オナ禁で汗の臭いが変化する

オナ禁で汗の臭いが変化する
オナ禁を中期的に行っていると、汗の質が変化してきます。

オナ禁を始める前や初期の頃は、汗をかいたときにベトベトしていて気持ちの悪いにおいがする嫌な感じの汗だったのですが、オナ禁を継続的に行うにつれてトレーニング中の汗の質がサラサラしたものへと変化していきました。

それと同時に、汗のにおいがキツいモノではなくなり、良いにおいとまではいきませんが何となく汗臭いかな?くらいのレベルにまで落ち着くようになりました。

汗腺からでてくる汗には種類があって、ホルモンの影響をものすごく受ける場所だと言われています。

ジヒドロテストステロンが大量に放出されている男から出てくる汗は、基本構造が雑菌がたくさん含まれていてカラダの中の有害物質を外に排出するために使われ、かつカラダ表面の皮脂も押し流そうとするのでベタベタした感じの汗が出てくるようになります。

一方でジヒドロテストステロンが抑えられた男性から出てくる汗は、雑菌も入っているけれども油分がほとんど無いタイプの汗が出てくるため、雑菌が繁殖して嫌なにおいを出すことが少なくなり、汗そのものの香りとフェロモン効果が同時に混ざるような感じになっています。

ギトギトのおっさんから加齢臭がすると思いますが、あれも耳の裏側の部分から嫌な成分が放出されているものですから、ジヒドロテストステロンとの関係性が考えられています。おっさんになると、自然にジヒドロテストステロンが増えますから。

雑菌の量が減ればニオイが減少する

カラダに付着している雑菌の量が減れば、体臭は少なくなっていきます。

オナ禁を行うことで、カラダの皮脂が減少するようになりますので、それを栄養素にする雑菌が自然に減少するようになり自然に体臭が少なくなっていきます。

また筋トレを併用することによって、体内に残っている不純物が汗と一緒に外へ放出されるようになり、カラダ内部に残されていたニオイの元になる成分がどんどん無くなっていきますので、自然にニオイが減少するようになります。

次第にフェロモンが出てくるようになりますから、自分自身では気付かない香りの変化が訪れて、特に女のコから良いにおいがすると言われるようになります。この頃から電車効果など、周囲に自然に女のコが近づいてくるようになります。

僕たちがいい香りのする女のコに近づきたくなるのと同じで、女のコもいい香りのする男に近づきたくなるモノですから、確実に香りを変化させることはモテ効果に対して影響力があると思います。香水をつけることもいいと思います。