自分でも分かるくらいのきつい体臭がオナ禁で減った。

自分でも分かるくらいのきつい体臭がオナ禁で減った。
きつい体臭で困っている方は、ぜひオナ禁を実践してもらいたいと思います。

オナ禁をしていくことでわかりやすいことの一つに、体臭が激減したというモノがあります。

テストステロンの量が増えると、体内の免疫力は低下してしまうのですが、それを補うために皮膚近辺の免疫能力が大幅にアップして皮脂や雑菌を除去するような動きが出てくるようになります。

もともとオナニーをすることによって発生する悪性男性ホルモンのジヒドロテストステロンは、皮脂をたくさん放出させてしまうホルモンですが、皮脂の中には雑菌の栄養成分がたくさん含まれています。

雑菌の量が増えれば増えるほど、免疫にやっつけられた死骸がどんどん蓄積していきます。

この死骸が蓄積して腐敗状態になったものや、皮脂が酸化した状態になると、とんでもない体臭が発生することが判明しています。

わきなどについているアポクリン腺からも独特のニオイが発生しますが、そこにさらに雑菌のニオイが混ざると、強烈なわきがのニオイになったり、とんでもない体臭になります。

オナ禁をしていると雑菌と皮脂の量が自然に減りますので、その点から体臭が激減することを実感できています。

生理周期によって変化する女のコのニオイ

僕たち男性は、女のコよりも感受性というか感覚が鋭くないのであまり理解できませんが、女のコどうしだと、ニオイで生理周期がどうなっているのかを判断できる子も多いようです。

自分のニオイではなくって、友達のニオイが変化することを敏感に感じ取れる子がいるようで、ニオイによっていま排卵期なのか、生理が発生しているときなのかということを、つぶさにチェックできる子がチラホラいます。

本来であれば、ホルモンにはニオイが無いとされていますから、からだの変化を敏感に感じ取っているのだと思います。

これと同じように、男性も男性ホルモンのバランスを良い方向に変化させることによって、カラダの中に変化を起こしてニオイを激減させることができ、こうしたニオイに敏感な女のコに対面したときであっても自信を持って対応することが可能になります。

女のコは、おそらく僕たちの1000倍くらい、感覚がするどいです。

僕たちにはまったく感じないような細かいことであっても、すぐに判別してきます。ストレートな子であれば「においが変わった」といってくることもあるでしょうし、そうでない子も内心は感じ取っていることが多いですね。

自分でもニオイが出ているのに気付いている方は、その1000倍くらい女のコはニオイを感じ取っていると考えてください。

そりゃ、とんでもなくクサいですよ。

オナ禁を実践して、しっかりとケアして、女のコにモテるようになってくださいね。