなければならない大きなイベントがあるときには、継続してオナ禁を行っておくととても効率的に物事を進めることができるかと思います。

集中力・能力は間違いなくアップする

オナ禁を行うことで確実に経験できるようになるのが、集中力がアップしてやる気がみなぎるような不思議な感覚です。

僕もそうですし、僕の友人たちもオナ禁を行うことで真っ先に実感できるようになったのが、集中力など精神的な部分の能力がアップすることです。

いろいろな能力が上がることによって、細かい部分にも気が利くようになりますので、よりモテ効果が高くなる可能性が高いです。

オナ猿状態のときには気付かなかった「女の子からみた気持ち悪い部分」に自分自身が気付くことができるようになるし、顔にも集中力やパワーがみなぎったような感じが表れてくるようになりますので、自然にモテていくようになります。

オナ禁をしてテストステロンがしっかりと出てくるようになると、血液が顔に回ってきて顔のむくみをとるようになっていきますし、全身の筋肉を引き締めるような効果が出てきますので、この点からでも自然にモテ効果が高まるようになっていきます。

以前は逆ナンなんてほとんどありえなかったのですが、最近では飲んでいるたびに女の子からの視線を感じるようになったり向こうからしゃべりかけてくるようになってきていますから、モテ効果が確実にあるのは理解しています。

女の子とエッチする=試合のような物だと考えていますので、エッチの前に集中力を高めるようなオナ禁を行っておくと、自然に試合の数が増えてくるのではないかなと考えています。