オナ禁でペニスの大きさは増大するのか??

オナ禁でペニスの大きさは増大するのか??
オナ禁を行うと、間違いなくペニスは増大していきます。

これは僕自身が実感していることですし、僕の周囲の友人・知人たちが口を揃えて言っていることで、100%の確率でペニスが増大しています。

ただし、中性化するタイプのオナ禁=ジャニーズ系を目指すような女性ホルモンを出すようなオナ禁を実践していると、ペニスが減少してしまうことがあるようですので、オナ禁のスタイルによってもペニスに対する影響が変化していくようです。

もともとは「オナニーという刺激が無くなると小さくなるのではないか?」「勃起させないと能力が低下するのではないか?」と考えていたのですが、実際にはそのようなことはなく、逆に男性機能は上昇しています。

長さは少し伸びたかなくらいに感じる程度ですが、太さは間違いなく太くなりますね。

正直なところ、今までの人生で最高の状態に仕上がっているかと思います。

あまりにも太すぎるのは女のコも嫌がるかと思うのですが、確実に太くて子宮に届くくらいのレベルのほうが反応は高いですので、実際に増大させていくことはとても重要なことだと思います。

なぜペニスが大きくなっていったのか?

ここからは、オナ禁とは関係のない話ですが、モテの雑学として覚えておいてほしいことです。

人間のペニスというのは、他の動物と比較するとカラダに対してその大きさの比率が大きく設定されています。しかも、他の動物と異なりカリが太くなっていて、女性を内部から刺激するような構造になっています。

昔の理論では「女のコを刺激して受精させやすくする」という理論だったのですが、気持ちよくさせるくらいでは受精させやすくなるわけではありませんし、そんな単純なことのために進化したのではないという反論が出てきて、この理論は破綻しました。

その後いろいろな理論が出てきているのですが、最終的には「他の男の精子を書?き出す」ためにカリができ、太く設計されているという理論でまとまっています。

さらに、一回の射精で何億もの精子が発射されますが、昔の理論では「精子を競争させて優秀な精子を受精させる」と言われていたのですが、現在は「ある特定の精子だけが受精のために使われて、他の精子は別の男の精子と戦う役割がある」と言われるようになりました。

全体的に、昔は「優秀な精子を女のコを刺激して受精させる」という目的であるとされていましたが、現在では「他の男と戦うため、自分の遺伝子を確実に残すため」にカリが太くなりますし、精子の数も増大しているそうです。

アメリカでは、10人に1人が本当のお父さんではない、別人の男の精子で受精した子供であるというデータが出ていて「知らぬは男だけ」という状況で、女のコたちはより優秀な男の精子を求めて浮気を行っている形になっています。

当然、理論上・倫理上は浮気はNGですのでおおっぴらに言うことはありませんが、本能の部分でカラダの変化が起きていますので、この辺りを知識として有しておいてもらえるとモテ効果につなげることができるかと思います。…

オナ禁で栄養素が髪の毛に移動すると髪質が変わる

オナ禁で栄養素が髪の毛に移動すると髪質が変わる
オナニーをすると、カラダの中から様々な栄養素が外へ放出されてしまいます。

また、栄養素が放出されてしまうだけではなく、精子を外へ出すときに大きなエネルギーを使うようになりますので、射精すればするほどカラダに負担が加わるようになります。

エネルギーが低下したカラダに対しては、まず回復させるメカニズムが働くようになりますので、摂取した栄養などはすべてカラダの回復に使われるようになり、カラダのメインの部分とは関係のない箇所には栄養が届きにくくなります。

髪の毛や爪などは、カラダのメインの部分とは関係ありませんし、この箇所が悪くなったからといって生命の危険性を受けることはありませんので、一番最後に回復させられるようになります。

カラダが極端に疲れてしまっていたり、オナニーをすることによってエネルギーが消失してしまうと、極端に白髪が増えたり枝毛などの問題が発生したり、爪がボロボロになったりささくれになったりすることが多いです。

