自分の場合ジョギングをしたらオナ禁に失敗しそうになった!!

自分の場合ジョギングをしたらオナ禁に失敗しそうになった!!
「オナ禁を行うときにジョギングを行うと性的エネルギーが分散されて、性欲を抑制できる」という情報をオナ禁初期の頃に見たので、早速実践してみようと思い家の近くの公園をグルグル走っていたことがあります。

結果的に、リセットしそうになったので、現在では一切走っていません。

僕の場合は、走ることによって股間に刺激が加わってしまい、自然に半勃起状態になってしまって、かえってムラムラが強くなるという現象が起こりました。

もともと有酸素運動が苦手だという意識がありましたし、走ることがあまり好きではなかったので、ジョギングに対する印象が良くなかったことが原因で、ジョギングに反発させるために自然現象として半勃起が起こった可能性もあります。

人間のカラダというのは不思議な者で、自分が行いたくないことをやろうとしたときには、何らかの反応がカラダから出されることがあります。これをホメオスタシスと呼んでいて、安定的な人生を送るための本能的なメカニズムです。

このホメオスタシスに引っかかってしまい、逆に性欲が高くなった可能性があります。

人によってはジョギングを行って性欲を消失させることができることもあるでしょうし、僕のようにムラムラが増大してしまうこともあると思います。

筋トレは問題ない

僕は有酸素運動はあまり好きではありませんが、ウェイトトレーニングは大好きです。

学生時代からウェイトトレーニングには興味があって継続していましたし、他の人よりもがっちりした体型をしているので、昔から継続的に行い続けてきていました。

性エネルギーについて学べば学ぶほど、オナ禁の情報を集めれば集めるほど、ウェイトトレーニングに性欲を抑える効果があるということが分かるようになり、それが頭の中にインプットされると性欲が実際に低下するようになりました。

オナ禁にもいろいろなスタイルがあると思うのですが、ストレスにならないテクニックを選択するようにして、自然な形でオナ禁を継続できるようになれば結果的にとても素晴らしい効果を実感できるようになると思います。

僕の場合は筋トレが最高に効果的でしたが、人によっては筋トレが大嫌いという方もいると思いますが、こうした方はジョギングを行うようにして(※もし好きだったらですが)性欲を解消していくようにしてもらえればと思います。

他にも肉食を行うことで男性的魅力がアップするので、僕は積極的に食べるようにしているのですが、肉が大嫌いな方がこれを実践するとストレスのほうがメリットよりも上回るようになり、リセットする可能性が極めて高くなりますのでやらないほうがいいですね。

自分自身のオナ禁ライフを確立してもらいたいと思います。