オナ禁は脳細胞にどのような変化をもたらすのか?

オナ禁は脳細胞にどのような変化をもたらすのか?
オナ禁を行うと、脳細胞が活性化されるようになります。

特にオナ禁などの禁欲系の行動を行うと、脳の中で本来欲しいものを制御する形になるので、「結果=エッチ」を獲得するにはどうしたら良いかという回路が自然に構築されるようになります。

カラダ自体が、オナニーによって射精すらできない自分自身に対して「こいつは本当にモテナイからピンチだな。このままだと、遺伝子を残すことができないぞ」と感じるようになり、結果的に自然にモテ効果が発生するようになります。

またこれとは別の経路で、体内にテストステロンが多く発生するようになり、脳の一部分に「カラダを男らしくさせる変化」をフィードバックさせて、脳から「だったら男らしくしなさい」という信号が送られてきて、魅力的な男性像に変化していくようになります。

脳細胞そのものに大きな変化が起こるようになり、そこからさまざまな信号が放出されて、結果的にモテ効果が出てくるようになります。

簡単に言えば、オナ禁は脳を正常な状態に戻す(=オナ猿状態の狂った環境から脱出する)ことによって、大きな変化をカラダにもたらすことができるようになります。

「効果がない」と思い込めば効果は出ない

人間のほとんどの現象が、脳によってコントロールされています。

意識的に「効果がない」と思い込んでしまえば、どのような現象でも効果が得られなくなりますし、逆に「効果がある」と思い込んでしまえば、どんな偽物の薬であっても大きな効果をもたらすようになります。

プラシーボ効果と呼ばれる現象ですが、オナ禁でももしかしたらプラシーボ効果によって効果が出ているだけなのかもしれませんが、本人が強く「オナ禁は絶対にモテるんだ」と思い込めるような人でしたら、間違いなくモテるようになっていきます。

オナ禁の効果だけに頼るのではなく、様々な部分を変化させていくことで一気にモテスピードが上昇していくので、他の部分の効果も強く思い込むことができるようになれば、それはそれは、ものすごいスピードでモテていくようになると思います。

ありがたいことに、女のコは顔の形だけで男を判断しているのではありません。

当然イケメンが強力なアドバンテージを有しているのは間違いありませんが、それ以外の自信だったり清潔感だったり楽しい感じだったり、顔以外の部分で男を判断しているのもまた事実です。

女のコにモテナイのは、もしかしたら「俺はモテナイ」という思い込みによって生み出されている幻想であって、その幻想が今のご自身の気持ち悪い言動であったりファッションであったり、考え方を構築している可能性が高いです。

オナ禁は、心身・行動に変化をもたらす薬のような存在です。

使い方を間違えれば、まったく意味のないものですが、効果を信じて実践し続けていると、きっと良い方向に変化していくと思いますよ。