ヨガ系・東洋医学系のオナ禁スタイルなら覚者

ヨガ系・東洋医学系のオナ禁スタイルなら覚者
もし、ヨガのスタイル・東洋医学のスタイルと絡めてオナ禁を実践していきたいのであれば覚者(がくしゃさんとお呼びすれば良いのかな?)さんの情報を調べていくと参考になると思います。

僕のスタイルでもヨガや東洋医学の考え方が含まれていますが、あくまでもテストステロンなどホルモンの効果だったり、トレーニングやカラダ・言動の変化をもとにしたモテ効果を実践していますので、東洋医学などに興味のある方はそちらを調べてみると良いと思います。

化学的なものが好き、目に見えて効果が分かることが好きなのであれば、僕のサイトが参考になると思います。

目に見えないもの、たとえばオーラだったりカルマやチャクラと言った概念が好きな方、インドの医学であるアーユルヴェーダ系の考え方が好きな方でしたら、覚者さんの情報が最もまとまっていて読みやすいと思います。

求める結果は同じであっても、人によって説明が異なりますし、その説明を読んで分かりやすい・分かりにくいも、人それぞれ大きく異なりますから、いろいろなものを調べていくのも良いと思います。

僕もオーラであったり、チャクラの勉強をしたことがあるので、そちら側から書いていっても良いと思いましたが、あくまでも自分が実践したこと、自分が医学的に調べていったことを公開しようと思い、このサイトでは化学よりの情報を掲載しています。

言いたいことは同じ「全体の効果が高まる」

僕のサイトでも、覚者サンの情報でも、他の方の情報でも、全て伝えたいことは同じで「オナ禁を行うと全ての効果が高まる」ということを皆さん伝えています。

モテ効果は、オナ禁で生じるただの結果にすぎず、あくまでも自分自身にエネルギーが満ちあふれて、自信がつくようになって、その過程でモテるようになったということを皆さん説明されています。僕自身も同じように説明しているつもりです。

僕も最初はエッチをすること、たくさんの女のコとエッチすることを目的に行っていましたが、あるときから「当たり前」のことになったので、オナ禁を行う目的も、本来の意味も違うということに気付かされました。

最初は「おお、エッチできてマジでオナ禁すごいぜ!!」と感動していたのですが、それはあくまでも結果の話であって、その過程で自分自身が変化していったこと、そしてより進化できるような環境になれたことこそオナ禁の神髄であると今は感じています。

これからオナ禁を実践する方は、モテ効果なりビジネスで成功したいなり、何らかの目的があったほうが実践しやすいのは間違いないことなので、まずはその目的を達成できるまではオナ禁を実施してもらいたいと思います。

その目的を何度も達成できるようになる頃には、オナ禁の本当の意味、僕の言いたいことが分かるようになると思います。

オナ禁でモテ効果が発生するのは、間違いないことです。…

間違ったオナ禁の方法で躁鬱病になることもある。

間違ったオナ禁の方法で躁鬱病になることもある。
間違ったオナ禁を継続することによって、落ち込みやすくなったり躁鬱病になってしまうような現象が起こっています。

間違ったオナ禁とは「オナ禁だけを実践すること」だと、僕自身は思っています。

オナ禁はあくまでも「モテ効果を出すための出発地点」だと考えていて、オナ禁そのものだけに強大な力があるとは思っていません。

オナ禁を行い、男性ホルモン・フェロモンの効果を出していきながら、それをより具体的に女性に届けるために筋トレを行い魅力的なスタイルに仕上げて、健康状態を整えて「健康な子供を作れそう」と思ってもらえれば、モテるようになると考えています。

気をつけなければならないのが、オナ禁だけを継続していると、初期の段階ではモテるような効果が出てくるのですが、徐々にホルモンバランスに変化が見られるようになり、逆にモテないようにしてしまうホルモンが出てきます。

「男性能力を使わないなら数値を下げますよ!!」と脳が言っているのかもしれませんが、徐々に女性化してしまうような感じになります。

東洋医学の世界では「男=陽」「女=陰」だととらえられていて、女性かに近づくようになればなるほど、本来の男性的な能力・性質からは遠ざかっていくようになると思います。その代表例が、気持ちの落ち込みであり躁鬱病などだと考えられます。

筋トレやしっかりとした栄養補給を行っていれば「俺は男なんだ!!」と脳が行動して、男性ホルモンを継続的に放出してくれるようになりますが、それを行わなければ、どんどん女性化していってしまうと感じています。

