ランニングのタイムがオナ禁で上がった。

ランニングのタイムがオナ禁で上がった。
僕はジョギングなどの有酸素運動がもともと大嫌いなので、実験するのも嫌々だったのですが、オナ禁をしているのとしていないのとではどれくらい運動能力が高まるのかを実験してみました。

1500メートルをはかることにしました。

ジョギングなどは大嫌いなので、純粋にオナ禁だけの効果で何が変わるのかを見るために、一切有酸素運動は行わないようにしました。その間ウェイトトレーニングは行いましたし、栄養素もこのサイトで紹介しているような方法でカラダを改造していきました。

オナ禁の期間は3週間です。

結果としては、次のような感じになりました。

1500メートル
【オナ禁前】 6分48秒
【オナ禁後】 6分32秒

ウェイトトレーニングを行うだけでも有酸素能力が高まる傾向にありますので、もしかしたらトレーニングによる運動能力の向上なのかもしれませんが、タイムが上がったのはまぎれも無い事実です。

体脂肪率も低下しましたし、以前よりもさらに筋肉質な体型に変化したので、走るストライドが大きくなってタイムが上がった可能性もあります。食事によってタイムが上がった可能性も捨てきれません。

実験したのが僕一人だけという限りなく本来の実験とはかけ離れたところで行っているので、信憑性に欠けるのは十分承知していますが、運動の雨量クが自然に向上してきていました。

走るのがラクだった

オナ禁をしてからランニングをして感じたのが、とにかく走るのが楽だということ。

オナ猿状態のときには、走るのがだるくてすぐに呼吸も上がってしまって、何よりも走っているときにマイナス思考のことばかり考えていました。なんで走ってるんだろう?とか、走るのなんか意味ないじゃん!!みたいな感じで。

オナ禁後は、体が楽になったのもありますが、マイナス思考に陥ることなく自然な感じで走ることができました。無心まではいきませんが、以前のようなマイナス的な考えは一切出てきませんでしたね。

「ああ、走るのがラクになってるな」とか「今度のあのビジネス、どうしよう」とか、走ることに対するマイナス面はほとんど感じられなくなって、プラス思考まではいきませんが別のことを考えることができるようになっていました。

カラダの能力が上がることもあると思いますが、何よりも感情面でマイナスにならなかったことがすごく大き