オナ禁を行うとオーラがみなぎる

オナ禁を行うとオーラがみなぎる
オナ禁を行うと、オーラがみなぎるようになります。

僕自身はオーラを見ることができないのですが、患者さんの中にオーラを見ることができる方達がいらっしゃって、「先生オーラの色が太陽みたいにキラキラに変わったね。前から元気なオーラだったけど、もっと光ってるよ」といった感じのことを言われるようになりました。

複数の患者さんに言われるようになりましたし、たぶんオーラがみなぎって変化したのではないかなと思っています。

しかも興味深いのが、言ってきた方が全員女性だったということです。

男性にもオーラを見える方はいると思うのですが、僕に対してオーラの変化を言ってきた方は全員女性の方でした。今振り返ってみると、とても興味深いことだと思いますし、モテ効果にも影響があるのかなと感じています。

女性は男性とは大きく異なる生き物で、僕たちに見えていないもの・感じていないものを、大きく感じ取る能力が高いです。僕たち男の1000倍くらい、感じ取る能力が高い生き物ですので、もしかしたら言わないだけでオーラが直接見えているのかもしれません。

フェロモンを感じ取りやすいのも女性のほうですし、高く男性に対する「魅力的」「気持ち悪い」と感じ取っている能力が高いのも女性のほうですので、オナ禁を行いオーラをみなぎらせていれば、それだけでモテ効果が高まる可能性が高いです。

体全体が熱くなってきた

オーラが出ていると言われているようになった頃、自分ではオーラが見えませんでしたが、カラダ全体の体温が上昇しました。

実際に平熱が36.2度くらいだったのが36.5度くらいに上昇していますので、体温の上昇が見られるようになりました。

体温が上昇すると、医学の世界で「不感蒸散」と呼ばれる目には見えない汗や蒸気の放散が増加すると言われていますので、これがオーラとして感じ取られているのかもしれませんし、女性に対するアピールになるのかもしれません。

フェロモンは汗と一緒に外へ放散されると言われているので、オナ禁を実践して、オナ禁にプラスαした筋トレなどによってフェロモン効果を最大限に高めて、体温が上昇して不感蒸散が増加するとモテ効果が最大限に高まる可能性が高いです。

気をつけていただきたいのが、体温が上昇するということはニオイも拡散される可能性が高まりますので、清潔にしていなければニオイがどんどん拡散してしまい、逆効果になる可能性が極めて高いです。

ここで清潔にしていれば、フェロモン効果だけをもたらすことができますから、大きくモテていくことができる可能性が高いです。

「オナ禁を行う」ということだけに目を向けてしまうと、モテ効果に対してものすごくデメリットになる可能性が高いですから、「モテる」ということに目を向けるようにして細かい部分まで気を使っていただければと思います。…

オナ禁のときにチントレは行わないほうが良い。

オナ禁のときにチントレは行わないほうが良い。
オナ禁をしているときには、チントレは行わないほうがいいです。

自分もテストステロンが上昇するかなと思って、エロ動画を見て我慢するという行為を行ったことがありますが、やはり刺激が強すぎてリセットしてしまった経験があります。

チントレも、イメージしながらだったりエロ動画を見ながら行っていると、純粋にオナニーと同じ状況になってしまいますし、刺激が強くなりすぎてしまいますのでリセットしてしまう可能性が極めて高くなります。

もしかしたらオナ禁を行うことによってイチモツが小さくなってしまったり、勃起能力が低下してしまうことを恐れている方もいらっしゃるかと思いますが、適切な方法を行っていれば、以前よりも男性能力は上昇します。

僕自身も、かなり男性能力が上がりました。

純粋なオナ禁だけを行っていると、使用しないことによって男性能力が低下してしまう可能性は十分にありますが、筋トレや栄養素をしっかりと補給することによって、かなりの確率で男性能力は向上します。

