自分の場合ジョギングをしたらオナ禁に失敗しそうになった!!

自分の場合ジョギングをしたらオナ禁に失敗しそうになった!!
「オナ禁を行うときにジョギングを行うと性的エネルギーが分散されて、性欲を抑制できる」という情報をオナ禁初期の頃に見たので、早速実践してみようと思い家の近くの公園をグルグル走っていたことがあります。

結果的に、リセットしそうになったので、現在では一切走っていません。

僕の場合は、走ることによって股間に刺激が加わってしまい、自然に半勃起状態になってしまって、かえってムラムラが強くなるという現象が起こりました。

もともと有酸素運動が苦手だという意識がありましたし、走ることがあまり好きではなかったので、ジョギングに対する印象が良くなかったことが原因で、ジョギングに反発させるために自然現象として半勃起が起こった可能性もあります。

人間のカラダというのは不思議な者で、自分が行いたくないことをやろうとしたときには、何らかの反応がカラダから出されることがあります。これをホメオスタシスと呼んでいて、安定的な人生を送るための本能的なメカニズムです。

このホメオスタシスに引っかかってしまい、逆に性欲が高くなった可能性があります。

人によってはジョギングを行って性欲を消失させることができることもあるでしょうし、僕のようにムラムラが増大してしまうこともあると思います。

筋トレは問題ない

僕は有酸素運動はあまり好きではありませんが、ウェイトトレーニングは大好きです。

学生時代からウェイトトレーニングには興味があって継続していましたし、他の人よりもがっちりした体型をしているので、昔から継続的に行い続けてきていました。

性エネルギーについて学べば学ぶほど、オナ禁の情報を集めれば集めるほど、ウェイトトレーニングに性欲を抑える効果があるということが分かるようになり、それが頭の中にインプットされると性欲が実際に低下するようになりました。

オナ禁にもいろいろなスタイルがあると思うのですが、ストレスにならないテクニックを選択するようにして、自然な形でオナ禁を継続できるようになれば結果的にとても素晴らしい効果を実感できるようになると思います。

僕の場合は筋トレが最高に効果的でしたが、人によっては筋トレが大嫌いという方もいると思いますが、こうした方はジョギングを行うようにして(※もし好きだったらですが)性欲を解消していくようにしてもらえればと思います。

他にも肉食を行うことで男性的魅力がアップするので、僕は積極的に食べるようにしているのですが、肉が大嫌いな方がこれを実践するとストレスのほうがメリットよりも上回るようになり、リセットする可能性が極めて高くなりますのでやらないほうがいいですね。

自分自身のオナ禁ライフを確立してもらいたいと思います。…

オナ禁と筋トレを併用すると効果倍増

オナ禁と筋トレを併用すると効果倍増
オナ禁を実践するのであれば、筋トレをぜひ併用するようにしてください。

オナ禁を行うとジヒドロテストステロンの量が減り、テストステロンの量が増えてより魅力的な男性になっていくのですが、この状態を継続していると思わぬデメリットに遭遇します。

それは、リバウンドです。

オナ禁を継続していくと、ある日突然、テストステロンの分泌量が少なくなり、変わりにジヒドロテストステロンが増加して、うつ状態になったり頭が禿げてしまったり、カラダがベトベトして変なにおいがするような「おっさん化現象」が発生します。

ジヒドロテストステロンの量が増えれば増えるほど、おっさん化現象が発生するようになります。

当然モテなくなりますし、気持ち悪いおっさんのようになってしまいますので、女のコからモテることは一切なくなります。

またジヒドロテストステロンは、テストステロンよりも5倍以上強い力を持っているとされているホルモンですから、効果の一種である性欲上昇効果によって極度の性欲が発生するようになり、オナ禁をリセットするはめになります。

リセットしてしまったとき、カラダの中にはジヒドロテストステロンが満タンになっていますから、さらに性欲が高まってしまい再びオナニー⇒連続リセット⇒オナニー、のスパイラルに陥ってしまい、結果的にオナ禁のリバウンドが発生します。

