アルコールを飲みながらオナ禁はOK?

アルコールを飲みながらオナ禁はOK?
オナ禁を行っているときには、アルコールを積極的に飲むことはおすすめできません。

アルコールを飲んでしまうと思考能力が低下して、オナニーをリセットしてしまう可能性が出てきてしまいます。コントロールできないようになってしまうので、まずアルコールを飲むことはおすすめできません。

さらに気をつけなければならないのが、テストステロンの数値が下がってしまうことです。

アルコールを飲むと、オナ禁や筋トレによって上昇したテストステロンの数値が下がってしまうことになり、結果的にモテ効果が減少する可能性が高くなってしまいます。

しっかりとオナ禁を行っていても、あまりにもアルコールを多く摂取していると顔がむくむようになったりやる気が出なくなってしまうことがあります。

お酒を飲んだ次の日に、顔がパンパンに膨らんでしまっているのは、アルコールによるむくみによるものと、テストステロンの現象によって顔の締まりが無くなってしまったもののダブルパンチによるものです。

まあ、お酒を女のコと一緒に飲めば、モテ効果が下がったとしても女のコをゲットできる可能性は極めて高くなりますので、女のコと一緒に飲むのであれば特に問題はないかと思います。

ストレスがたまるなら飲んでもOK

アルコールを飲むのを我慢してストレスを感じるくらいなら、飲んでしまったほうが良いと思います。

ストレスを感じると一時的にはテストステロンが上昇するのですが、さらにストレスを感じ続けているとコルチゾールと呼ばれるホルモンが出てくるようになります。

コルチゾールは、テストステロンと比較するとモテ効果とは逆の働きを起こすホルモンですので、ストレスを受けすぎてしまうとモテなくなってしまうことが多くなるのでご注意いただければと思います。

アルコールは、メリット・デメリットがはっきりと別れてしまう飲み物ですので、取り扱いには十分注意していただきたいと思います。