筋トレ&オナ禁で勝手に痩せる。ダイエットせずに体脂肪が落ちた。

筋トレ&オナ禁で勝手に痩せる。ダイエットせずに体脂肪が落ちた。
僕はオナ禁と併用してウェイトトレーニングに励んでいますが、勝手に体脂肪率が落ちてきました。

以前も今も自分の好きな物を好きなように食べる習慣で、運動後にはおにぎりとプロテインを飲んで筋肉へのタンパク質吸収率を最大限に高めることを行っていますが、勝手に体脂肪率が落ちるようになってきました。

もともとウェイトトレーニングを行っていましたから、それなりに良いカラダはしていましたが、腹筋がばきばきに割れて新人プロレスラーのようなムキムキの体型になったのはオナ禁を行ってからが初めてでした。

スクワットを1000回くらい行えるようにもなりましたし、腕立て伏せや腹筋も300回から500回程度行うことができるようになりましたし、基本的なウェイトトレーニングはラクに行えるようになりました。

オナ猿時代には体がガッチリしていたにもかかわらず、自分自身にまったく自信が持てなくて女のコにも自身の無さを見抜かれていたと思うのですが、オナ禁後は体型と自信がぴったりとマッチするようになり、その点で大幅にモテ効果が出てきていると思います。

あまりにも極端なマッチョは女のコには微妙な反応をされてしまいますが、ある程度のマッチョであれば女のコたちの目線がまったく異なりますし、そこで堂々とした態度をとって話しかけることができれば、誰でもモテるようになります。

自然に女のコがよってくるようにもなりましたし、コチラからアプローチするときも自信がついて恥ずかしいとか恐怖感などが一切なくなりましたので、余計にしゃべりかけやすくなりモテるようになったと思います。

男性ホルモン&成長ホルモン増加⇒体脂肪率減少

オナ禁を行うことによって男性ホルモンのうちテストステロンの量が増えるようになり、筋トレを行うことによってテストステロンと成長ホルモンのに種類の量が増えるようになります。

テストステロンと成長ホルモンは筋肉を増強させるのに欠かせないホルモンですが、オナ禁と筋トレを並行して行っていくことによって強力な筋力増強効果が見込まれます。

筋肉の量が増えれば増えるほど、相対的に脂肪の量は減っていきますから体脂肪率が下がるようになります。

筋肉量が増えれば基礎代謝の量も上がり、同じ食事量であれば体重と体脂肪率の両方が下がるようになります。脂肪を効果的に落としていくときに、オナ禁はとても有効に働くと思います。

脂肪がつきすぎていると男性ホルモンが放出されにくい

太っていて脂肪がつきすぎていると、男性としての魅力をアピールするための男性ホルモンの量が一般の方よりも少なく放出されます。

だから多くの女性が「デブは嫌い(気持ち悪い感じのデブは…)」と言っているわけで、本能的にテストステロンの数値を感じ取っているような気がします。

僕自身、体脂肪率が下がって体脂肪の量が減ってきましたが、モテ効果は史上最高になっていると確信しています。

筋肉が大好きな女のコは当然のこと、筋肉はそこまで好きじゃなくても自信満々の男になぜか惹かれてしまう女のコたちも近寄るようになってきましたので、とても効率的に女の子と出会うことができるようになってきています。

クチでは「筋肉は好きじゃない」といっていたのに、ベッドの上では「こんなの初めて!!もっとぎゅっとして!!」みたいな感じで、僕たちが女のコのおっぱいを触り続けるように、女のコも僕の大胸筋や腕、背中の筋肉をずっと触り続けています。

エッチが終わったピロートークの間も、ずっと横でぎゅっとなりながら僕の筋肉を触って楽しんでいる子たちが多いですね。胸から肩、背中の筋肉に特に注目する子が多いと思います。腹筋よりも大胸筋のほうがよく触られます。

表立って「巨乳大好き!!」と言える男が少ないように、女のコも筋肉が大好きであるにもかかわらず「自分のカラダ」を守る本能が働き、あくまでも素っ気ないそぶりをしている子も多いです。まあ、ぱっと見て筋肉好きかどうかはわかるようになってきますが。

オナ禁をしていると肉体的にとてもいい状態に仕上がると思いますので、モテたい方は実践してみると良いですね。