オナ禁をしていたら肩こりが自然に解消していた。

オナ禁をしていたら肩こりが自然に解消していた。
僕はビジネスの中でパソコンを使用する機会が多いので、人よりもパソコンの画面を長く見続けています。

1日あたり12時間以上パソコンを見ることが多いですから、自然に肩こりになっていました。

もともと肩こりを感じることはなかったのですが、極度のオナ猿状態のときには辛い肩こりの症状を感じていました。加齢によるモノだと思っていましたので、まさかオナニーと関係しているとは考えていなかったですね。

オナ禁をすることで、パソコンを長時間見ていても目が疲れにくくなりましたし、肩こりや頭痛が発生することも劇的に少なくなっていきましたので、肩こりの改善に効果的であると考えています。

集中力がついたのと同時に、頭の中の文字を文章化する能力が大幅にアップしたと思いますので、パソコン仕事でストレスを感じることも少なくなりました。ビジネスに対してとてもいい結果が出ていると思っています。

ドライアイも改善されている

オナ禁を行っていて、パソコンに関連しているのがドライアイの改善です。

オナ禁を行う前は、目の周りがピクピク痙攣したり、パソコンの画面がまぶしくて見ることができないときもあったし、涙がほとんど出なくなってドライアイで困っていた時期がほとんどでした。

それでも仕事は行わなければなりませんから、どれだけカラダに負担が入っていてもパソコンを使い続けて、さらに負担が加わるようになって辛い症状が連続で発生するようになりました。

オナ禁をすることで、涙が出てくるようになったというか、目に潤いが発生するようになったおかげで自然にドライアイが改善されるようになりました。

それと同時に痙攣も改善されるようになりましたし、パソコンの画面もしっかりと見ることができるようになりました。太陽光でまぶしくなってしまうことも、ほとんど改善されるようになり日常生活がラクになりました。

オナ禁を行うと、精子で外部に放出されてしまう亜鉛やその他の重要な栄養素がカラダに巡るようになり、不足がちだった各細胞に対して栄養が届き始めて、様々な部分でそれまでよりも回復していくようになります。

目の周辺にも栄養素が届くようになり、自然に涙の量も回復するようになり目がコーティングされていき、様々な不快な症状が回復していくようになります。

もともと仕事のためにパソコンを利用することが多かったですが、以前よりもさらにパソコン仕事を行うようになってもドライアイになることがほとんど無くなりましたし、肩こりが発生することもめまいがすることもほとんど無くなりました。

あまりにも行動力がアップしているので、正直なところ大丈夫かなと感じているところですが、ここまでビジネスに対していい影響を及ぼすとは思ってもいませんでした。