恥ずかしながら、以前、オナニーのしすぎで若干EDになっていました。

フニャチン状態でオナニーをしすぎてしまったことによって、朝立ちもあまり起こらなくなりましたし、いざ本番というときになかなか勃起しなくてこまったこともあります。

オナ禁を行い精子の放出量を制限すると同時に、下半身のトレーニングを中心としたビッグスリーと呼ばれるトレーニング方法を組み込み、栄養素を補給していったらビックリするくらい男性能力は向上しています。

毎日のように朝立ちは起こりますし、いざ女のコとエッチするときになってもEDのような状態になることは一切ありませんし、中折れすることもまずありません。

男性機能に自信がつけばつくほど、エッチに対しても積極的になりますし、それが自信につながって新しい女のコとエッチをすることにも積極的になるという、自分としてはいいスパイラルに入っていると感じています。

新しい女のコとエッチできればできるほど、テストステロンが放出されるようになって、それに女のコが引き寄せられてさらにエッチする可能性が高くなるというスパイラルにも持ち込むことができます。

オナ禁プラスαでペニスは大きくなる

モノが小さくなってしまうのではないかと考えている方も多いようですが、実際には大きくなります。

これは間違いないですね。

上記の方法を行うことによって男性ホルモンがしっかりと放出されるようになると、サイズアップは行われます。

海綿体の量が変化することは無いと思うのですが、純粋に流入する血液量が大幅アップすることは考えられますし、勃起を維持するための神経に良い働きが発生してとても良い形になると考えられます。

オナ禁だけを行うのではなくって、他のカラダにとって良いとされることを同時に行っていくといいですね。…

自分でも分かるくらいのきつい体臭がオナ禁で減った。

自分でも分かるくらいのきつい体臭がオナ禁で減った。
きつい体臭で困っている方は、ぜひオナ禁を実践してもらいたいと思います。

オナ禁をしていくことでわかりやすいことの一つに、体臭が激減したというモノがあります。

テストステロンの量が増えると、体内の免疫力は低下してしまうのですが、それを補うために皮膚近辺の免疫能力が大幅にアップして皮脂や雑菌を除去するような動きが出てくるようになります。

もともとオナニーをすることによって発生する悪性男性ホルモンのジヒドロテストステロンは、皮脂をたくさん放出させてしまうホルモンですが、皮脂の中には雑菌の栄養成分がたくさん含まれています。

雑菌の量が増えれば増えるほど、免疫にやっつけられた死骸がどんどん蓄積していきます。

この死骸が蓄積して腐敗状態になったものや、皮脂が酸化した状態になると、とんでもない体臭が発生することが判明しています。

わきなどについているアポクリン腺からも独特のニオイが発生しますが、そこにさらに雑菌のニオイが混ざると、強烈なわきがのニオイになったり、とんでもない体臭になります。

オナ禁をしていると雑菌と皮脂の量が自然に減りますので、その点から体臭が激減することを実感できています。

生理周期によって変化する女のコのニオイ

僕たち男性は、女のコよりも感受性というか感覚が鋭くないのであまり理解できませんが、女のコどうしだと、ニオイで生理周期がどうなっているのかを判断できる子も多いようです。

自分のニオイではなくって、友達のニオイが変化することを敏感に感じ取れる子がいるようで、ニオイによっていま排卵期なのか、生理が発生しているときなのかということを、つぶさにチェックできる子がチラホラいます。

本来であれば、ホルモンにはニオイが無いとされていますから、からだの変化を敏感に感じ取っているのだと思います。

これと同じように、男性も男性ホルモンのバランスを良い方向に変化させることによって、カラダの中に変化を起こしてニオイを激減させることができ、こうしたニオイに敏感な女のコに対面したときであっても自信を持って対応することが可能になります。

女のコは、おそらく僕たちの1000倍くらい、感覚がするどいです。

僕たちにはまったく感じないような細かいことであっても、すぐに判別してきます。ストレートな子であれば「においが変わった」といってくることもあるでしょうし、そうでない子も内心は感じ取っていることが多いですね。

