オナ禁は学力向上に最適のテクニック。受験前の中高生にオススメ。

オナ禁は学力向上に最適のテクニック。受験前の中高生にオススメ。
オナ禁は、ぜひ中高生に行ってもらいたいと思います。

僕は小学校の頃からオナ猿状態(昔はそこまでひどくありませんでしたが…)だったので、集中力がほとんど出せなくて学習能力も低めでした。

その当時からオナニーの勉強をしておいて、そこからずっとオナ禁というかオナニーに触れない状態で人生を過ごすことができていたら、相当ハイレベルな人生になっていたのではないかなと思っています。

今でこそオナ猿状態から脱却して、ビジネス的にも成功させることはできていますし、女のコからモテるようにもなった自負できるようになりましたし、いろいろな面でメリットが高いなというのは理解できています。

でも、小学校・中学校・高校のレベルで、オナニーの勉強などを行える環境は一つたりともありませんでしたし、「オナニー=良いこと」のように言われる風潮が昔からあったように思えるので、オナニーの有害性を知ること無く育ってきてしまったと思います。

セックスやオナニーなど、性に対する世の中の見方は「悪」であり、その中でもオナニーは自分自身で行える「良的行為」として認識されているために、エロい言動の中では「良いこと」としてとらえられてしまっているような気がします。

受験前には必ずオナ禁をすること

中高生の方にぜひ覚えておいてもらいたいのが、オナニーを行うと集中力が下がるということです。

学生時代にはなんだかやる気が起きなくなってしまうこともあるだろうし、勉強に身が入らなくなってしまうことも多いと思うのですが、その大きな原因の一つとして習慣化されたオナニーが関係してきます。

オナニーを行うことによって、カラダの中からエネルギーが射精行為によって消失してしまうのと同時に、ホルモンバランスが一気に崩れてうつ状態を引き起こすマイナスの思考に陥ってしまうようになります。

俗にいう「賢者タイム」とよばれるぼーっとした状態ですが、オナニーが習慣化されることによって日常的に賢者タイムが継続されてしまう状況になり、結果的に勉強などに身が入らなくなってしまうことが多いです。

このサイトをご覧頂いているということは「オナニーって体に良いのかな?」「オナ禁って本当に効果があるのかな?」と考えていらっしゃると思うのですが、集中力を高める、勉強能力を高めるにあたってオナ禁はとんでもない効果をもたらします。

モテ効果を必要としているのであれば、オナ禁だけでなく筋トレや栄養素の補給をしっかりと行ったほうが良いと思いますが、受験勉強に対するオナ禁でしたらオナ禁単独でも素晴らしい効果をもたらすことができるようになります。

実際のところ、僕自身の経験では、昔は集中できるのが40分くらいだったのですが、今では90分くらいはまったくつかれることなく、集中しながら勉強や仕事に取り組むことができるようになりました。

また、5分くらい休憩したらすぐに作業に取りかかることができるくらい集中力の回復もものすごく高まりましたので、この点で人生にものすごくメリットになっていると感じています。

受験生の方、オナニーなどに学習能力を引っ張られないようにしてください。

オナ禁を行ってもらえれば、間違いなく最大限の能力に高めることができます。