オナ禁をしていると残尿感が発生することがある。

オナ禁をしていると残尿感が発生することがある。
オナ禁を行っていると、残尿感が残ることがあります。

中長期的に行っているとまったく問題が無くなってくるのですが、初期の頃はおしっこを出したはずなのになぜかカラダの中に残っている感じがして、とても違和感が残るような感じがしましたね。

尿の色や量が変化するなどは一切起こりませんでしたが、残尿感はしょっちゅうありましたね。

なにか「出したい」という感覚に襲われました。

射精をしたいとか、オナニーをしたいといった感覚になるのではなく、とにかくたまっているもの、下腹部にたまっている何かを外へ放出したいという感覚になっていったと思います。

不思議なのが、10日くらいで残尿感が減ったのですが、そのころから女のコたちからの反応が大きく変わっていったんですね。

僕自身ではまったく気付きませんでしたが、僕に見つめられて恥ずかしそうに目をそらすような患者さんがたくさん増えてきましたし、本屋などでも女のコに突然声をかけられるような出来事が起こりました。

このときの僕は、まだ自信が身に付いていない状態でしたから、挙動不振な感じでしゃべり返してしまったので、その子とは特にどうこうなったわけではありませんが、今となってはエッチ人数が一人増えたと思うと残念で仕方ありません。

オーラがたまっている可能性が高い

僕はオーラの存在自体は信じていますが、それをぱっと見て判別できるタイプではありません。

自分の仕事でも理論に基づいて、筋肉やツボを刺激して治療を行っていくようなスタイルなので、手をかざしてオーラで症状を回復させるといったことはできません。

今回の残尿感について調べていくと下腹部の部分にオーラというかエネルギーがたまって、それがカラダの中に駆け巡る前に今までの習慣で外に出ていこうとしていたことが考えられます。

ヘソの下のほうに丹田と呼ばれる場所があるのですが、ちょうど膀胱の部分にあるツボで、そこにエネルギーが充電されていったときに、感覚として残尿感が出てきたのではないかと考えています。

丹田へのエネルギー充電が完了されると、全身にエネルギーが移動してカラダから放散されるようになるといわれていますので、残尿感が無くなった頃にもしかしたら僕のカラダからエネルギーが放散されて、それを敏感に感じ取った女のコに声をかけられたのかもしれません。

声をかけられることは嬉しいことですが、一つ書いておきたいことがあるので下に書いておきます。

バンパイアタイプの女のコには要注意

気をつけてもらいたいのが、自分自身のエネルギーが充電されるようになると、そのエネルギーを吸い取るために近づいてくるヴァンパイアタイプの女のコがいます。

女のコ自身も気付いていないのですが、女のコの中のエネルギーが欠如してしまったときに、圧倒的にエネルギーを持っている人に近づいてきてそのエネルギーを吸い取ろうとするタイプの方がいるんですね。

これは生理現象の一つなのですが、女のコのほうが特にその感受性が高いです。

オナ禁の世界で有名な電車効果やカフェ効果など、女のコに接近されることが多くなったという方の中に、このヴァンパイアタイプの女のコに接近されてエネルギーを吸い取られている方が多いです。

女のコはフェロモンによって近づいてくることもあると思いますが、あまりにも疲れきっているような場合にも自然とエネルギー値の高い人のところへ近づいてくるようになっているので、電車の中でそうしたことが起こった場合は要注意です。

患者さんに対応していると、ものすごくわかることです。

多くの患者さんは、治療を行っていても自分自身のからだに変化は起こらないのですが、ある特定のタイプの患者さんたちに治療を行っていくと、自分自身からどんどんエネルギーが減っていくのが実感できて、治療後にものすごく疲れることが多いです。

不平不満をいっているような人だったり、自分の人生を自分でコントロールできていないような人と接する、また、うつ病などの精神的な問題を抱えているような方と接していると明らかにエネルギーが減少されて、相手側へと移動しているのが分かります。

これを防ぐためにガーネッシュヒマールと呼ばれる高級なパワーストーンと、ファイテンのチタンネックレス&ブレスレットの100と呼ばれる最高級クラスのものを身につけるようになったところ、エネルギーの減少を食い止めることができるようになりました。

もし電車効果で女のコが接近してきたにもかかわらず、何も起こらなかったりものすごく疲れが出るような場合には、ヴァンパイアタイプの方に囲まれている可能性が極めて高いので注意してください。