ホルモンバランスに変化が見られるようになるので、心身ともにバランスが崩れやすくなります。

女性の場合は閉経前後に更年期障害が発生して、心身のバランスが発生しますが、それと同じような状況がオナ禁単独の行動によって生み出される可能性は高いと考えられます。

僕はこのサイトを通じて「男性的な魅力」を高めていく方法を推奨しています。

女のコっぽい男がモテるという情報もあったりしますが、確かにもてる子もいるでしょうが、それ以上に男性的魅力に溢れる男に変身することによって、簡単に女のコにモテるようになるし、エッチなんかもいとも簡単に行うことができるようになります。

「男性的な魅力」を高めていく方法をとっていると、躁鬱病になる可能性はきわめて少ないですが、テンションが上がりすぎてそれをコントロールすることが初期は難しいというデメリットが出てきます。

まあそれも、集中力が高まるので何か作業に向ければ良いだけの話ですし、トレーニングなどカラダを使うほうに持っていけば、より効率的にモテ効果を実感することができるようになりますが。…

オナ禁60日程度で青髯が薄くなる

オナ禁60日程度で青髯が薄くなる
僕は、もともと青髯がコンプレックスでした。

ひげはそこまで濃いほうではありませんし、もともとひげの伸びるスピードが速いほうではありませんが、青髯が濃いのが悩みでした。

実際のところ、ひげ脱毛を行おうかなと思ったほど青髯が残ってしまっていました。どれだけ深くそれる電気シェーバーを使っても、全然剃り切ることができずとても嫌でしたね。

オナ禁の初期の頃は、ひげの伸びるスピードが遅くなるのは実感できていたのですが、青髯が薄くなるという現象は起こらず、まあオナ禁では改善されないだろうなと考えていました。

でも、オナ禁を継続していくうちに青髯がどんどん改善されていきました。

女のコの視線からでも青髯を気持ち悪いと感じている子が多いようで、一般的にはひげを好ましこもっていない女のコが多いですね。キスをするときに痛いなどの理由から、ひげが生えていない男性のほうが現在ではモテるようになっていると思います。

※マニアックな女性だと、エッチのときにひげが当たることが快感と言っていた女のコもいましたが…。ごくごく少数ですが…。

ひげは、清潔感の観点からしたら悪影響になってしまうものですし、できる限り薄くしておいたほうがいいですから、オナ禁で改善しておくことが重要になってくると思います。実際、青髯が薄くなったら「綺麗な肌」と言われるようになりました。

女のコは、肌をものすごく見ています。

ひげの剃り残しはNG

女のコの観点からしたら、ひげは不潔の対象になっています。

「ひげが好き」という女のコもいますが、あれは「ひげが生えていて似合っているイケメンが好き」という意味なので、一般的な方がひげを生やしていたとしても、女のコがイメージするかっこいいひげとは大きく異なってしまいます。

あと、たとえひげが薄かったりしっかりと剃っていたとしても、ひげの剃り残しがあると「ああ、細かい部分まで見ない男なんだな」と女のコは思ってしまうようになりますから、剃り残しは必ず残さないようにしてください。

細かい部分ほど、男性では気付きにくい部分ほど、女のコは細かくチェックしていますし、そうした部分でマイナスに思われてしまったら、どれだけ良い男だったとしても残念な結果になってしまうことが考えられます。

僕たち男からしたら、ヒゲなんかあまり気にしている部分ではありませんが、女のコからしたら、そもそも女のコに生えていないものなので、ものすごく細かい部分まで気になってしまうものです。

女のコにないもの、女のコのカラダにないもの、女のコの生活の中にないものを、ものすごく気になるのが女のコの感情ですから、気をつけていただきたいと思います。…

オナ禁中にやってはいけないことまとめ

オナ禁中にやってはいけないことまとめ
オナ禁のときに、自分なりにやってはいけないと感じたことをまとめておきます。

■エロ画像・エロ動画を見る
オナ禁を行っているときには、できたらエロ禁も同時に行ったほうが良いですね。

最初はエロを見ることも習慣化されているはずなので、オナ禁だけでも大丈夫ですが、オナ禁に慣れてきたら徐々にエロい情報をカラダの中に蓄積しないように、エロ禁を行ってもらいたいと思います。