以前よりもより高い性欲になったままオナニーを繰り返し行ってしまうようになりますので、オナ猿一直線ですし、そこから脱却することが困難になります。

これを防ぐためには、オナ禁と一緒に筋トレを行うことが必要です。

筋トレはオナ禁リバウンドを防ぐ

筋トレを行うことでいろいろなメリットが出てきます。

■フェロモンを出す
筋トレを行うことでテストステロンがカラダから放出されるようになるのですが、テストステロンこそ女性を惹き付ける魅力的なフェロモンだとされているので、筋トレを行っていくと自然にモテるようになります。

筋肉を見せつけるようなことをしなくても、体型が変わってきて逆三角形に近づくと自然にモテるようになりますし、何よりも勝手に女のコが近づいてくるようになります。

男が皆の前で「僕は巨乳が大好きです!!」と言えないのなんか比べ物にならないくらい、女のコは「筋肉が大好きです!!」と内心筋肉好きであっても言い出すことはできません。女性のほうが社会的で感情的な生き物ですからね。

フェロモン効果は、体験してもらえれば止められなくなります。

■ジヒドロテストステロンを抑制する
オナ禁をしているとα-リダクターゼと呼ばれる成分がカラダから出にくくなります。α-リダクターゼが放出されると、テストステロンとくっついてジヒドロテストステロンに変身します。

オナ禁だけを続けているとα-リダクターゼが出てきてしまい、ジヒドロテストステロンが再登場してリバウンドしますが、筋トレを行うことでα-リダクターゼが出てくるのを防いでくれるようになり、自然にカラダにはテストステロンが残るようになります。

結果的に魅力的な男性になります。

■性欲を抑制する
筋トレを行うことで、性欲が抑制されます。

抑制されるというよりも、ムラムラしたときのパワーがそのまま筋トレに使われるようになるので、消費されると言ったほうが良いかもしれません。

ムラムラしてきたときに、その場で自分の限界までスクワットを行ってもらうと分かりますが、とてもじゃないですがオナニーなんか行えないくらい体力が減少しますし、そもそもムラムラがどこかへ飛んでいってしまうのがわかります。

性欲を我慢させる訳ではなく消費させる仕組みなので、性欲が落ちてしまうということはありません。

いまだに性欲そのものはまったく問題ありませんし、本番のときは以前よりも逆に好調なくらいですから、やはり筋トレとオナ禁の併用効果がばっちり出ていると思います。

そこに付随して、栄養素をしっかりと補給して、健康な体にしていくことも重要だと思います。…

オナ禁中にどうしてもオナニーをやりたくなったらどうする??

オナ禁中にどうしてもオナニーをやりたくなったらどうする??
オナ禁をしていてどうしてもオナニーをしたくなることが僕にもあります。

別に宗教的なトレーニングを積んでいる訳でもありませんし、ただ単に「女の子にモテる」ことだけを目的にして行っている行動なので、性欲まで落ちてしまっているということは一切ありません。

たとえば、ネットでちょっとした情報を検索しようと思ったら、エッチな画像が出てきてしまったり目につくことって多いですよね。グラビアの女の子が旨を突き出して欲求しているみたいな感じの画像。

あんなのを一瞬でも見たら、そりゃオナ活動をしたくなります。だって男ですし、もとオナ猿ですから。

でも、実際に経験してもらうと分かるんですけど「オナ禁をして一回でも女の子とエッチできた」という経験、もしくはそれに似たようなモテ経験を実体験として経験してもらうと、「 オナニー < オナ禁 」といった感じで、オナ禁のメリットのほうが大きくなります。

メリットが大きいほうを人間は採用されるように設計されていますので、ある程度、モテ経験を積まれてきた方は確実にオナ活動を行わなくなります。だって、生身の女の子とエッチしたほうがどう考えても気持ちいいですから。

画像や誰か分からない触ることすらできな女の子に対して欲情して、自分で気持ちよくして射精するなんていうシーンを客観的に想像したら、ものすごく気持ち悪いことだと思うんですよね。