僕の場合は、若い頃から白髪の量が他の人よりも多くて、すごくコンプレックスでした。

銅が足りないと白髪になるという情報や、運動不足によって白髪になるなど、様々な情報を集めては実践していったのですが、いっこうに僕の白髪が改善されることはありませんでした。このまま一生白髪が増えていくのかなと感じていました。

オナ禁で白髪は確実に減る

オナ禁はもともとモテ効果をもたらすために実践していたので、白髪との関係性があるとは思ってもいませんでした。

でも、オナ禁を実践すればするほど白髪がどんどん減っていくのを実感することができました。

頭頂部から側頭部にかけて全体的に白髪が混ざっていたのですが、1ヶ月・2ヶ月とオナ禁を継続していくと次第に白髪の量が減っていって、僕のコンプレックスが一つ減るようになり、自信がついてさらにモテ効果が出るようになりました。

オナ禁を行うと、無駄に放出されていたエネルギーがカラダの中にたまるようになり、栄養素が髪の毛や爪といった細かい箇所まで届くようになりますので、結果的に白髪が改善されるようになります。

付け加えると、爪が綺麗になったらしいのです。

もともと自分の爪などほとんどチェックすることはなかったのですが、オナ禁を継続していたら「爪きれいだね」とか「手が女のコみたいでカワイイ」など、手や爪に関する細かい部分を女のコに褒められることが増えるようになりました。

女のコは、ぱっと見て大きく見える部分もチェックしていますが、それ以上に細かい部分をじっくりとチェックしていますので、白髪であったり爪の割れや汚れなど細かい部分を確実にチェックしています。

こうした細かい部分もオナ禁によって改善されるようになりますから、結果的にはものすごいモテ効果につながっていると思います。…

間違いなくオナ禁はうつ病に効果的!!

間違いなくオナ禁はうつ病に効果的!!
僕自身はうつ病ではないので、このことを実感することはできませんが、オナ禁をすることでうつ病を改善していった知人がいます。

職場をリストラされてしまったことによってうつ病を発症したようで下が、正直なところ、うつ病になってからはマイナスオーラが半端ない感じになっていたので、近づきたくないなと感じていました。

「オナ禁はうつ病に効果的かも?」という情報がネットに転がっていたので、この情報を知人に紹介したところ、完全に無視されました。

まあ、普通に考えたらオナニーをストップするくらいでうつ病が改善されるとは思えませんし、オナニーなど性的なものを一般の方はアンダーグラウンドなモノだと感じていると思うので、話が通じることはありませんでした。

でも、僕自身がオナ禁を継続することによって様々な変化が起こるようになり、人生を大きく好転できていたのを目の当たりにしてから、僕の知らないうちに内緒でオナ禁を始めたようです。

結果的に、彼のうつ病は大きく改善されました。

3ヶ月ほど頑張ってオナ禁を続けていったようなのですが、うつ病独特のやる気のなさやマイナス思考といったものがほとんど発生しなくなるのと同時に、自然な感じのやる気が発生するようになり、積極的に就職活動に取り組むようになりました。

うつ病が改善されていっただけでなく、この積極性によって総合職で働ける会社に就職することができ、僕のことをまるで神様のように拝んでくれています。僕がすごいのではなくって、オナ禁を実践した彼がすごいんですけどね。

初期はストレスがたまる⇒後半はストレスが解消される

オナ禁を実践し始めた初期の頃はストレスがたまりやすいです。

うつ病の方は、この時期にリセットを行いやすくなりますし、うつ病の症状が悪化する可能性が高くなりますのでご注意いただければと思います。

3週間くらいすると、それまでストレスだったオナ禁という行動が、逆にストレスの解消へとつながるようになります。

自信がみなぎるようになってきますし、「オナニーをすることがもったいない」という思考に変化していきますので、徐々に自分自身の言動・思考の変化が見られるようになります。

その後、徐々にうつ病の症状が改善されていくようですから、気長にオナ禁を行っていただきたいと思います。

全ての方のうつ病が改善されるとは思えませんが、少なからずうつ病が薬を飲まなくても改善されたという事実がありますので、もしうつ病や精神的な問題で悩まれているようでしたら実践してみると良いと思います。

もしその後、モテ効果をもたらしたいと考えているのであれば、僕自身が行っているようなスタイルをとっていただければ、からだを動かすことによってさらにモテ効果&脱うつ病になるかと思います。…

アルコールを飲みながらオナ禁はOK?