エロ禁のほうが効果が高いと言っている人もいるくらいですから、モテ効果を高めたいときにはできる限りエロ情報は入れないほうがいいですね。

突発的なエロ、たとえばパンチラや胸チラなど自分が意識しないで見えてしまったエロに関しては問題ありません。ただし、それを凝視して目に焼き付けて脳にインプットしてしまうようなことを続けていると、モテ効果がでないどころかリセットの恐れもあるので注意が必要です。

■甘いものをたくさん食べる
甘いものをたくさん食べると、性欲が増すようになっています。

僕は、昔からアイスが好きなのですが、家に帰ってお風呂に入ってアイスを食べながらエロ動画を見て、だんだん興奮しながらオナニーに移行するという悪い習慣を行っていました。

オナ禁を行うまでは、まさか糖質が性欲を上げるものだと走りませんでしたし、からだの調子を崩しやすくする原因にもなっているとは気付いていませんでしたから、今ではできる限り糖質制限を行うようにしています。

糖質制限を行うようにしてからは、かなり性欲をコントロールすることができていますし、いきなり暴発するような極限状態のエロが訪れることがほぼ無くなりました。暴発しそうになるのとアイスの食べすぎ、甘いものの食べすぎは深い関係があります。

■グラビアを見る、スポーツ新聞を見る
雑誌やスポーツ新聞にグラビアやエロ情報が載っていることがありますが、僕はそうした細かい情報こそが、ボクシングのジャブのようにコツコツとダメージを与えてくることに気付きました。

それ単独では特に問題がないのですが、何度もグラビアを見たりスポーツ新聞のエロい部分を読んでしまったり、週刊誌のエロい見出しの文字だけを読んでいても、それが積み重なっていくと暴発を引き起こすことに気付きました。

なぜ暴発してしまったのだろうか?なぜリセットしてしまったのだろうか?という部分を自分なりに検証していった結果、細かいエロを目にした回数が多くなってくると性欲が少しずつ高まるようになり、ある時暴発してしまうということに気付いたんですね。

それ以来、週刊誌のグラビアやスポーツ新聞は手に取らないようにしましたし、ネットでも東京スポーツなど、もとからグラビアやエロ情報が乗っているようなサイトは閲覧しないように改善していきました。

直接的なエロではないですが、大きなポイントとなる部分です。

■トランクスを履く
これは僕だけかもしれませんが、ボクサーパンツを履いているときは股間がフィットして何も感じないのですが、トランクスのあの自由な状態にさせてしまうと、オナ禁時には刺激が強いことに気付きました。

ぶらぶら揺れていること自体が、オナ禁を実践している僕には刺激になってしまったんですね。

それに気付いてからは、トランクスを全て捨て、ボクサーパンツに買い替えました。

睾丸の精子生成能力の観点から言えば、トランクスのほうが熱を放散できるので有効だとは思うのですが、どれだけ精子を作る能力が高まったとしてもオナ禁をリセットしてしまうようでは元も子もない状態ですので、ボクサーパンツを選択しました。

僕がいろいろ経験してきた中で特に注意すべき4つをあげました。

他にもいろいろな部分で性欲を刺激してしまうシーンが訪れるかもしれませんが、そうしたものを察知して未然に防ぐことができるようになれば、より効率的にオナ禁を実施することができます。…

オナ禁を長続きさせるにはエロの無い環境に慣れることが重要

オナ禁を長続きさせるにはエロの無い環境に慣れることが重要
オナ禁を長続きさせるには、エロ禁を行うようにしてください。

これはオナ禁を継続させるためだけではなくって、エロ禁そのものにモテ効果がありますので、それを狙っていってください。

オナ禁を行うことによってジヒドロテストステロンの増加を防ぐことができますが、あまりにも長い時間エロ動画などを見ていると、オナ禁しているはずなのにジヒドロテストステロンが出てきてしまって、効果が大幅に減少されてしまいます。

オナ禁を実践している方は試してもらいたいのですが、エロ動画をオナ禁止ながら1時間程度見てもらうと、次の日になるとカラダ中がベトベトして顔がベトベトになって、体臭が少しきつくなることがわかります。

これはエロ動画を見ているだけでもジヒドロテストステロンが放出されている可能性が高いことを示していますので、もしモテ効果を実感したいのであればエロ禁を併用していくことをおすすめいたします。

初期の頃にオナ禁だけを行ってエロ禁を行わなかった時期があるのですが、脳裏にエロ動画の情報が焼き付いてしまって、何度もエロいシーンを思い返してしまうようになり、結局抜いてしまって後悔したことがあります。