「男がオナニーしているの気持ち悪い」と女の子がよく言いますが、あれこそまさに女の子の気持ちを表しています。

ちなみに男性は「見たままの情報」をおかずにして自慰行為を行いますが、女性は「見た情報を自分の好きな人などに変換した情報」をおかずにして自慰行為を行うそうです。

誰でもかれでもおかずにして自慰行為を行うことが、女の子の目線からしたら気持ち悪いんですよね。オナ猿なんてまさにやりたい放題、いろんな女の子をおかずにしまくってオナっているわけです。そりゃ気持ち悪いし、モテるわけないですよね。

まずは騙されたと思って、オナ禁をどうにかして継続してみてください。

ムラムラしてきたらスクワット

それでもムラムラが止まらない場合には、スクワットを行ってください。

その場で30回程度を2セットも行えば、一気にムラムラがおさまって性欲も消失します。

実は、生殖器に関連するツボが太ももやふくらはぎなどにたくさん存在していて、ムラムラしているときにそのツボを動かしたり刺激を加えるようにすると、自然に性欲がおさまったりエネルギーが運動エネルギーに変わるようにカラダはできています。

スクワットでガンガンやるのもいいですし、下半身を水風呂につけるなどツボを刺激できるような環境においてあげると、ビックリするくらいオナ禁を継続することができます。

僕もやばいな、ムラムラしてきたなっていうときには、スクワットを行ってオナ禁を継続していきます。これで100日以上の長期に行かせることは何度も行ってきました。

まずは、オナニーなんかよりもオナ禁を行った後の結果が本当に気持ちいいという事実を知ってもらい、それでもムラムラしたときにはスクワットなど筋トレをその場で行ってもらうという手順で行っていくと良いですね。

両方ともとても効果的な考え方です。…

ヨガは、良い先生に教えてもらって初めてオナ禁の効果が出る。

ヨガは、良い先生に教えてもらって初めてオナ禁の効果が出る。
僕のお仕事は接骨院なので、いろいろな患者さんと接することがあります。

もともと女性の患者さんが多いほうなので、ヨガに対する情報はいろいろと聞いていたのですが、ヨガというものを「スポーツの一種」「エクササイズ」としてとらえて教えているインストラクターの方と、「生活習慣の見直し」「アーユルヴェーダの一部」ととらえてインドの医学として教えているインストラクターに分かれていることを知っていました。

このとき、スポーツタイプの先生にオナ禁のことを聞いたとしても、まったく意味が分からないと思いますし、正直引かれてしまうと思います。だってスポーツのために行っているんですから、生活習慣に対することはアドバイスしてきませんからね。

一方でアーユルヴェーダタイプの先生にオナ禁のことを聞いてみると、オーラやチャクラ、その他インドの伝統的医学に基づいてアドバイスをしてくれると思いますし、ヨガのスタイルもオナ禁にピッタリのものに変えてくれるはずです。

患者さんの中に両方のタイプの先生が複数名ずついらっしゃるので、何となく医学やライフスタイル(※オナ禁のことは最初は言い出せませんでした)について聞いてみたのですが、完全に両者に考え方の違いが表れていました。

スポーツタイプの先生は「筋肉」「スタイル」「柔軟性」「呼吸」などがメインだったのに対して、アーユルヴェーダ系の先生たちは「チャクラ」「脊髄のオーラの流れ」「食事とオーラの関係性」などより深い分野の知識を有していました。

勇気を持ってアーユルヴェーダ系の先生たちにオナ禁・禁欲について尋ねてみたところ、インドのヨガの考え方の中には元々深く根付いている考え方だそうで、実際に行っている人もたくさんいるということを聞きました。

エネルギーに関することなので、別に恥ずかしいことではないし、何でも聞いてほしいということを全ての先生に言われたのが印象的でした。

もしヨガをオナ禁と併用していこうと考えている場合、そしてインストラクターの元でヨガを行おうと考えている場合には、スポーツタイプの方ではなくてアーユルヴェーダをしっかりと学んでいる先生たちに教わると良いと思います。

