オナ禁でペニスの大きさは増大するのか??

オナ禁でペニスの大きさは増大するのか??
オナ禁を行うと、間違いなくペニスは増大していきます。

これは僕自身が実感していることですし、僕の周囲の友人・知人たちが口を揃えて言っていることで、100%の確率でペニスが増大しています。

ただし、中性化するタイプのオナ禁=ジャニーズ系を目指すような女性ホルモンを出すようなオナ禁を実践していると、ペニスが減少してしまうことがあるようですので、オナ禁のスタイルによってもペニスに対する影響が変化していくようです。

もともとは「オナニーという刺激が無くなると小さくなるのではないか?」「勃起させないと能力が低下するのではないか?」と考えていたのですが、実際にはそのようなことはなく、逆に男性機能は上昇しています。

長さは少し伸びたかなくらいに感じる程度ですが、太さは間違いなく太くなりますね。

正直なところ、今までの人生で最高の状態に仕上がっているかと思います。

あまりにも太すぎるのは女のコも嫌がるかと思うのですが、確実に太くて子宮に届くくらいのレベルのほうが反応は高いですので、実際に増大させていくことはとても重要なことだと思います。

なぜペニスが大きくなっていったのか?

ここからは、オナ禁とは関係のない話ですが、モテの雑学として覚えておいてほしいことです。

人間のペニスというのは、他の動物と比較するとカラダに対してその大きさの比率が大きく設定されています。しかも、他の動物と異なりカリが太くなっていて、女性を内部から刺激するような構造になっています。

昔の理論では「女のコを刺激して受精させやすくする」という理論だったのですが、気持ちよくさせるくらいでは受精させやすくなるわけではありませんし、そんな単純なことのために進化したのではないという反論が出てきて、この理論は破綻しました。

その後いろいろな理論が出てきているのですが、最終的には「他の男の精子を書?き出す」ためにカリができ、太く設計されているという理論でまとまっています。

さらに、一回の射精で何億もの精子が発射されますが、昔の理論では「精子を競争させて優秀な精子を受精させる」と言われていたのですが、現在は「ある特定の精子だけが受精のために使われて、他の精子は別の男の精子と戦う役割がある」と言われるようになりました。

全体的に、昔は「優秀な精子を女のコを刺激して受精させる」という目的であるとされていましたが、現在では「他の男と戦うため、自分の遺伝子を確実に残すため」にカリが太くなりますし、精子の数も増大しているそうです。

アメリカでは、10人に1人が本当のお父さんではない、別人の男の精子で受精した子供であるというデータが出ていて「知らぬは男だけ」という状況で、女のコたちはより優秀な男の精子を求めて浮気を行っている形になっています。

当然、理論上・倫理上は浮気はNGですのでおおっぴらに言うことはありませんが、本能の部分でカラダの変化が起きていますので、この辺りを知識として有しておいてもらえるとモテ効果につなげることができるかと思います。