オナ禁でさまざまな試験に合格した方がいる。

オナ禁でさまざまな試験に合格した方がいる。
ネット上で調べていると、オナ禁のエネルギーを勉強に注いで様々な試験に合格された方がいらっしゃいます。

表向きになっているサイトだけでも数人は試験勉強に活用されている方がいましたし、SNSなどのクローズドのコミュニティのなかには数多くの方が勉強に活用しているようでしたので、間違いなく試験の合格にはつながると思います。

どのような試験があるのかはわかりませんが、僕が効果的だと思えるのは短期記憶が必要な分野です。

大学受験などもそうですし、僕たちの医学系の資格だったりその他の資格のための試験だったら、オナ禁による短期記憶能力のアップ、集中力のアップによって大幅な点数の加点を狙うことは十分に可能だと思います。

逆に、記述式のものだったり、何かを表現するタイプの試験ですと、自分自身に対する自信がみなぎってくるので臆すること無く行動できるという部分に対しては効果的だと思いますが、記述能力が一気に上がったり表現能力が一気に上昇する可能性は少ないと思います。

オナ禁&筋トレによって、悪性のジヒドロテストステロンの量が減り、良性男性ホルモンのテストステロンが高いレベルになると、集中力と行動力が一気に増し、この状態で物事を覚えていくと短期記憶能力もアップするので、マーク式のテストにはうってつけです。

日本の試験には、短期記憶能力をはかるテストがものすごく多いと思いますので、オナ禁による能力アップによって効果があるのは間違いありません。

オナ禁をして消防士に受かった友人がいる

友人で現在消防士を行っている者がいるのですが、彼は数回試験に落ちていてラストチャンスだとのぞんだテストの前にオナ禁を行って、見事合格することができました。

当然オナ禁だけの効果とは言えないとは思いますが、オナ禁を行うことで集中力がまして勉強時間が延びたということを素直な感想として述べていました。

あと、体力テストのような試験があるそうなのですが、それらの成績が自分の中で過去最高の結果になっていたようで、オナ禁+筋トレによって最大限にカラダの能力も高まり、テストに受かることができたようです。

彼の日頃の努力もありますが、オナ禁による効果も高かったというのは何度も飲み会の席で聞いています。

現在は、オナ猿まではいかないモノの週に2回くらいの頻度でオナニーをしているそうですが、もともと消防士などの危険な職業はテストステロン放出効果が高まる職業なので、能力はあまり落ちていないようです。

テストに受かる前の友人と、テストに受かってからの友人は、確かに表情も行動力も大きく異なりますので、テストステロンの効果に改めて気付かされました。実際のところ、自分自身の変化は自分では分かりにくいですからね。