医学的・科学的にオナ禁は意味があるのか?ないのか?

医学的・科学的にオナ禁は意味があるのか?ないのか?
僕自身、接骨院という医学に関連した職業に携わっていますので、医療系の論文を目に通すことはよくありますが、オナ禁に関する医療論文は今のところ出されていないと思います。

ですが、医学的・科学的にはオナ禁はとても意味のあることだと思っています。

社会的にテストを行いにくい部分もあると思うし、性的産業からプレッシャーを受ける可能性が高い理論ですので、何らかの社会的影響があるのかもしれません。要するにプレッシャーを受けている可能性が高いです。

宗教の面からはものすごく重要視されていて、いろいろな宗教でオナ禁は有害であるということが言われ続けているにも関わらず、一般的にはオナニーは健康にいいと言われています。

たとえば「人と仲良くする」「挨拶をしっかりする」といった部分は、宗教でもしっかり有益なモノであると言われていて世間一般的にもそれが正しいことであると広まっていますが、オナ禁のような性的なモノは封印されているような感じがします。

こうした社会的封印によって医学的・科学的な議論がなされていないのだと思います。

何を目的にするかで意味が変わる

僕のように女のコにモテたいと考えているのであれば、意味がある行為だと思います。

健康的な生活を送りたいと考えているのであれば、意味がある行為だと思います。

ですが何の目的もないのにオナ禁を行おうとすると何の意味もない行為になってしまう可能性が高いですね。

健康面とコミュニケーション面の能力をものすごく高める効果が高いテクニックですので、そうした面では医学的にも科学的にも有益性であると考えられます。

今の世界的な状況ではアダルト業界はものすごく強い力を持っていると思いますし、まだまだその勢力は広がっていくと思います。

あくまでも僕の予想でしかありませんが、今後、ますますオナ猿状態の男が増えて、リアルな情報でない架空の女のコに精液を搾り取られてしまい、やる気をなくし行動力が一切なくなってしまい、うつ病状態の人が増えていくものと考えられます。

草食系男子がますます増えていくと思いますし、その中でも性的に強い人、オナ禁を行っている人など性的魅力の強い男性を探し出そうと肉食系女子がどんどん増えていく可能性が高いと思います。

ちなみに、世界的にも引きこもりの方が増えているそうですし、女性がどんどん肉食化してきているそうですが、インターネットの普及とともにオナ猿たちがどんどん増えていって、精力を奪われていることが関係していそうな気がします。