エッチであればジヒドロテストステロンが大量に生成される可能性は少なくなりますので、やっぱり架空の情報で抜くのではなくって、モテ効果をばりばり発揮して生身の女のコとエッチしたほうが良いと思います。

女のコとエッチできるようになると、さらにテストステロンが放出されるようになり、よりモテ効果が高まるようになりますので、人生を楽しんでいきたいと考えている方にはオススメですね。

潜在意識にエロが残ると後から出てくる

潜在意識の中にエロイ情報が残っていると、後からその情報がフラッシュバックされる形になりオナニーをしやすくなってしまいます。

オナ禁を行っていても、エロ禁を実践しなければフラッシュバックが起こりやすくなり、日常的にジヒドロテストステロンが少しずつ放出されるようになるだけでなく、オナ禁をリセットしてしまう可能性が極めて高くなります。

数々のオナ禁マスターたちは、オナ禁よりもエロ禁のほうがはるかに効果が高いということを身をもって実践していますので、僕もそれを踏襲してエロ禁も実践するようにしていました。

もともとエロ本やAVなどをレンタルしたことは一度も無くて、いつもパソコンでエロ動画を見ていましたので、サイトをブロックするなどの対策をとるようにしてエロそのものから遠ざかるようにしました。

もしエロ本を購入する方でしたら、本屋に行かないようにするといった行動が必要だと思いますし、AVを日常的にレンタルしていたのであればTSUTAYAのカードを破棄するなどの行動が必要になるかもしれません。

このような苦痛に感じるようなちょっとした行動をとってもらうと、後々、良い思いをたくさんできるようになりますので、自分自身の中で天秤にかけてもらって選択してもらえればと思います。…

睡眠時間が減りすぎて困るくらいオナ禁の効果がある

睡眠時間が減りすぎて困るくらいオナ禁の効果がある
オナ禁を行っていると睡眠時間が大幅に減少することがあります。

睡眠時間が減るというよりも、起きていてもまったく問題ないくらいカラダがタフな感じになっていって、どれだけ行動していてもまったくカラダが疲れないような不思議な感覚に陥ることがあります。

もともと早寝早起きをするほうだったのですが、さらに早起きになって、深夜12時くらいに寝たとしても起きるのが朝の4時半くらいになることも多いです。現在でも5時くらいには起きる生活になっています。

昔から朝方でしたし、朝起きることに関してはまったく辛いほうではないのですが、僕のビジネスのメンター(指導者)が朝方タイプの人間を推奨していたので、経済的な面から考えても有益だなと考えています。

睡眠時間が減った分だけ、さらにビジネスに集中させることができていて、接骨院院外のビジネスも広く展開できるようになっていますし、ビジネス以外の勉強、例えばファッションや心理学など重要な項目の勉強にも時間を充てることができるようになりました。

一気に興奮状態に陥るので、最初はコントロールすることが難しくて逆に疲れ果ててしまうことも多かったのですが、オナ禁を継続していくにしたがって興奮状態であるのが普通になり、睡眠が短くても特に問題なく過ごすことができています。

ただし、個人的にはカラダに疲れがたまりそうな予感がしているので、休日に時間が取れたときなどは、数時間昼寝をして過ごすこともあります。その週の調子によって変化するのですが、疲れが出てきている時には休むようにしています。

睡眠はブラックボックス

一つ覚えておいてほしいことがあるのですが、睡眠に関しては現在の医学でもブラックボックスです。

ようするに、どのような睡眠スタイルが一番良いのかは、正直なところ分かっていません。

僕の億万長者のメンターは、ある数人のグループは朝方にしたほうがいいと言っていますし、他の億万長者たちは夜型にしたほうが良いよと言ってきます。朝型でも、夜型でも、成功する人はするんですね。

僕は朝起きたほうが仕事がしやすいのですが、ある億万長者の方は「人間は夜に集中できる」といって、僕からしたら徹夜状態・夜勤状態で仕事を行ってライフスタイルを構築している成功者の方もいらっしゃいます。当然、この方もめちゃめちゃモテています。

ある人が「〇〇のような睡眠スタイルが良いよ」と言ったとしても、実際には、自分のからだに合わないことはたくさんありますし、あわないまま実践しているとストレスになりライフスタイルが崩れる可能性が高いです。

