ヨガは、良い先生に教えてもらって初めてオナ禁の効果が出る。

ヨガは、良い先生に教えてもらって初めてオナ禁の効果が出る。
僕のお仕事は接骨院なので、いろいろな患者さんと接することがあります。

もともと女性の患者さんが多いほうなので、ヨガに対する情報はいろいろと聞いていたのですが、ヨガというものを「スポーツの一種」「エクササイズ」としてとらえて教えているインストラクターの方と、「生活習慣の見直し」「アーユルヴェーダの一部」ととらえてインドの医学として教えているインストラクターに分かれていることを知っていました。

このとき、スポーツタイプの先生にオナ禁のことを聞いたとしても、まったく意味が分からないと思いますし、正直引かれてしまうと思います。だってスポーツのために行っているんですから、生活習慣に対することはアドバイスしてきませんからね。

一方でアーユルヴェーダタイプの先生にオナ禁のことを聞いてみると、オーラやチャクラ、その他インドの伝統的医学に基づいてアドバイスをしてくれると思いますし、ヨガのスタイルもオナ禁にピッタリのものに変えてくれるはずです。

患者さんの中に両方のタイプの先生が複数名ずついらっしゃるので、何となく医学やライフスタイル(※オナ禁のことは最初は言い出せませんでした)について聞いてみたのですが、完全に両者に考え方の違いが表れていました。

スポーツタイプの先生は「筋肉」「スタイル」「柔軟性」「呼吸」などがメインだったのに対して、アーユルヴェーダ系の先生たちは「チャクラ」「脊髄のオーラの流れ」「食事とオーラの関係性」などより深い分野の知識を有していました。

勇気を持ってアーユルヴェーダ系の先生たちにオナ禁・禁欲について尋ねてみたところ、インドのヨガの考え方の中には元々深く根付いている考え方だそうで、実際に行っている人もたくさんいるということを聞きました。

エネルギーに関することなので、別に恥ずかしいことではないし、何でも聞いてほしいということを全ての先生に言われたのが印象的でした。

もしヨガをオナ禁と併用していこうと考えている場合、そしてインストラクターの元でヨガを行おうと考えている場合には、スポーツタイプの方ではなくてアーユルヴェーダをしっかりと学んでいる先生たちに教わると良いと思います。

長い間、インド地方で修行を積まれている方や、インドの寺院で勉強され続けている方など、独特な方がアーユルヴェーダ系の先生に多いので、そういった先生たちに教わることをおすすめいたします。

同じヨガでも、まったく異なりますので。