長い間、インド地方で修行を積まれている方や、インドの寺院で勉強され続けている方など、独特な方がアーユルヴェーダ系の先生に多いので、そういった先生たちに教わることをおすすめいたします。

同じヨガでも、まったく異なりますので。…

睡眠時間が減りすぎて困るくらいオナ禁の効果がある

睡眠時間が減りすぎて困るくらいオナ禁の効果がある
オナ禁を行っていると睡眠時間が大幅に減少することがあります。

睡眠時間が減るというよりも、起きていてもまったく問題ないくらいカラダがタフな感じになっていって、どれだけ行動していてもまったくカラダが疲れないような不思議な感覚に陥ることがあります。

もともと早寝早起きをするほうだったのですが、さらに早起きになって、深夜12時くらいに寝たとしても起きるのが朝の4時半くらいになることも多いです。現在でも5時くらいには起きる生活になっています。

昔から朝方でしたし、朝起きることに関してはまったく辛いほうではないのですが、僕のビジネスのメンター(指導者)が朝方タイプの人間を推奨していたので、経済的な面から考えても有益だなと考えています。

睡眠時間が減った分だけ、さらにビジネスに集中させることができていて、接骨院院外のビジネスも広く展開できるようになっていますし、ビジネス以外の勉強、例えばファッションや心理学など重要な項目の勉強にも時間を充てることができるようになりました。

一気に興奮状態に陥るので、最初はコントロールすることが難しくて逆に疲れ果ててしまうことも多かったのですが、オナ禁を継続していくにしたがって興奮状態であるのが普通になり、睡眠が短くても特に問題なく過ごすことができています。

ただし、個人的にはカラダに疲れがたまりそうな予感がしているので、休日に時間が取れたときなどは、数時間昼寝をして過ごすこともあります。その週の調子によって変化するのですが、疲れが出てきている時には休むようにしています。

睡眠はブラックボックス

一つ覚えておいてほしいことがあるのですが、睡眠に関しては現在の医学でもブラックボックスです。

ようするに、どのような睡眠スタイルが一番良いのかは、正直なところ分かっていません。

僕の億万長者のメンターは、ある数人のグループは朝方にしたほうがいいと言っていますし、他の億万長者たちは夜型にしたほうが良いよと言ってきます。朝型でも、夜型でも、成功する人はするんですね。

僕は朝起きたほうが仕事がしやすいのですが、ある億万長者の方は「人間は夜に集中できる」といって、僕からしたら徹夜状態・夜勤状態で仕事を行ってライフスタイルを構築している成功者の方もいらっしゃいます。当然、この方もめちゃめちゃモテています。

ある人が「〇〇のような睡眠スタイルが良いよ」と言ったとしても、実際には、自分のからだに合わないことはたくさんありますし、あわないまま実践しているとストレスになりライフスタイルが崩れる可能性が高いです。

最初は、早寝早起きを実践してみるのも良いと思いますし、逆に夜更かしをしてみるのも良いと思います。

自分のカラダにあったライフスタイルを見つけ出して、それとオナ禁を組み合わせていくことをおすすめいたします。

オナ禁をすることで睡眠時間は確実に少なくなりますので、その空いた時間に何を行うのか、また一日あたりの時間配分はどのように行うのかということをご自身で見つけてもらうことが重要だと思います。…

オナ禁60日程度で青髯が薄くなる

オナ禁60日程度で青髯が薄くなる
僕は、もともと青髯がコンプレックスでした。

ひげはそこまで濃いほうではありませんし、もともとひげの伸びるスピードが速いほうではありませんが、青髯が濃いのが悩みでした。

実際のところ、ひげ脱毛を行おうかなと思ったほど青髯が残ってしまっていました。どれだけ深くそれる電気シェーバーを使っても、全然剃り切ることができずとても嫌でしたね。

オナ禁の初期の頃は、ひげの伸びるスピードが遅くなるのは実感できていたのですが、青髯が薄くなるという現象は起こらず、まあオナ禁では改善されないだろうなと考えていました。

