オナ禁と筋トレを併用すると効果倍増

オナ禁と筋トレを併用すると効果倍増
オナ禁を実践するのであれば、筋トレをぜひ併用するようにしてください。

オナ禁を行うとジヒドロテストステロンの量が減り、テストステロンの量が増えてより魅力的な男性になっていくのですが、この状態を継続していると思わぬデメリットに遭遇します。

それは、リバウンドです。

オナ禁を継続していくと、ある日突然、テストステロンの分泌量が少なくなり、変わりにジヒドロテストステロンが増加して、うつ状態になったり頭が禿げてしまったり、カラダがベトベトして変なにおいがするような「おっさん化現象」が発生します。

ジヒドロテストステロンの量が増えれば増えるほど、おっさん化現象が発生するようになります。

当然モテなくなりますし、気持ち悪いおっさんのようになってしまいますので、女のコからモテることは一切なくなります。

またジヒドロテストステロンは、テストステロンよりも5倍以上強い力を持っているとされているホルモンですから、効果の一種である性欲上昇効果によって極度の性欲が発生するようになり、オナ禁をリセットするはめになります。

リセットしてしまったとき、カラダの中にはジヒドロテストステロンが満タンになっていますから、さらに性欲が高まってしまい再びオナニー⇒連続リセット⇒オナニー、のスパイラルに陥ってしまい、結果的にオナ禁のリバウンドが発生します。

以前よりもより高い性欲になったままオナニーを繰り返し行ってしまうようになりますので、オナ猿一直線ですし、そこから脱却することが困難になります。

これを防ぐためには、オナ禁と一緒に筋トレを行うことが必要です。

筋トレはオナ禁リバウンドを防ぐ

筋トレを行うことでいろいろなメリットが出てきます。

■フェロモンを出す
筋トレを行うことでテストステロンがカラダから放出されるようになるのですが、テストステロンこそ女性を惹き付ける魅力的なフェロモンだとされているので、筋トレを行っていくと自然にモテるようになります。

筋肉を見せつけるようなことをしなくても、体型が変わってきて逆三角形に近づくと自然にモテるようになりますし、何よりも勝手に女のコが近づいてくるようになります。

男が皆の前で「僕は巨乳が大好きです!!」と言えないのなんか比べ物にならないくらい、女のコは「筋肉が大好きです!!」と内心筋肉好きであっても言い出すことはできません。女性のほうが社会的で感情的な生き物ですからね。

フェロモン効果は、体験してもらえれば止められなくなります。

■ジヒドロテストステロンを抑制する
オナ禁をしているとα-リダクターゼと呼ばれる成分がカラダから出にくくなります。α-リダクターゼが放出されると、テストステロンとくっついてジヒドロテストステロンに変身します。

オナ禁だけを続けているとα-リダクターゼが出てきてしまい、ジヒドロテストステロンが再登場してリバウンドしますが、筋トレを行うことでα-リダクターゼが出てくるのを防いでくれるようになり、自然にカラダにはテストステロンが残るようになります。

結果的に魅力的な男性になります。

■性欲を抑制する
筋トレを行うことで、性欲が抑制されます。

抑制されるというよりも、ムラムラしたときのパワーがそのまま筋トレに使われるようになるので、消費されると言ったほうが良いかもしれません。

ムラムラしてきたときに、その場で自分の限界までスクワットを行ってもらうと分かりますが、とてもじゃないですがオナニーなんか行えないくらい体力が減少しますし、そもそもムラムラがどこかへ飛んでいってしまうのがわかります。

性欲を我慢させる訳ではなく消費させる仕組みなので、性欲が落ちてしまうということはありません。

いまだに性欲そのものはまったく問題ありませんし、本番のときは以前よりも逆に好調なくらいですから、やはり筋トレとオナ禁の併用効果がばっちり出ていると思います。

そこに付随して、栄養素をしっかりと補給して、健康な体にしていくことも重要だと思います。