アルコールを飲みながらオナ禁はOK?
オナ禁を行っているときには、アルコールを積極的に飲むことはおすすめできません。

アルコールを飲んでしまうと思考能力が低下して、オナニーをリセットしてしまう可能性が出てきてしまいます。コントロールできないようになってしまうので、まずアルコールを飲むことはおすすめできません。

さらに気をつけなければならないのが、テストステロンの数値が下がってしまうことです。

アルコールを飲むと、オナ禁や筋トレによって上昇したテストステロンの数値が下がってしまうことになり、結果的にモテ効果が減少する可能性が高くなってしまいます。

しっかりとオナ禁を行っていても、あまりにもアルコールを多く摂取していると顔がむくむようになったりやる気が出なくなってしまうことがあります。

お酒を飲んだ次の日に、顔がパンパンに膨らんでしまっているのは、アルコールによるむくみによるものと、テストステロンの現象によって顔の締まりが無くなってしまったもののダブルパンチによるものです。

まあ、お酒を女のコと一緒に飲めば、モテ効果が下がったとしても女のコをゲットできる可能性は極めて高くなりますので、女のコと一緒に飲むのであれば特に問題はないかと思います。

ストレスがたまるなら飲んでもOK

アルコールを飲むのを我慢してストレスを感じるくらいなら、飲んでしまったほうが良いと思います。

ストレスを感じると一時的にはテストステロンが上昇するのですが、さらにストレスを感じ続けているとコルチゾールと呼ばれるホルモンが出てくるようになります。

コルチゾールは、テストステロンと比較するとモテ効果とは逆の働きを起こすホルモンですので、ストレスを受けすぎてしまうとモテなくなってしまうことが多くなるのでご注意いただければと思います。

アルコールは、メリット・デメリットがはっきりと別れてしまう飲み物ですので、取り扱いには十分注意していただきたいと思います。…

スポーツ選手はオナ禁を実践している

スポーツ選手はオナ禁を実践している
僕の接骨院にはスポーツ選手が数多くいらっしゃるのですが、多くの方がオナ禁を実践されています。

女性と交際することは多いようですが、オナニーをすることはチームやプロダクション自体で禁止されていることが多く、エッチ自体も大事な試合の前には制限されることも多いようです。

よく一緒に飲みに行く有名な選手に「ぶっちゃけエッチとかってどうなってるんですか?」と酔っぱらったときに聞いてみたところ「重要な試合前には2週間くらいはエッチもオナニーも制限する」ということを言っていました。

僕の中では2週間オナ禁を行うことで、モテ効果を実感できるようになるのですが、プロスポーツの世界ではカラダの能力を最大限に高めて、パフォーマンス能力をピークに持っていくために使っていることを知りました。

やはり2週間オナ禁を行うことができるかどうかが、男性としての能力を高めるキーポイントになっているようです。

プロスポーツ選手だけではなく、高校生なども甲子園や花園、国立競技場などの全国大会に常に出てくるレベルの強豪校ですと、あらゆるジャンルのスポーツでオナ禁を指導されることが多いようです。

もしスポーツを行っていて、目標があるような方でしたら、オナ禁を実践することはとても有効な手段になると思います。

格闘技の世界では禁欲は必須

僕は格闘技の世界に友人が多いのですが、自分自身も含めて試合前には必ず禁欲をさせられました。

プロボクサーの友達、相撲をやっている友達、柔道やムエタイを行っている友達など、ほとんどの格闘技で禁欲をさせられていました。

僕は格闘技を行っていたにもかかわらず、禁欲することができなかったのでそこまで強くはなかったのですが、しっかりと禁欲していた子たちはベルトを巻けるレベルになっていましたね。