でも、オナ禁を継続していくうちに青髯がどんどん改善されていきました。

女のコの視線からでも青髯を気持ち悪いと感じている子が多いようで、一般的にはひげを好ましこもっていない女のコが多いですね。キスをするときに痛いなどの理由から、ひげが生えていない男性のほうが現在ではモテるようになっていると思います。

※マニアックな女性だと、エッチのときにひげが当たることが快感と言っていた女のコもいましたが…。ごくごく少数ですが…。

ひげは、清潔感の観点からしたら悪影響になってしまうものですし、できる限り薄くしておいたほうがいいですから、オナ禁で改善しておくことが重要になってくると思います。実際、青髯が薄くなったら「綺麗な肌」と言われるようになりました。

女のコは、肌をものすごく見ています。

ひげの剃り残しはNG

女のコの観点からしたら、ひげは不潔の対象になっています。

「ひげが好き」という女のコもいますが、あれは「ひげが生えていて似合っているイケメンが好き」という意味なので、一般的な方がひげを生やしていたとしても、女のコがイメージするかっこいいひげとは大きく異なってしまいます。

あと、たとえひげが薄かったりしっかりと剃っていたとしても、ひげの剃り残しがあると「ああ、細かい部分まで見ない男なんだな」と女のコは思ってしまうようになりますから、剃り残しは必ず残さないようにしてください。

細かい部分ほど、男性では気付きにくい部分ほど、女のコは細かくチェックしていますし、そうした部分でマイナスに思われてしまったら、どれだけ良い男だったとしても残念な結果になってしまうことが考えられます。

僕たち男からしたら、ヒゲなんかあまり気にしている部分ではありませんが、女のコからしたら、そもそも女のコに生えていないものなので、ものすごく細かい部分まで気になってしまうものです。

女のコにないもの、女のコのカラダにないもの、女のコの生活の中にないものを、ものすごく気になるのが女のコの感情ですから、気をつけていただきたいと思います。…

くせ毛がオナ禁をしていて自然に解消される。

くせ毛がオナ禁をしていて自然に解消される。
僕は緩いパーマがかかったくせ毛の髪質だったのですが、不思議なことにオナ禁を行うことによって数ヶ月後に直毛のようになりました。

髪の毛自体も太くコシがあるにもかかわらず、触ってみるとサラサラな状態という非常に理想的な髪質になっています。

もともとパーマのような髪型を嫌っていたわけではないので、まっすぐにならなくても良かったのですが、まっすぐになったことで新しい髪型にすることができたので逆に良かったかなと思っています。

男性のくせ毛は、遺伝的なものもありますが、軽いものであれば頭皮の部分で皮脂や汚れがたまってしまい、それが髪の毛を圧迫することによって発生することも言われています。

ジヒドロテストステロンが増加すると、頭皮の皮脂が急激に増加し、頭皮の環境が悪化してしまうことが多いですが、この頭皮の悪化によって髪の毛が圧迫されている可能性が高いです。

美容師さんの意見でも賛否両論わかれているそうなのですが、ある一説によると上記のような頭皮環境の悪化によって、髪の毛が生えてくる部分でパーマをかけたように圧迫されながら出てくることがあるとされているようです。

もちろん諸説あると思いますし、遺伝的なものもあったり、他の原因もあると思うのですが、大きな影響を与えている一つなのは間違いなさそうです。

髪型はモテるのに重要

僕たち男は「女のコの顔・体型」をぱっと見て「エッチしたい!!」という気持ちがわくと思いますが、女のコたちは全体的な雰囲気を見て、だんだん細かい部分をチェックしていって、本当にこの人で大丈夫かなと思いながら徐々に近づいてきます。

告白して、付き合い始めて、だんだんとステップアップさせていって最終的にエッチになるというのが女のコの理想で、さらに男だったら結婚がゴールではなくエッチすることがゴールになっていることが多いと思うのですが、女性の場合は結婚からその後まで続いています。

