オナ禁のとき肉食に食べ物を変えたら女の子の喰いつきが半端ない

オナ禁のとき肉食に食べ物を変えたら女の子の喰いつきが半端ない
宗教的な問題でトライすることができない方は無理なのですが、オナ禁をしているときには肉食に変えることをおすすめいたします。

特に、僕のように女のコにモテることとビジネスや学問などで集中力を増していきたいという方でしたら、食事の内容を肉食に変化させていくと、オナ禁の効果にプラスしてとても良い効果をもたらすことができると思います。

肉食を積極的に行っていくと、カラダの中で男性ホルモンの量が増えます。

結果的に様々な現象が発生するようになります。

「自分はもともと肉食だけど、女のコにモテたことなんて一度も無い」という方がいらっしゃいますが、それは当然です。女のコに持てるようなライフスタイルに変化していないからですね。

どれだけ肉食であったとしても、筋トレをしっかりと行っていなければぶよぶよの気持ち悪い感じになりますし、清潔感も一切無く近づきたくないような気持ち悪い感じになってしまいます。

オナニーのしすぎによって、ジヒドロテストステロンが大量に放出されていると、あたまがどんどん禿げてきてしまって、体臭もきつくなってしまって、目がうつろな集中力のないとんでもない状態の男になってしまいます。

「肉食をする=モテる」ではなくって「肉食をする=モテ効果の原材料になる食事」だと考えてください。

材料がどれだけしっかりとした高品質のモノであったとしても、それを調理する側が失敗(運動しない、オナニーだらけの毎日、無力感満天)していれば、良い効果が得られるどころか逆効果になってしまいます。

オナ禁+筋トレにプラスして肉食を行うようにしてください。

野菜をしっかり食べることをオススメ

肉食になるということは、カラダの中に肉の腐敗物などが残ってしまって、腸内環境を悪化させる可能性が高くなってしまうのですが、これを防ぐためにも食物繊維がしっかりと含まれている野菜と、栄養価値の高い野菜やサプリメントを摂取することをおすすめいたします。

どれだけ男性ホルモンが蓄積して、見た目は格好いい男に変化したとしても、カラダの内部がボロボロの男なんかとは付き合いたくもありませんからね。

そもそも健康状態が悪化して、勃起できないような状態に陥ってしまったら最悪ですから、それを防ぐためにも栄養素の補給は行っておいたほうが良いかと思います。

※実際に陰茎の血管が閉塞して勃起能力が低下する現象が悪い食生活によって引き起こされるケースもあります。

モテることに対してはとても大きな影響を及ぼしますが、デメリットもしっかりと存在していますので、その部分はカバーするようにしてもらえればと思います。