仙人のような生活を目指すならオナ禁は必須

仙人のような生活を目指すならオナ禁は必須
仙人のような生活を目指したいのであれば、オナ禁は必須になってくると思います。

そもそも仙人の生活とはどのような感じのライフスタイルなのかは分かりませんが、性欲のコントロールを行っているのは間違いありません。

僕自身の中では仙人は「ガンジー」のようなイメージを持っていて、行動的でありながらいろいろな人に影響を与えつつ、生活の様々な部分をコントロールしているようなことを行っていそうだと感じています。

実際にガンジーもオナ禁を行っていたようで、オナ禁よりもはるかにコントロールの難しい性欲コントロールを行ってきていたようで、それを改革に用いていったという文献が出されています。

毎日寝るときに、裸の女の子を二人枕元によんで、ガンジー自身も裸になって一緒に抱き合いながら眠るという何とも信じがたいことを実践していたようで、性エネルギーのすごさ、女のコの性エネルギーの補充などを実践したようです。

オナ禁をしていない人からしたら最高の環境だと思いますが、オナ禁を行っていたり性欲コントロールを行っている人からしたら、うらやましいようなある意味拷問状態になっているような気さえします。

もし僕が同じような状況だったら、いとも簡単にエッチしてしまうと思いますし、それが毎日だとしたらカラダの中の性エネルギーは一気に放出されてしまうようになり、改革どころの騒ぎではないと思います。

裸の女の子を二人抱きながら眠るなんて、今の世の中ではとても無理なことだと思いますし、もしお金を出して同じようなことをするのであればとんでもない金額になってしまうのは間違いありません。

ですので、いきなりハイレベルの活動を行うよりもオナ禁のように意識をすれば解決できるモノから行っていくと良いと思います。

他にもいろいろな仙人的な人の文献を読んでみましたが、多くの方が性エネルギーのコントロールを行っているようで、性エネルギーの重要性・やる気などへの影響を理論というよりも実践しながら感じ取っていたようです。

もし今の世の中で仙人になりたいと考えているようであれば、オナ禁をスタートしてもらいたいと思います。

僕は仙人を目指しているわけではなく、女のコにモテることを目標にオナ禁をスタートさせてきましたが、モテることによってガンジーのように女のコを横に寝かせることは簡単になります。

そこでエッチを我慢することはとんでもなく難しいですが。