禁欲したレベルの格闘技選手になると、びっくりするくらい女の子にもてるんですよ。

オナ禁を実践するまで「なんであいつはモテるんだろう??」と、自分自身との違いに気づくことなく妬んでいた時期もあります。

でも、いざ自分がオナ禁を実践して様々なテクニックを使用することで「ああ、禁欲することでモテていたんだな」ということを身をもって経験することができました。

女子プロレスラーの世界でも禁欲があるようですが、女性の場合は、より男性化する可能性があるのでモテ効果とは逆になるのかなとも思っています。男性的な女性が好きな方にモテるようになるのかもしれませんが。…

あまりにも長期のオナ禁は問題が発生するかも。

あまりにも長期のオナ禁は問題が発生するかも。
あまりにも長期のオナ禁は問題が発生する可能性が高いです。

僕は、女の子とエッチすることをリセットとは考えていませんし、とても気持ちのいいコミュニケーションだと考えています。

ですので純粋なオナ禁とは異なり、生殖機能をしっかりと使っていますので純粋なオナ禁のみを行っている方とは少し異なる状況にいます。

色々な文献を調べていくと、あまりにも射精を行わなかったりオナ禁を継続し続けていると、前立腺に異常が発生することがあったり勃起能力など男性機能が低下する可能性が高いということを知りました。

宗教的な観点からエッチをしない環境にいる方などに、前立腺の病気が多いということも知りました。

僕自身は1年以上オナ禁を実践していますが、女の子とエッチした回数は50回以上だと思うので、それなりに抜いている環境にいます。オナニーをしないでカラダを変革させていくことで、モテ効果を得ることは確実にできます。

オナ禁を実践することはモテ効果をもたらす最強の方法だと実感していますが、エッチをしない、エッチしても射精しないなど本来の生理機能とは異なる方法を実践してしまうと、おそらくカラダにとって微妙だと思います。

僕はドライオーガズムなどは行ったことはありませんが、エッチしているにもかかわらず射精をしないというのは生理的な面からカラダに負担がかかる可能性が高いです。

オナニーによって起こる体の変化と、女の子としっかりとコミュニケーションをとりながら「相手のことを気持ちよくさせてあげる」という考えに基づいたエッチによって起こる体の変化とは大きく異なります。

長期のオナ禁自体は問題ないと思うのですが、その中でどのような行動をとっていくかでカラダに問題が起こる可能性はあります。

前立腺の病気になると男性機能に問題発生

前立腺の病気になると、男性機能に問題が発生するようになりモテ効果などは一切起こらなくなってしまいます。

どれだけ格好いい男性で女性にモテモテであったとしても、性能力が欠如してしまうようになり機能しなくなってしまい、残念な感じになってしまいます。

前立腺の病気は確実に防いでいく必要がありますし、できる限り負担のかからない状況を作っていく必要があります。…

オナ禁をしても自分の場合は中性にはならなかった。

オナ禁をしても自分の場合は中性にはならなかった。
「オナ禁を行っていると中性になる」という情報が多く出回っていますが、これは方法によって大きく異なるものです。

同じオナ禁を行っていたとしても、中性化して女性のような顔に変化していくこともありますし、男性らしくより男らしい感じに仕上がっていくこともあります。

一般的な方法ですと、オナ禁のみを行っていて男性ホルモンのバランスを保とうとしているようですが、純粋にオナ禁だけを行っていると男性ホルモンの量が減少していくことがあり、結果的に女性化していくことがあります。

また、女性に近寄られることは多くなるかもしれませんが、あくまでも「中性化して近づきやすくなる」という現象が起こります。モテの傾向としてはジャニーズ系の男の子のような感じのモテ方になります。

