仏教の中にもオナ禁の教えがある。

仏教の中にもオナ禁の教えがある。
オナ禁についていろいろと調べていったら、仏教の中にもオナ禁の教えがあるということを知りました。

もともと宗教の中ではオナニー禁止をうたっているところが非常に多く、それに基づいてオナ禁を実践されている方が多いようですが、現在のアダルトが飽和しているような状況ですと、その教えを乗り越えてオナニーしてしまう方が増えています。

敬虔な信者の方だったり、お坊さんのように教えを伝えるような役割の方はしっかりとオナ禁を実践されていると思いますが、それ以外の方ですとあまり行っていないかと思います。

何千年も続いてきている多くの宗教の中で、性エネルギーを転換させるという部分はものすごく重要視されてきていますし、伝統的に禁欲状態をつくリ出すという部分が生み出されています。

オナ禁は古くから伝統的に行われ続けてきているモノですし、何千年にもわたって伝えられてきた魔法のような方法ですから、ぜひ実践してもらいたいと思います。

肉食が無いお坊さんはモテナイ

お坊さんの中でも、まったく肉食を行わない方がいらっしゃるようですが、どれだけオナ禁を行っていてもテストステロンの値が上昇していかないことによってモテ効果が低くなっている方がいるようです。

宗教的には女人禁制としていることもあるかもしれませんから、モテ効果などお坊さんには必要がないのかもしれませんが、独身であることに悩まれているお坊さんたちも多いようですね。

お坊さんのイメージというとかなり優しい知的なイメージが強いのですが、肉食を控えすぎてしまっているお坊さんに出会うと、覇気が完全に無くなっているような中世的な感じを受けることさえあったりします。

男からみても「性的魅力は無い」と感じてしまうような方が多いですから、女性のかたからしたらより「性的な魅力」という観点からは低く感じられてしまうのかもしれませんね。

実際にお坊さんの患者さんたちも多くいらっしゃるので、いつかさりげなく聞いてみたいと思っているのですが、なかなか宗教的な局面もありますので聞きにくいのが現状です。

キリスト教でもヒンドゥー教でも仏教でも、長い間継続されている宗教においてはオナ禁が必須というか、教えの中に含まれていることは間違いありませんから、歴史上の観点からでもオナ禁の効果はあると考えられます。