オナ禁中にどうしてもオナニーをやりたくなったらどうする??

オナ禁中にどうしてもオナニーをやりたくなったらどうする??
オナ禁をしていてどうしてもオナニーをしたくなることが僕にもあります。

別に宗教的なトレーニングを積んでいる訳でもありませんし、ただ単に「女の子にモテる」ことだけを目的にして行っている行動なので、性欲まで落ちてしまっているということは一切ありません。

たとえば、ネットでちょっとした情報を検索しようと思ったら、エッチな画像が出てきてしまったり目につくことって多いですよね。グラビアの女の子が旨を突き出して欲求しているみたいな感じの画像。

あんなのを一瞬でも見たら、そりゃオナ活動をしたくなります。だって男ですし、もとオナ猿ですから。

でも、実際に経験してもらうと分かるんですけど「オナ禁をして一回でも女の子とエッチできた」という経験、もしくはそれに似たようなモテ経験を実体験として経験してもらうと、「 オナニー < オナ禁 」といった感じで、オナ禁のメリットのほうが大きくなります。

メリットが大きいほうを人間は採用されるように設計されていますので、ある程度、モテ経験を積まれてきた方は確実にオナ活動を行わなくなります。だって、生身の女の子とエッチしたほうがどう考えても気持ちいいですから。

画像や誰か分からない触ることすらできな女の子に対して欲情して、自分で気持ちよくして射精するなんていうシーンを客観的に想像したら、ものすごく気持ち悪いことだと思うんですよね。

「男がオナニーしているの気持ち悪い」と女の子がよく言いますが、あれこそまさに女の子の気持ちを表しています。

ちなみに男性は「見たままの情報」をおかずにして自慰行為を行いますが、女性は「見た情報を自分の好きな人などに変換した情報」をおかずにして自慰行為を行うそうです。

誰でもかれでもおかずにして自慰行為を行うことが、女の子の目線からしたら気持ち悪いんですよね。オナ猿なんてまさにやりたい放題、いろんな女の子をおかずにしまくってオナっているわけです。そりゃ気持ち悪いし、モテるわけないですよね。

まずは騙されたと思って、オナ禁をどうにかして継続してみてください。

ムラムラしてきたらスクワット

それでもムラムラが止まらない場合には、スクワットを行ってください。

その場で30回程度を2セットも行えば、一気にムラムラがおさまって性欲も消失します。

実は、生殖器に関連するツボが太ももやふくらはぎなどにたくさん存在していて、ムラムラしているときにそのツボを動かしたり刺激を加えるようにすると、自然に性欲がおさまったりエネルギーが運動エネルギーに変わるようにカラダはできています。

スクワットでガンガンやるのもいいですし、下半身を水風呂につけるなどツボを刺激できるような環境においてあげると、ビックリするくらいオナ禁を継続することができます。

僕もやばいな、ムラムラしてきたなっていうときには、スクワットを行ってオナ禁を継続していきます。これで100日以上の長期に行かせることは何度も行ってきました。

まずは、オナニーなんかよりもオナ禁を行った後の結果が本当に気持ちいいという事実を知ってもらい、それでもムラムラしたときにはスクワットなど筋トレをその場で行ってもらうという手順で行っていくと良いですね。

両方ともとても効果的な考え方です。