僕は、自分自身の顔がジャニーズ系ではないことを理解していましたし、スポーツを行っていてかなりガッチリしているほうでしたので、オナ禁を始めたときに「中性化」することを目指しませんでした。

オナ禁についていろいろ調べていくと、中性化するタイプのものだけではなく男性化させて男らしい感じに仕上げていくことができる方法があることを知りました。

オナ禁に併用して筋トレをしっかりと行い栄養素を補給して、男性ホルモンの量を増やしていくことを実践しました。また、日焼けサロンに行って色白だったものを少しだけ黒くしたりもしましたね。

エグザイルのように怖いような感じではなくて、近づきやすいけど男らしい感じの男になっていったと思います。

ファッションのスタイルも変化させて、自分の筋肉質のカラダにぴったりとあった男らしい感じ、セレブカジュアルであったり筋肉質の体にあったスタイルの洋服に変更して、香水もナンパ師の人が良く使うと言われている香水に変更したりもしました。

結果的に、中性化とはかけ離れた男性化になりましたね。

昔の自分はもっさりとした感じで、昔の写真と見比べてみるとまったく異なるんです。

「ああ、これじゃあもてないな」と思えるくらい気持ち悪い感じでしたが、オナ禁プラスアルファを行っていくことで大きな変化をもたらすことができました。

僕が始めたころは、今のようにオナ禁に対する情報が多く出回ってはいませんでしたし、ファッションなどもメンズ系のサイトが多くない頃でしたので試行錯誤しながら自分を改造していきました。

中性化したい方は中性化する方法をとればいいと思いますし、男性化したい方は、このサイトの方法を真似してもらって男性化してもらえれば、どちらでもモテるのは間違いありません。…

オナ禁で抜け毛が減った。増える人は生活に問題あり。

オナ禁で抜け毛が減った。増える人は生活に問題あり。
オナ禁を実践していると、抜け毛が急激に減るのを実感できます。

もともと髪の毛に対して頓着があったほうではありませんし、普通ぐらいの量だと思っていたのですが、オナ禁を実践することでシャワーを浴びたときに排水溝に流れていく髪の毛の量が明らかに減りました。

以前までは髪の毛の塊のようにごわっとなっていたのですが、現在では十数本が流れていく感じで以前までのように髪の毛の束になるような感じはありませんでした。

シャンプーを変えたわけでもありませんし、食生活もオナ禁仕様というかモテ効果を高めるためのフェロモンを出すようなモノに変更してありますが、髪の毛に対して有効であるとされる成分は意識的には摂取していないと思います。

精子の生成量&筋トレの効果を最大限に高めるために亜鉛を摂取するようにしていますが、亜鉛が極端に効くとは思えませんので、やはりオナ禁を通じたさまざまなライフスタイルの変化によって抜け毛が減っているのだと思います。

お風呂の他にも朝起きたときに枕元に抜け毛があることがあったのですが、それがほとんど無くなっていています。

もともと実感していなかったというか、まったく気にしていなかった部分ですので気持ちなどを正確に表現することはできないのですが、抜け毛が減っていくのは間違いの無いことだと思います。

若い女の子は薄毛は嫌がる

かなり自信があってマインドセットもしっかりとしていてステータスが高い(女性から見て価値の高い)男性でない限り、薄毛の状態ですと若い女のコから嫌われる可能性が高くなってしまいます。

エッチした女のコに本音を聞くようにしているのですが、若い女のコほど「薄毛」「清潔感の無いおっさん」が大嫌いのようです。

清潔感が無いのは改善していけばすぐに治りますが、薄毛はしっかりとした対策をとっていかなければならないと思います。

オナ禁を行うことによってジヒドロテストステロンの量を制限し、抜け毛を防ぐことはできますが、そこからさらに毛を生やしていったり他のホルモンとの関係性を把握して状態を回復させていく必要が出てくると思います。