自分でもニオイが出ているのに気付いている方は、その1000倍くらい女のコはニオイを感じ取っていると考えてください。

そりゃ、とんでもなくクサいですよ。

オナ禁を実践して、しっかりとケアして、女のコにモテるようになってくださいね。…

オナ禁をすると実際のところストレスはたまる。

オナ禁をすると実際のところストレスはたまる。
オナ禁を行っていると、実際のところストレスはたまります。

僕はもうオナ禁をライフスタイルの一つに組み込んでしまっているので、オナニーをする・しないという考え方が頭にありません。

でもオナ禁を始めたばかりの方は「オナニーを我慢しなければならない」「今まで行っていたものを無理矢理に制限しなければならない」という考え方になっているはずなので、結果的にストレスに感じてしまうことが多いですね。

オナニーが習慣化されているわけですから、それを食い止めることはとても難しいです。

禁煙しようと思った方が習慣化によってまた喫煙してしまうように、禁酒しようと思った方が習慣化によってまた飲酒してしまうように、習慣化を食い止めることが必要になります。

喫煙や飲酒は、それ以上に気持ちのいいことが少ないと思うので食い止めることがとても難しいのですが、オナ禁の場合はこの点はものすごく簡単になります。

まだ効果は実感できていない段階かもしれませんが、オナ禁を実践していくことで女のコとエッチできる可能性が大幅にアップしますので、オナニーなんかよりもはるかに気持ち良いことができるようになります。

初期の頃は、僕も「あー、抜きたい!!」と考えていることもありましたし、実際にオナ禁を始めてから最初のエッチができるまではストレスしか感じていませんでしたね。

なんでこんな馬鹿なことをやっているんだろうと思いましたし、本当に女のコとエッチできるようになるのかなとも思っていました。

ストレスがたまるに従って、オナ禁のマイナスな情報を調べるようになり、それを自分の中で納得させてオナ禁をストップさせるような行動もとりました。

でも、そんなストレスも、新しい女のコと初めてエッチしたときに一気に解消されました。

やっぱり女のコとエッチできるというのは男にとって最高の瞬間ですし、自分だけに女のコのマル秘の部分を見せてくれているという充実感、女のコを攻略できたという自信、女のコが感じているのを見ることができる至福のひとときはたまりません。

オナ禁のストレスなど一気に消えましたし、それ以降はマイナスな情報を調べることは一切なくなりました。

人間というのは現金なもので、自分が考えているものよりもはるかに気持ちのいいことが起こると、その気持ちよさを追求しようとカラダが大きく変化していきます。オナ禁の場合は、エッチをするという目的にカラダが変化していきます。

オナ禁は、誰が行っても最初はストレスです。

今までオナニーをしてこなかった人は別ですが、一度でもオナニーをしてきた経験のある方、またその期間が長い方にとっては間違いなくストレスになります。これは事実です。

でも、ストレスが解消される日もいつか必ず訪れます。

それまでほんの少し頑張ってみてくださいね。

禁酒や禁煙と比べたら、はるかに楽ですので。…

オナ禁ではアソコを触らないほうが絶対に良い!!

オナ禁ではアソコを触らないほうが絶対に良い!!
オナ禁をしているときは、できる限りアソコを触らないように注意したほうが良いですね。

僕たちのカラダは正直なもので、ちょっとした刺激を受けるだけですぐに立ち上がってしまうように設計されています。※年齢にもよりますが…。

イチモツに刺激が加われば加わるほど、勃起する頻度が多くなってしまい、その分オナ禁リセットの危険性が高まりますので注意してもらいたいと思います。

習慣的に股間に手が向かってしまうと、その習慣からさらにしごきが入り、我慢できると思いながらも実際には我慢することができないレベルまでしごいてしまって、結果的にオナニーリセットになってしまうことが多いです。

