オナ禁をするとテストステロンが増え性的魅力が大幅アップ

オナ禁をするとテストステロンが増え性的魅力が大幅アップ
オナ禁によってモテ効果を狙うのであれば、覚えておかなければならないのがテストステロンです。

男性ホルモンの一種で、オナ禁を行うことによってテストステロンの量が増えていきます。

テストステロンの中には、女性が感知することができるフェロモンが含まれていて、この成分が鼻の中に入ってくることによって、女性がくらっときてしまい結果的にモテるようになります。

ネット上でいろいろ調べていくと「良いにおいがしてそれだけでくらっときてしまう」と書かれていたり「イケメンでもないのにとにかく近づいてカラダに密着していたい感じ」だと女性の方が書き綴っていることが多いです。

テストステロンをいかにして増やしていくかが、モテ効果をもたらすポイントです。

僕たち男からすると、そこまで嗅覚が発達しているわけではありませんし、感受性も女性よりは低くなっていますのでフェロモンそのものを感じ取るのは非常に困難です。同性の物であればなおさら嗅ぎ分けることは難しいですね。

テストステロンは男らしさを作り出すホルモン

テストステロンは、男らしいカラダや言動を作り出すためのホルモンです。

ですので、男性が好んで行うイメージのある行動を行うと、自然にテストステロンが放出されるようになります。

もっというと、原始時代に男性が行っていたであろう行動を行っていくとテストステロンが自然に放出されるようになり、より男らしい男性になりモテるようになっていきます。

有名なところでは肉食を行うようにしたり、筋トレを行うことも重要ですし、スポーツなどもいいですよね。

スポーツ選手がなぜモテるのかといえば、狩猟時代の本能が女性の中に備わっていて「狩りをする=点を取る・ゴールを決める」と同じ意味合いになっていますので、点をたくさん取る選手、競技能力の高い選手ほど美人な女性にモテるようになります。

当然テストステロンもたっぷり出ていますから、余計にモテますね。

あとは、ナイフや拳銃を磨くとテストステロンが上昇するというデータもあるのですが、これなどはまさに狩猟時代そのままを表現していて、原始人が槍をピカピカに研いでいるときなどはテストステロンが出ていたと思います。

精力が強い男、精子をたっぷりと放出できる男などは余計にモテていったと思います。

子孫繁栄こそが僕たち人類に課された命題だったと思うので、女のコを妊娠させる能力が高い男ほど、どんどんモテていったと思いますし、新しい女のコをとっかえひっかえ妊娠できるような男だと、余計にモテていたのが想像できます。

たかだか数千年から数万年しか時は経っていませんから、そこまで極端に現代人と原始人が異なる部分は本能的には無いと思います。

社会的な部分で制約がたくさん出てきているので、表面的には変化が見られると思います。

でも、本質的な部分では「原始人が女性にモテるのに何が必要か?」というのを見ていったほうが良いと思いますし、現代の中で邪魔になっている部分、逆になっている部分を調べていくとモテの勉強にもなると思います。