最初は、早寝早起きを実践してみるのも良いと思いますし、逆に夜更かしをしてみるのも良いと思います。

自分のカラダにあったライフスタイルを見つけ出して、それとオナ禁を組み合わせていくことをおすすめいたします。

オナ禁をすることで睡眠時間は確実に少なくなりますので、その空いた時間に何を行うのか、また一日あたりの時間配分はどのように行うのかということをご自身で見つけてもらうことが重要だと思います。…

オナ禁をしていると残尿感が発生することがある。

オナ禁をしていると残尿感が発生することがある。
オナ禁を行っていると、残尿感が残ることがあります。

中長期的に行っているとまったく問題が無くなってくるのですが、初期の頃はおしっこを出したはずなのになぜかカラダの中に残っている感じがして、とても違和感が残るような感じがしましたね。

尿の色や量が変化するなどは一切起こりませんでしたが、残尿感はしょっちゅうありましたね。

なにか「出したい」という感覚に襲われました。

射精をしたいとか、オナニーをしたいといった感覚になるのではなく、とにかくたまっているもの、下腹部にたまっている何かを外へ放出したいという感覚になっていったと思います。

不思議なのが、10日くらいで残尿感が減ったのですが、そのころから女のコたちからの反応が大きく変わっていったんですね。

僕自身ではまったく気付きませんでしたが、僕に見つめられて恥ずかしそうに目をそらすような患者さんがたくさん増えてきましたし、本屋などでも女のコに突然声をかけられるような出来事が起こりました。

このときの僕は、まだ自信が身に付いていない状態でしたから、挙動不振な感じでしゃべり返してしまったので、その子とは特にどうこうなったわけではありませんが、今となってはエッチ人数が一人増えたと思うと残念で仕方ありません。

オーラがたまっている可能性が高い

僕はオーラの存在自体は信じていますが、それをぱっと見て判別できるタイプではありません。

自分の仕事でも理論に基づいて、筋肉やツボを刺激して治療を行っていくようなスタイルなので、手をかざしてオーラで症状を回復させるといったことはできません。

今回の残尿感について調べていくと下腹部の部分にオーラというかエネルギーがたまって、それがカラダの中に駆け巡る前に今までの習慣で外に出ていこうとしていたことが考えられます。

ヘソの下のほうに丹田と呼ばれる場所があるのですが、ちょうど膀胱の部分にあるツボで、そこにエネルギーが充電されていったときに、感覚として残尿感が出てきたのではないかと考えています。

丹田へのエネルギー充電が完了されると、全身にエネルギーが移動してカラダから放散されるようになるといわれていますので、残尿感が無くなった頃にもしかしたら僕のカラダからエネルギーが放散されて、それを敏感に感じ取った女のコに声をかけられたのかもしれません。

声をかけられることは嬉しいことですが、一つ書いておきたいことがあるので下に書いておきます。

バンパイアタイプの女のコには要注意

気をつけてもらいたいのが、自分自身のエネルギーが充電されるようになると、そのエネルギーを吸い取るために近づいてくるヴァンパイアタイプの女のコがいます。

女のコ自身も気付いていないのですが、女のコの中のエネルギーが欠如してしまったときに、圧倒的にエネルギーを持っている人に近づいてきてそのエネルギーを吸い取ろうとするタイプの方がいるんですね。

これは生理現象の一つなのですが、女のコのほうが特にその感受性が高いです。

オナ禁の世界で有名な電車効果やカフェ効果など、女のコに接近されることが多くなったという方の中に、このヴァンパイアタイプの女のコに接近されてエネルギーを吸い取られている方が多いです。

女のコはフェロモンによって近づいてくることもあると思いますが、あまりにも疲れきっているような場合にも自然とエネルギー値の高い人のところへ近づいてくるようになっているので、電車の中でそうしたことが起こった場合は要注意です。

患者さんに対応していると、ものすごくわかることです。

多くの患者さんは、治療を行っていても自分自身のからだに変化は起こらないのですが、ある特定のタイプの患者さんたちに治療を行っていくと、自分自身からどんどんエネルギーが減っていくのが実感できて、治療後にものすごく疲れることが多いです。

不平不満をいっているような人だったり、自分の人生を自分でコントロールできていないような人と接する、また、うつ病などの精神的な問題を抱えているような方と接していると明らかにエネルギーが減少されて、相手側へと移動しているのが分かります。

