オナ禁のときにチントレは行わないほうが良い。

オナ禁のときにチントレは行わないほうが良い。
オナ禁をしているときには、チントレは行わないほうがいいです。

自分もテストステロンが上昇するかなと思って、エロ動画を見て我慢するという行為を行ったことがありますが、やはり刺激が強すぎてリセットしてしまった経験があります。

チントレも、イメージしながらだったりエロ動画を見ながら行っていると、純粋にオナニーと同じ状況になってしまいますし、刺激が強くなりすぎてしまいますのでリセットしてしまう可能性が極めて高くなります。

もしかしたらオナ禁を行うことによってイチモツが小さくなってしまったり、勃起能力が低下してしまうことを恐れている方もいらっしゃるかと思いますが、適切な方法を行っていれば、以前よりも男性能力は上昇します。

僕自身も、かなり男性能力が上がりました。

純粋なオナ禁だけを行っていると、使用しないことによって男性能力が低下してしまう可能性は十分にありますが、筋トレや栄養素をしっかりと補給することによって、かなりの確率で男性能力は向上します。

恥ずかしながら、以前、オナニーのしすぎで若干EDになっていました。

フニャチン状態でオナニーをしすぎてしまったことによって、朝立ちもあまり起こらなくなりましたし、いざ本番というときになかなか勃起しなくてこまったこともあります。

オナ禁を行い精子の放出量を制限すると同時に、下半身のトレーニングを中心としたビッグスリーと呼ばれるトレーニング方法を組み込み、栄養素を補給していったらビックリするくらい男性能力は向上しています。

毎日のように朝立ちは起こりますし、いざ女のコとエッチするときになってもEDのような状態になることは一切ありませんし、中折れすることもまずありません。

男性機能に自信がつけばつくほど、エッチに対しても積極的になりますし、それが自信につながって新しい女のコとエッチをすることにも積極的になるという、自分としてはいいスパイラルに入っていると感じています。

新しい女のコとエッチできればできるほど、テストステロンが放出されるようになって、それに女のコが引き寄せられてさらにエッチする可能性が高くなるというスパイラルにも持ち込むことができます。

オナ禁プラスαでペニスは大きくなる

モノが小さくなってしまうのではないかと考えている方も多いようですが、実際には大きくなります。

これは間違いないですね。

上記の方法を行うことによって男性ホルモンがしっかりと放出されるようになると、サイズアップは行われます。

海綿体の量が変化することは無いと思うのですが、純粋に流入する血液量が大幅アップすることは考えられますし、勃起を維持するための神経に良い働きが発生してとても良い形になると考えられます。

オナ禁だけを行うのではなくって、他のカラダにとって良いとされることを同時に行っていくといいですね。