僕は30代ですが、女のコに「なんでついてきてくれたの??」と聞いたら「若々しいし、ファッションが綺麗にしてあるから」という答えがよく返ってきます。正確も重要だと思いますが、まずは見た目でふるいにかけられるのが事実です。

今日、車の中で「話し方講座」のCDを聞きながら出勤したのですが、その中で女性講師の方が最も力を入れて伝えていたのが「気持ち悪がられている人が、どれだけいい声をしていても、どれだけ話が上手くても逆効果」ということを言っていました。

まさにこれが女性の本音だと思います。

どれだけしゃべりが上手くても、どれだけいい声をしていても、どれだけ聞き上手だとしても、どれだけ話していて面白かったとしても、どれだけエスコートが上手かったとしても、気持ち悪い男にやられたら全て逆効果だと思います。

オナ禁を行うと、清潔感が出るようになりますしファッションに対しても敏感になる方も増えてくると思うので、その点からでもオナ禁のモテ効果はあるのではないかなと思っています。…

オナ禁と前頭葉の関係性

オナ禁と前頭葉の関係性
オナ禁を行うことによって前頭葉が鍛えられる可能性があります。

前頭葉とは、体全体を制限するようなコントロールしてくれる脳ですが、その部分に障害が発生すると、以下のような症状が発生します。

・外界に対して無関心、無頓着になった
・注意力がなくなり、反応性が乏しくなった。
・状況を理解したり、推理したりすることが困難になった
・時と場所をわきまえない浅はかな言動が多くなった
・我慢ができなくなり、己の感情のままに行動するようになった

これは、前頭葉に対してダメージを与えた結果表れる症状ですが、オナ猿状態の方にそっくりですね。

・周囲に無関心になるために、自分の見た目など一切気にしない
・意味の分からない言動を行って周囲を困らせている
・感情のコントロールができなくなり、すぐにきれてします
・集中力や注意力が無くなってしまい、無駄な動きが多くなってくる

などなど、前頭葉が破壊されてしまったときの症状と、オナニーを行い続けることによって発生する症状がきわめて近いですね。

オナ禁を行うということは、それまで行っていた習慣的な行動を自分の力でコントロールするという動きですから、自然に行動を制限するための前頭葉が発達するようになります。

オナ禁を行うことで自然に脳トレになります。

しかも計算を行うなどの微妙な脳トレではなくって、日常生活にものすごく役立つ形でトレーニングを行うことができ、日常生活に対してさまざまなメリットをフィードバックしてくれる脳トレになります。

・女のコの考えていることに対して敏感になった。
・集中力が身に付き、行動がテキパキ行えるようになった。
・状況を理解したり、推理したりすることが容易になった。
・時と場所をわきまえて、男らしい行動をとることができるようになった。
・物事を我慢できるようになり、客観的な視線で行動を制御できるようになった。

前頭葉を鍛えると、上記のような行動へと変化します。

このようなしっかりとした男、他のダメな男には無い行動力を持った男を、女のコたちが放っておくはずはありません。

オナ禁を行うことで、オナ禁そのものの効果によってもモテるようになりますし、脳の活性によってそもそも女のコにモテやすい変化へとつながっていきますので、ぜひ実践してもらいたいと思います。

僕は、脳へ刺激を送って腰痛を治したりする治療を行うのですが、脳に対して変化をもたらすと簡単に行動やカラダが変化していくのを目の当たりにしています。

脳を変化させることで、簡単に動きが変わるんですね。

オナ禁を実践するということは、自然に脳に対する治療を行っているのと同じ効果ですので、試してみると良いですよ。…

オナ禁をしていると残尿感が発生することがある。

オナ禁をしていると残尿感が発生することがある。
オナ禁を行っていると、残尿感が残ることがあります。

中長期的に行っているとまったく問題が無くなってくるのですが、初期の頃はおしっこを出したはずなのになぜかカラダの中に残っている感じがして、とても違和感が残るような感じがしましたね。