これを防ぐためにガーネッシュヒマールと呼ばれる高級なパワーストーンと、ファイテンのチタンネックレス&ブレスレットの100と呼ばれる最高級クラスのものを身につけるようになったところ、エネルギーの減少を食い止めることができるようになりました。

もし電車効果で女のコが接近してきたにもかかわらず、何も起こらなかったりものすごく疲れが出るような場合には、ヴァンパイアタイプの方に囲まれている可能性が極めて高いので注意してください。…

ヨガは、良い先生に教えてもらって初めてオナ禁の効果が出る。

ヨガは、良い先生に教えてもらって初めてオナ禁の効果が出る。
僕のお仕事は接骨院なので、いろいろな患者さんと接することがあります。

もともと女性の患者さんが多いほうなので、ヨガに対する情報はいろいろと聞いていたのですが、ヨガというものを「スポーツの一種」「エクササイズ」としてとらえて教えているインストラクターの方と、「生活習慣の見直し」「アーユルヴェーダの一部」ととらえてインドの医学として教えているインストラクターに分かれていることを知っていました。

このとき、スポーツタイプの先生にオナ禁のことを聞いたとしても、まったく意味が分からないと思いますし、正直引かれてしまうと思います。だってスポーツのために行っているんですから、生活習慣に対することはアドバイスしてきませんからね。

一方でアーユルヴェーダタイプの先生にオナ禁のことを聞いてみると、オーラやチャクラ、その他インドの伝統的医学に基づいてアドバイスをしてくれると思いますし、ヨガのスタイルもオナ禁にピッタリのものに変えてくれるはずです。

患者さんの中に両方のタイプの先生が複数名ずついらっしゃるので、何となく医学やライフスタイル(※オナ禁のことは最初は言い出せませんでした)について聞いてみたのですが、完全に両者に考え方の違いが表れていました。

スポーツタイプの先生は「筋肉」「スタイル」「柔軟性」「呼吸」などがメインだったのに対して、アーユルヴェーダ系の先生たちは「チャクラ」「脊髄のオーラの流れ」「食事とオーラの関係性」などより深い分野の知識を有していました。

勇気を持ってアーユルヴェーダ系の先生たちにオナ禁・禁欲について尋ねてみたところ、インドのヨガの考え方の中には元々深く根付いている考え方だそうで、実際に行っている人もたくさんいるということを聞きました。

エネルギーに関することなので、別に恥ずかしいことではないし、何でも聞いてほしいということを全ての先生に言われたのが印象的でした。

もしヨガをオナ禁と併用していこうと考えている場合、そしてインストラクターの元でヨガを行おうと考えている場合には、スポーツタイプの方ではなくてアーユルヴェーダをしっかりと学んでいる先生たちに教わると良いと思います。

長い間、インド地方で修行を積まれている方や、インドの寺院で勉強され続けている方など、独特な方がアーユルヴェーダ系の先生に多いので、そういった先生たちに教わることをおすすめいたします。

同じヨガでも、まったく異なりますので。…

オナ禁と前頭葉の関係性

オナ禁と前頭葉の関係性
オナ禁を行うことによって前頭葉が鍛えられる可能性があります。

前頭葉とは、体全体を制限するようなコントロールしてくれる脳ですが、その部分に障害が発生すると、以下のような症状が発生します。

・外界に対して無関心、無頓着になった
・注意力がなくなり、反応性が乏しくなった。
・状況を理解したり、推理したりすることが困難になった
・時と場所をわきまえない浅はかな言動が多くなった
・我慢ができなくなり、己の感情のままに行動するようになった

これは、前頭葉に対してダメージを与えた結果表れる症状ですが、オナ猿状態の方にそっくりですね。

・周囲に無関心になるために、自分の見た目など一切気にしない
・意味の分からない言動を行って周囲を困らせている
・感情のコントロールができなくなり、すぐにきれてします
・集中力や注意力が無くなってしまい、無駄な動きが多くなってくる

などなど、前頭葉が破壊されてしまったときの症状と、オナニーを行い続けることによって発生する症状がきわめて近いですね。

オナ禁を行うということは、それまで行っていた習慣的な行動を自分の力でコントロールするという動きですから、自然に行動を制限するための前頭葉が発達するようになります。

オナ禁を行うことで自然に脳トレになります。

しかも計算を行うなどの微妙な脳トレではなくって、日常生活にものすごく役立つ形でトレーニングを行うことができ、日常生活に対してさまざまなメリットをフィードバックしてくれる脳トレになります。