元凶である「触る」という行為を避けるべきだと思います。

オナ禁するならボクサーパンツがオススメ

僕はオナ禁を行う前に、生殖能力を高めれば女のコにモテるのではないか?という仮説にたどり着きました。

そのときはオナ禁についてまったく知識がなかったので、睾丸の勉強をしていきました。

睾丸を冷やしたり、精液に対して良い食品をとるといったオナ禁の原型のような勉強を行ってきたのですが、その中に「ボクサーパンツよりもトランクスのほうが金玉には良い」という情報があり、それを実践していました。

睾丸は暑さに弱く、中に入っている精子も外気温が熱くなると死滅する可能性があるという情報があり、それに基づき「トランクスの通気性が最も睾丸には適している」という情報をつかみ早速実践していました。

そのときは、スースーしていてすごく気持ちが良かったです。

その状態でオナ禁を始めたのですが、トランクスの通気性の良さ&自由な揺れ感によって股間に刺激が入ってしまうようになり、まったく意識していないのに意識せざる負えない状況に陥り、息子が徐々に起き上がってくることが多かったです。

もともとEDだったり睾丸の能力を高めるのにトランクスは適しているというものでしたが、オナ禁をするにあたってはまったくの逆効果になってしまうことに気付きました。

歩くたびにぶらぶら揺れて、それが刺激となって僕の脳裏に伝わり、ちょっとでも嫌らしい画像や動画を見てしまうと、すぐに勃起してしまうようなとんでもない環境でしたね。EDの方には最高の環境だったと思うのですが、オナ禁実践したい僕には無理な環境でした。

オナ禁を実践していくのであれば、トランクスは止めるようにしてボクサーパンツを履くようにしてください。

間違いなくリセットの危険性は減少しますし、暴発を食い止めることができるようになりますので。…

オナ禁を継続していたら全身の体毛が薄く・細くなった。

オナ禁を継続していたら全身の体毛が薄く・細くなった。
オナ禁を継続していると、全身の体毛が薄くなって細くなることに気付きました。

もともと効果の一つに体毛が薄くなると書かれていたので、本当なのかな?と思っていましたが、実際に自分のからだに表れたのでびっくりしましたね。

オナニーをしすぎるとカラダ中にジヒドロテストステロンと呼ばれる悪い男性ホルモンが、このホルモンは「頭の毛を禿げさせる」「全身の体毛を濃くする」という、めちゃめちゃ気持ちの悪い男に変化させてしまうホルモンです。

オナ禁をすることによってジヒドロテストステロンが自然に減少してきた結果、本来の良性男性ホルモンであるテストステロンの量が相対的に高まり、体毛を減少させるなどの効果をもたらしたモノだと考えられます。

テストステロンは「男らしく」「清潔感」「気持ちのいい男性」を作り出すようなホルモンですので、現在の女性から見て好ましくないような過剰な体毛を生やさせるようなことは起こりません。

体毛の薄さは今の世の中のモテのポイント

体毛が大好きという子もいるのかもしれませんが、多くの女のコは「自然に生えている毛」ガ好きなようです。

それを細かくチェックしていくと、どうも「自然に生えている程度の毛」というのは「男から見たらけっこう体毛が薄いくらいの毛」が好きなようですね。

全身脱毛を行っていたり、毎日脱毛クリームで除去しているようなツルツルの肌を大好きという女のコはあまり見かけなくて、自然なんだけどもじゃもじゃではなくって、あくまでもナチュラルに薄い毛をしている子がモテていると思います。

毛に関しては、極端に変化するということは自分自身で実感できることは少ないのですが、女のコに「キレイな肌しているね」とか「毛あんまり生えていないね(キャッ)」みたいな感じで表現されることはすごく多くなりました。

エッチの後に、ずっと僕の腕や胸のところをスリスリしてくる女のコも多いです。

極端にすべすべなのは「女性化している」ような気がするので、僕のようなより男性的になってモテていきたいタイプの方には適していないと思います。

男性化するといっても、今の時代・今の日本という現状にあっていなければ対象外にされてしまう可能性は極めて高いですから、気持ち悪いくらいに毛が生えているようなことは避けていったほうが良いと思います。

オナ禁を行っているだけで、少なく・薄くなるのは間違いありませんから、まずはそこからスタートさせていって、その後で対処法をしっかりと考えていくと、より効率的にモテていくことができると思います。…

オナ禁でスーパーサイヤ人になるのか??