だから、いつまでたっても男に対してテストのような行動をとり続けて、本当にこの人は私のことを幸せにしてくれるのだろうか?経済的に大丈夫なのだろうか?性格は問題ないのだろうか?と、テストし続けてきます。

この女のコの第一条件に「清潔感」というものがあり、ただ清潔にしているという意味ではなくて「雰囲気が清潔であるかどうか?」ということを重要視しています。雑誌に出てくるモデルさんなどは、ものすごく清潔ですよね。

そもそも女のコ自身も清潔ですし、女のコがチェックしているテレビやサイト、雑誌やブログなどに出てくる情報は、全て清潔な感じに作られていますから、そこで不潔な感じ、少しでも清潔感がない感じだとアウトになってしまいます。

世の中の全てのコンテンツが不潔に作られていれば、女のコも不潔のことをどうこういうことはありませんが、「不潔な人を連れている自分」「私まで不潔に思われるんじゃないか?」という気持ちが働くようになり、不潔=対象外となります。

清潔と清潔感は大きく異なりますので、女のコがよくチェックしている媒体を見て勉強してみると良いですね。

たとえば、洋服にシワなどほとんどありませんし、肌もぶつぶつにはなっていませんしキレイに修正加工された状態が「当たり前」になっていると思います。

髪型も「清潔」なのが当たり前なので、要注意です。…

オナ禁でスーパーサイヤ人になるのか??

オナ禁でスーパーサイヤ人になるのか??
オナ禁を行っているとスーパーサイヤ人のようになるスーパーサイヤ人効果というものがあります。

目がギラギラしてきて、体全体にエネルギーが満ちあふれるようになって、何をするにも行動的になって、性格も明るくなって誰とでもしゃべることができるような、人間が大きく変化する時期が突然訪れるようになります。

おそらくテストステロンだったりアンドロゲン系のホルモンの効果によるものだと思うのですが、性欲をコントロールするタイプの方法をとっている方には、スーパーサイヤ人効果が出ないことがあります。

性欲コントロールを行うということは、男性ホルモンの放出を抑えることと同じですから、男性ホルモンによって生み出される上のような効果を全て排除することにつながり、まったく別の効果が表れるようになります。

ものすごく優しくなって相手のことを気遣えるようになったり、相手がどんなことを考えているのかを深くまで感じ取れるようになったり、人の細かい部分までチェックできるようになったり、気持ち悪い男とかっこいい男の違いが明確になったりします。

簡単に言えば、女性の目線が身に付くようになります。

オナ禁を行っていると、男性ホルモンも女性ホルモンも放出される量が増えるので、効果の大小はあっても両方の状態が同時に訪れるようになります。

筋トレをしっかり行って肉食を多くするような男性化を中心に行っていけばスーパーサイヤ人効果が発生しやすくなりますし、中性化を目指す方法をとっていけば、女性の視点に立つことができるようになり結果的にモテるようになります。

まあ、オナニーを繰り返し行っている気持ち悪いオナ猿に比べたら、オナ禁を行うとどちらの効果も出てきますので、モテ効果は間違いなくでてきます。

アクティブで性格も良くてしゃべりやすくて、しかも優しくて細かい部分まで気が利く男なんて、女のコからしたら最高に価値のある男だと思いますし、実際にオナ禁をするだけでこのような男に変身できますので、チャレンジしてもらえればと思います。

継続していてもスーパーサイヤ人は保たれる

僕は一年以上オナ禁を継続していますが、スーパーサイヤ人状態は波はあるかもしれませんが継続的に保たれます。

ネットの情報ですと、やる気が起こらなくなったり鬱のような状態になると書かれていることが多いですが、そうした方の行動を見てみると純粋にオナ禁だけを行って筋トレや栄養素をしっかりと補給していないことが多いですね。

また、筋トレに関しても少しずつでも進化させていく(負荷や回数を増やしていく)ことが必要なのに、毎回同じ回数・同じようなレベルのトレーニングを行っているようで、カラダへの負荷が急激に少なくなっているのが見受けられます。

