オナ禁を継続していたら全身の体毛が薄く・細くなった。

オナ禁を継続していたら全身の体毛が薄く・細くなった。
オナ禁を継続していると、全身の体毛が薄くなって細くなることに気付きました。

もともと効果の一つに体毛が薄くなると書かれていたので、本当なのかな?と思っていましたが、実際に自分のからだに表れたのでびっくりしましたね。

オナニーをしすぎるとカラダ中にジヒドロテストステロンと呼ばれる悪い男性ホルモンが、このホルモンは「頭の毛を禿げさせる」「全身の体毛を濃くする」という、めちゃめちゃ気持ちの悪い男に変化させてしまうホルモンです。

オナ禁をすることによってジヒドロテストステロンが自然に減少してきた結果、本来の良性男性ホルモンであるテストステロンの量が相対的に高まり、体毛を減少させるなどの効果をもたらしたモノだと考えられます。

テストステロンは「男らしく」「清潔感」「気持ちのいい男性」を作り出すようなホルモンですので、現在の女性から見て好ましくないような過剰な体毛を生やさせるようなことは起こりません。

体毛の薄さは今の世の中のモテのポイント

体毛が大好きという子もいるのかもしれませんが、多くの女のコは「自然に生えている毛」ガ好きなようです。

それを細かくチェックしていくと、どうも「自然に生えている程度の毛」というのは「男から見たらけっこう体毛が薄いくらいの毛」が好きなようですね。

全身脱毛を行っていたり、毎日脱毛クリームで除去しているようなツルツルの肌を大好きという女のコはあまり見かけなくて、自然なんだけどもじゃもじゃではなくって、あくまでもナチュラルに薄い毛をしている子がモテていると思います。

毛に関しては、極端に変化するということは自分自身で実感できることは少ないのですが、女のコに「キレイな肌しているね」とか「毛あんまり生えていないね(キャッ)」みたいな感じで表現されることはすごく多くなりました。

エッチの後に、ずっと僕の腕や胸のところをスリスリしてくる女のコも多いです。

極端にすべすべなのは「女性化している」ような気がするので、僕のようなより男性的になってモテていきたいタイプの方には適していないと思います。

男性化するといっても、今の時代・今の日本という現状にあっていなければ対象外にされてしまう可能性は極めて高いですから、気持ち悪いくらいに毛が生えているようなことは避けていったほうが良いと思います。

オナ禁を行っているだけで、少なく・薄くなるのは間違いありませんから、まずはそこからスタートさせていって、その後で対処法をしっかりと考えていくと、より効率的にモテていくことができると思います。