オナ禁でスーパーサイヤ人になるのか??
オナ禁を行っているとスーパーサイヤ人のようになるスーパーサイヤ人効果というものがあります。

目がギラギラしてきて、体全体にエネルギーが満ちあふれるようになって、何をするにも行動的になって、性格も明るくなって誰とでもしゃべることができるような、人間が大きく変化する時期が突然訪れるようになります。

おそらくテストステロンだったりアンドロゲン系のホルモンの効果によるものだと思うのですが、性欲をコントロールするタイプの方法をとっている方には、スーパーサイヤ人効果が出ないことがあります。

性欲コントロールを行うということは、男性ホルモンの放出を抑えることと同じですから、男性ホルモンによって生み出される上のような効果を全て排除することにつながり、まったく別の効果が表れるようになります。

ものすごく優しくなって相手のことを気遣えるようになったり、相手がどんなことを考えているのかを深くまで感じ取れるようになったり、人の細かい部分までチェックできるようになったり、気持ち悪い男とかっこいい男の違いが明確になったりします。

簡単に言えば、女性の目線が身に付くようになります。

オナ禁を行っていると、男性ホルモンも女性ホルモンも放出される量が増えるので、効果の大小はあっても両方の状態が同時に訪れるようになります。

筋トレをしっかり行って肉食を多くするような男性化を中心に行っていけばスーパーサイヤ人効果が発生しやすくなりますし、中性化を目指す方法をとっていけば、女性の視点に立つことができるようになり結果的にモテるようになります。

まあ、オナニーを繰り返し行っている気持ち悪いオナ猿に比べたら、オナ禁を行うとどちらの効果も出てきますので、モテ効果は間違いなくでてきます。

アクティブで性格も良くてしゃべりやすくて、しかも優しくて細かい部分まで気が利く男なんて、女のコからしたら最高に価値のある男だと思いますし、実際にオナ禁をするだけでこのような男に変身できますので、チャレンジしてもらえればと思います。

継続していてもスーパーサイヤ人は保たれる

僕は一年以上オナ禁を継続していますが、スーパーサイヤ人状態は波はあるかもしれませんが継続的に保たれます。

ネットの情報ですと、やる気が起こらなくなったり鬱のような状態になると書かれていることが多いですが、そうした方の行動を見てみると純粋にオナ禁だけを行って筋トレや栄養素をしっかりと補給していないことが多いですね。

また、筋トレに関しても少しずつでも進化させていく(負荷や回数を増やしていく)ことが必要なのに、毎回同じ回数・同じようなレベルのトレーニングを行っているようで、カラダへの負荷が急激に少なくなっているのが見受けられます。

カラダというのは、進化のためには強い刺激を常に入れてあげる必要があるので、慣れてしまうようなトレーニングを行っていると、次第に刺激が少なくなってしまい放出されるホルモンの量が大幅に減少してしまうことが多いです。

するとスーパーサイヤ人状態から一気にうつ病化してしまったり、反動でやる気が起こらなくなったりすることがありますので、この辺りは注意が必要になるのではないかなと感じています。…

オナ禁をしたら頻尿になった。

オナ禁を開始した頃、頻尿になりました。

頻尿というのは、おしっこに何度も行きたくなることで、トイレが近くなる状態のことを医学的に頻尿と呼びます。

オナニーをしないということは、それまでの習慣が取り除かれるわけですから、脳みそからしたら「異常な行動」なわけです。

たとえば、毎日歯磨きを行ってきた方が、一日は磨きを行えなくなると「気持ち悪い」と感じると思うのですが、これは脳が「気持ち悪い、どうにかしなさい!!」と感じ取って、僕たちに気持ち悪さを訴えているんですね。

