オナ禁五日目、筋トレの効果が大幅にアップする。

オナ禁五日目、筋トレの効果が大幅にアップする。
オナ禁を始めて五日目、それまで行ってきたトレーニングの重量が全て大幅にアップしました。

僕は昔からいろいろなスポーツを行ってきて、その源となるカラダ全体の能力を上げるためにウェイトトレーニングを行ってきました。

完全なオナ猿状態(1日に3回・4回繰り返す状態)のときは、自分では全く気付きませんでしたが筋肉痛がひどくなったり、カラダが回復する能力が遅くなったり、上げることができる重量が下がったりしていました。

「もう歳だな」位に思っていて、なかば諦めかけていたのですが、まさかオナ禁を行うことによってウェイトトレーニングの重量がアップするとは思ってもいませんでした。

スポーツの前に集中するためにオナ禁をすることはあっても、その当時は迷信のように感じていてまったく効果がないと思い込んでいましたから、ウェイトの重量が下がってきたりするのにも気付かなかったんです。

なんだか体がだるいし、思考もマイナス思考になりがちな感じだったのですが、疲れのせいだと思っていたので、自分でマッサージを行ってみたり銭湯に行ってゆっくりとお風呂につかるなどのリラクゼーション系を多めに行っていました。

それでも、そのときはまったく改善されなかったんです。

オナ禁を行いながらウェイトトレーニングをさらに行うようになってからは、はち切れんばかりの筋肉になっています。

オナ禁を行うとテストステロンの量が上昇しますが、テストステロンの量が増えれば増えるほど筋肉を増強させるためのメカニズムが強く働くようになりますので、結果的に筋肉量が増えて、血管もパンパンに膨れ上がります。

身長は170センチで低めですが、かなりがっちりした筋肉質の体型でファッションを雑誌のオーシャンズを目指して変えてみたところ、ありえないくらいモテ効果は高まってきています。

当然オナ禁を行うことで女性に対する余裕も出てきますし、「別に他の女の子でもOK」という状況になってきていますので、コチラ側の意味でもモテ効果が出てきていると感じます。

オナ禁は外見的な意味合いのモテ効果だけではなく、内面の自信にもホルモンを通じて直接関係しているものですから、モテなかった方でも一気にモテるようになると思います。

僕は、より男らしくなった気がするので、中性的な感じになるという意見とは少し異なってきますが、確実にモテ効果はどのようなスタイルのオナ禁であってもあると考えられます。※おばちゃんの喰いつきが半端ないことになってしまいましたが…。