尿の色や量が変化するなどは一切起こりませんでしたが、残尿感はしょっちゅうありましたね。

なにか「出したい」という感覚に襲われました。

射精をしたいとか、オナニーをしたいといった感覚になるのではなく、とにかくたまっているもの、下腹部にたまっている何かを外へ放出したいという感覚になっていったと思います。

不思議なのが、10日くらいで残尿感が減ったのですが、そのころから女のコたちからの反応が大きく変わっていったんですね。

僕自身ではまったく気付きませんでしたが、僕に見つめられて恥ずかしそうに目をそらすような患者さんがたくさん増えてきましたし、本屋などでも女のコに突然声をかけられるような出来事が起こりました。

このときの僕は、まだ自信が身に付いていない状態でしたから、挙動不振な感じでしゃべり返してしまったので、その子とは特にどうこうなったわけではありませんが、今となってはエッチ人数が一人増えたと思うと残念で仕方ありません。

オーラがたまっている可能性が高い

僕はオーラの存在自体は信じていますが、それをぱっと見て判別できるタイプではありません。

自分の仕事でも理論に基づいて、筋肉やツボを刺激して治療を行っていくようなスタイルなので、手をかざしてオーラで症状を回復させるといったことはできません。

今回の残尿感について調べていくと下腹部の部分にオーラというかエネルギーがたまって、それがカラダの中に駆け巡る前に今までの習慣で外に出ていこうとしていたことが考えられます。

ヘソの下のほうに丹田と呼ばれる場所があるのですが、ちょうど膀胱の部分にあるツボで、そこにエネルギーが充電されていったときに、感覚として残尿感が出てきたのではないかと考えています。

丹田へのエネルギー充電が完了されると、全身にエネルギーが移動してカラダから放散されるようになるといわれていますので、残尿感が無くなった頃にもしかしたら僕のカラダからエネルギーが放散されて、それを敏感に感じ取った女のコに声をかけられたのかもしれません。

声をかけられることは嬉しいことですが、一つ書いておきたいことがあるので下に書いておきます。

バンパイアタイプの女のコには要注意

気をつけてもらいたいのが、自分自身のエネルギーが充電されるようになると、そのエネルギーを吸い取るために近づいてくるヴァンパイアタイプの女のコがいます。

女のコ自身も気付いていないのですが、女のコの中のエネルギーが欠如してしまったときに、圧倒的にエネルギーを持っている人に近づいてきてそのエネルギーを吸い取ろうとするタイプの方がいるんですね。

これは生理現象の一つなのですが、女のコのほうが特にその感受性が高いです。

オナ禁の世界で有名な電車効果やカフェ効果など、女のコに接近されることが多くなったという方の中に、このヴァンパイアタイプの女のコに接近されてエネルギーを吸い取られている方が多いです。

女のコはフェロモンによって近づいてくることもあると思いますが、あまりにも疲れきっているような場合にも自然とエネルギー値の高い人のところへ近づいてくるようになっているので、電車の中でそうしたことが起こった場合は要注意です。

患者さんに対応していると、ものすごくわかることです。

多くの患者さんは、治療を行っていても自分自身のからだに変化は起こらないのですが、ある特定のタイプの患者さんたちに治療を行っていくと、自分自身からどんどんエネルギーが減っていくのが実感できて、治療後にものすごく疲れることが多いです。

不平不満をいっているような人だったり、自分の人生を自分でコントロールできていないような人と接する、また、うつ病などの精神的な問題を抱えているような方と接していると明らかにエネルギーが減少されて、相手側へと移動しているのが分かります。

これを防ぐためにガーネッシュヒマールと呼ばれる高級なパワーストーンと、ファイテンのチタンネックレス&ブレスレットの100と呼ばれる最高級クラスのものを身につけるようになったところ、エネルギーの減少を食い止めることができるようになりました。

もし電車効果で女のコが接近してきたにもかかわらず、何も起こらなかったりものすごく疲れが出るような場合には、ヴァンパイアタイプの方に囲まれている可能性が極めて高いので注意してください。…