「オナニーをする」という習慣が身に付いていた場合、脳の視点では「オナニーをすることが正常」になってしまっているので、急にストップさせられると「何か異常があったのか?気付いているか?」と僕たちにメッセージを送るようになります。

そのメッセージの一つが、頻尿です。

おしっこに何度も行かせることによって、ペニスに刺激を与えて「オナニーしなくても大丈夫なのか?」とカラダの内側からメッセージを送ってきます。

このメッセージを無視するようにしていると、脳の誤解が解けるようになり「ああ、オナニーはもともと無かったものだ。」「そうだ、オナニーは有害なものだった」と脳が気付いてくれるようになり、悪い習慣から脱却できるようになります。

特に大量に水を飲んでいるわけでもないのに、おしっこの量が増えてきた場合には、脳からメッセージが送られている可能性が高いですから「特に問題ないですよ。自分が好きでやっているだけなので」と思い込んでもらえばと思います。

感度の良い脳だと、そうした思い込みだけでも一気に反応が変化することがありますので。

血尿には注意

同じようにメッセージを送ってくるものとして血尿があるのですが、こちらは病的な可能性も出てきますので必ず泌尿器科を受診するようにしてください。

実際に脳からのメッセージとして生殖器に若干負担がかかったときに起こることもありますが、何らかの影響によって尿路に障害が発生している可能性が高いですし、精管に影響が出ている可能性もあるので病院を受診するようにしてください。

頻尿の場合はそこまで注意することは無いのですが、血尿は別問題です。

血精液症と呼ばれる、精液に血液が混じるものもありますから、専門である泌尿器科の先生を受診してくださいね。…

オナ禁すると徹夜がいくらでも可能になるので要注意

オナ禁すると徹夜がいくらでも可能になるので要注意
オナ禁をすると、徹夜を行うことがいくらでも可能になりますので注意してください。

僕はもともとたっぷりと睡眠を取らなければ、一日仕事を行うことができないカラダだったのですが、オナ禁を行うようになってからは、集中力を持続したまま疲れないような感じで徹夜まで行うことができるようになりました。

オナ猿状態、オナ禁前の頃は、徹夜など人生で片手で数えるくらいしかやったことがありませんでした。

徹夜した日はとんでもなく疲れて集中力が落ちていましたし、翌日にも大きな悪影響を及ぼすことを経験上分かっていましたので、徹夜することはほとんどありませんでした。テスト前など重要なときであっても、しっかりと睡眠を行っていました。

一方で、オナ禁をしっかりと行うようになってからは、徹夜をしようと思わなくても、ビジネスや作業に取り組み続けていると知らないうちに朝になっていたことがよくあり、自然に徹夜になってしまったことがありました。

しかも、オナ猿状態のときとは異なり、カラダにも体力が溢れていて集中力も途切れないような状態で徹夜を行うことができ、翌日にもそのまま元気に仕事を行うことができるような、ハイテンションの状況にカラダが変化していったと思います。

ここぞというときに、時間を一気に使うために徹夜を行うのであれば問題ないと思うのですが、習慣的に徹夜ができてしまいそうになったことには、自分自身恐怖を覚えましたし、しっかりと眠るようにしようと「意図的に」自分で眠るように心がけていました。

徹夜しすぎるとモテにくくなる

なぜ体力的には問題なくなったのに徹夜をしないようにしたかと言えば、モテにくくなるからです。

寝ているときに成長ホルモンが放出されるのですが、成長ホルモンが放出されると筋肉量が増えてテストステロンの数値が上昇しやすくなり、周囲の女性へのフェロモン効果が極めて高くなることを実感していました。

22時から2時の間に眠っていると成長ホルモンが放出されると言われていますので、この時間に起きてしまっていると成長ホルモンが放出されなくなり、フェロモン効果が少なくなってしまうことが判明しています。