・女のコの考えていることに対して敏感になった。
・集中力が身に付き、行動がテキパキ行えるようになった。
・状況を理解したり、推理したりすることが容易になった。
・時と場所をわきまえて、男らしい行動をとることができるようになった。
・物事を我慢できるようになり、客観的な視線で行動を制御できるようになった。

前頭葉を鍛えると、上記のような行動へと変化します。

このようなしっかりとした男、他のダメな男には無い行動力を持った男を、女のコたちが放っておくはずはありません。

オナ禁を行うことで、オナ禁そのものの効果によってもモテるようになりますし、脳の活性によってそもそも女のコにモテやすい変化へとつながっていきますので、ぜひ実践してもらいたいと思います。

僕は、脳へ刺激を送って腰痛を治したりする治療を行うのですが、脳に対して変化をもたらすと簡単に行動やカラダが変化していくのを目の当たりにしています。

脳を変化させることで、簡単に動きが変わるんですね。

オナ禁を実践するということは、自然に脳に対する治療を行っているのと同じ効果ですので、試してみると良いですよ。…

オナ禁中にどうしてもオナニーをやりたくなったらどうする??

オナ禁中にどうしてもオナニーをやりたくなったらどうする??
オナ禁をしていてどうしてもオナニーをしたくなることが僕にもあります。

別に宗教的なトレーニングを積んでいる訳でもありませんし、ただ単に「女の子にモテる」ことだけを目的にして行っている行動なので、性欲まで落ちてしまっているということは一切ありません。

たとえば、ネットでちょっとした情報を検索しようと思ったら、エッチな画像が出てきてしまったり目につくことって多いですよね。グラビアの女の子が旨を突き出して欲求しているみたいな感じの画像。

あんなのを一瞬でも見たら、そりゃオナ活動をしたくなります。だって男ですし、もとオナ猿ですから。

でも、実際に経験してもらうと分かるんですけど「オナ禁をして一回でも女の子とエッチできた」という経験、もしくはそれに似たようなモテ経験を実体験として経験してもらうと、「 オナニー < オナ禁 」といった感じで、オナ禁のメリットのほうが大きくなります。

メリットが大きいほうを人間は採用されるように設計されていますので、ある程度、モテ経験を積まれてきた方は確実にオナ活動を行わなくなります。だって、生身の女の子とエッチしたほうがどう考えても気持ちいいですから。

画像や誰か分からない触ることすらできな女の子に対して欲情して、自分で気持ちよくして射精するなんていうシーンを客観的に想像したら、ものすごく気持ち悪いことだと思うんですよね。

「男がオナニーしているの気持ち悪い」と女の子がよく言いますが、あれこそまさに女の子の気持ちを表しています。

ちなみに男性は「見たままの情報」をおかずにして自慰行為を行いますが、女性は「見た情報を自分の好きな人などに変換した情報」をおかずにして自慰行為を行うそうです。

誰でもかれでもおかずにして自慰行為を行うことが、女の子の目線からしたら気持ち悪いんですよね。オナ猿なんてまさにやりたい放題、いろんな女の子をおかずにしまくってオナっているわけです。そりゃ気持ち悪いし、モテるわけないですよね。

まずは騙されたと思って、オナ禁をどうにかして継続してみてください。

ムラムラしてきたらスクワット

それでもムラムラが止まらない場合には、スクワットを行ってください。

その場で30回程度を2セットも行えば、一気にムラムラがおさまって性欲も消失します。

実は、生殖器に関連するツボが太ももやふくらはぎなどにたくさん存在していて、ムラムラしているときにそのツボを動かしたり刺激を加えるようにすると、自然に性欲がおさまったりエネルギーが運動エネルギーに変わるようにカラダはできています。

スクワットでガンガンやるのもいいですし、下半身を水風呂につけるなどツボを刺激できるような環境においてあげると、ビックリするくらいオナ禁を継続することができます。

僕もやばいな、ムラムラしてきたなっていうときには、スクワットを行ってオナ禁を継続していきます。これで100日以上の長期に行かせることは何度も行ってきました。

まずは、オナニーなんかよりもオナ禁を行った後の結果が本当に気持ちいいという事実を知ってもらい、それでもムラムラしたときにはスクワットなど筋トレをその場で行ってもらうという手順で行っていくと良いですね。

両方ともとても効果的な考え方です。…