ビジネスの面では徹夜を行うことは時間配分的に効果はありますが、モテ効果の面から僕は「徹夜は行わない!!」と心の中で誓い、今でもほとんど徹夜をすることはありません。

まれにビジネスに集中しすぎてしまい、ゲームをやりすぎて眠れなかったような感覚、嫌々ではなく楽しみながら徹夜をしてしまった感覚になることがありますが、そのような場合には徹夜になってしまうこともあります。

後悔しても仕方がありませんので、徹夜してしまったときには「まあ、仕方ないか」と思うようにして、翌日はしっかりと眠るようにしています。

モテたいことを最優先に考えているのであれば、徹夜してしまう部分というのはデメリットにしかなりませんのでご注意ください。…

くせ毛がオナ禁をしていて自然に解消される。

くせ毛がオナ禁をしていて自然に解消される。
僕は緩いパーマがかかったくせ毛の髪質だったのですが、不思議なことにオナ禁を行うことによって数ヶ月後に直毛のようになりました。

髪の毛自体も太くコシがあるにもかかわらず、触ってみるとサラサラな状態という非常に理想的な髪質になっています。

もともとパーマのような髪型を嫌っていたわけではないので、まっすぐにならなくても良かったのですが、まっすぐになったことで新しい髪型にすることができたので逆に良かったかなと思っています。

男性のくせ毛は、遺伝的なものもありますが、軽いものであれば頭皮の部分で皮脂や汚れがたまってしまい、それが髪の毛を圧迫することによって発生することも言われています。

ジヒドロテストステロンが増加すると、頭皮の皮脂が急激に増加し、頭皮の環境が悪化してしまうことが多いですが、この頭皮の悪化によって髪の毛が圧迫されている可能性が高いです。

美容師さんの意見でも賛否両論わかれているそうなのですが、ある一説によると上記のような頭皮環境の悪化によって、髪の毛が生えてくる部分でパーマをかけたように圧迫されながら出てくることがあるとされているようです。

もちろん諸説あると思いますし、遺伝的なものもあったり、他の原因もあると思うのですが、大きな影響を与えている一つなのは間違いなさそうです。

髪型はモテるのに重要

僕たち男は「女のコの顔・体型」をぱっと見て「エッチしたい!!」という気持ちがわくと思いますが、女のコたちは全体的な雰囲気を見て、だんだん細かい部分をチェックしていって、本当にこの人で大丈夫かなと思いながら徐々に近づいてきます。

告白して、付き合い始めて、だんだんとステップアップさせていって最終的にエッチになるというのが女のコの理想で、さらに男だったら結婚がゴールではなくエッチすることがゴールになっていることが多いと思うのですが、女性の場合は結婚からその後まで続いています。

だから、いつまでたっても男に対してテストのような行動をとり続けて、本当にこの人は私のことを幸せにしてくれるのだろうか?経済的に大丈夫なのだろうか?性格は問題ないのだろうか?と、テストし続けてきます。

この女のコの第一条件に「清潔感」というものがあり、ただ清潔にしているという意味ではなくて「雰囲気が清潔であるかどうか?」ということを重要視しています。雑誌に出てくるモデルさんなどは、ものすごく清潔ですよね。

そもそも女のコ自身も清潔ですし、女のコがチェックしているテレビやサイト、雑誌やブログなどに出てくる情報は、全て清潔な感じに作られていますから、そこで不潔な感じ、少しでも清潔感がない感じだとアウトになってしまいます。

世の中の全てのコンテンツが不潔に作られていれば、女のコも不潔のことをどうこういうことはありませんが、「不潔な人を連れている自分」「私まで不潔に思われるんじゃないか?」という気持ちが働くようになり、不潔=対象外となります。

清潔と清潔感は大きく異なりますので、女のコがよくチェックしている媒体を見て勉強してみると良いですね。

たとえば、洋服にシワなどほとんどありませんし、肌もぶつぶつにはなっていませんしキレイに修正加工された状態が「当たり前」になっていると思います。

髪型も「清潔」なのが当たり前なので、要注意です。…