カラダというのは、進化のためには強い刺激を常に入れてあげる必要があるので、慣れてしまうようなトレーニングを行っていると、次第に刺激が少なくなってしまい放出されるホルモンの量が大幅に減少してしまうことが多いです。

するとスーパーサイヤ人状態から一気にうつ病化してしまったり、反動でやる気が起こらなくなったりすることがありますので、この辺りは注意が必要になるのではないかなと感じています。…

オナ禁をすると実際のところストレスはたまる。

オナ禁をすると実際のところストレスはたまる。
オナ禁を行っていると、実際のところストレスはたまります。

僕はもうオナ禁をライフスタイルの一つに組み込んでしまっているので、オナニーをする・しないという考え方が頭にありません。

でもオナ禁を始めたばかりの方は「オナニーを我慢しなければならない」「今まで行っていたものを無理矢理に制限しなければならない」という考え方になっているはずなので、結果的にストレスに感じてしまうことが多いですね。

オナニーが習慣化されているわけですから、それを食い止めることはとても難しいです。

禁煙しようと思った方が習慣化によってまた喫煙してしまうように、禁酒しようと思った方が習慣化によってまた飲酒してしまうように、習慣化を食い止めることが必要になります。

喫煙や飲酒は、それ以上に気持ちのいいことが少ないと思うので食い止めることがとても難しいのですが、オナ禁の場合はこの点はものすごく簡単になります。

まだ効果は実感できていない段階かもしれませんが、オナ禁を実践していくことで女のコとエッチできる可能性が大幅にアップしますので、オナニーなんかよりもはるかに気持ち良いことができるようになります。

初期の頃は、僕も「あー、抜きたい!!」と考えていることもありましたし、実際にオナ禁を始めてから最初のエッチができるまではストレスしか感じていませんでしたね。

なんでこんな馬鹿なことをやっているんだろうと思いましたし、本当に女のコとエッチできるようになるのかなとも思っていました。

ストレスがたまるに従って、オナ禁のマイナスな情報を調べるようになり、それを自分の中で納得させてオナ禁をストップさせるような行動もとりました。

でも、そんなストレスも、新しい女のコと初めてエッチしたときに一気に解消されました。

やっぱり女のコとエッチできるというのは男にとって最高の瞬間ですし、自分だけに女のコのマル秘の部分を見せてくれているという充実感、女のコを攻略できたという自信、女のコが感じているのを見ることができる至福のひとときはたまりません。

オナ禁のストレスなど一気に消えましたし、それ以降はマイナスな情報を調べることは一切なくなりました。

人間というのは現金なもので、自分が考えているものよりもはるかに気持ちのいいことが起こると、その気持ちよさを追求しようとカラダが大きく変化していきます。オナ禁の場合は、エッチをするという目的にカラダが変化していきます。

オナ禁は、誰が行っても最初はストレスです。

今までオナニーをしてこなかった人は別ですが、一度でもオナニーをしてきた経験のある方、またその期間が長い方にとっては間違いなくストレスになります。これは事実です。

でも、ストレスが解消される日もいつか必ず訪れます。

それまでほんの少し頑張ってみてくださいね。

禁酒や禁煙と比べたら、はるかに楽ですので。…

オナ禁を行うとオーラがみなぎる

オナ禁を行うとオーラがみなぎる
オナ禁を行うと、オーラがみなぎるようになります。

僕自身はオーラを見ることができないのですが、患者さんの中にオーラを見ることができる方達がいらっしゃって、「先生オーラの色が太陽みたいにキラキラに変わったね。前から元気なオーラだったけど、もっと光ってるよ」といった感じのことを言われるようになりました。

複数の患者さんに言われるようになりましたし、たぶんオーラがみなぎって変化したのではないかなと思っています。

しかも興味深いのが、言ってきた方が全員女性だったということです。

男性にもオーラを見える方はいると思うのですが、僕に対してオーラの変化を言ってきた方は全員女性の方でした。今振り返ってみると、とても興味深いことだと思いますし、モテ効果にも影響があるのかなと感じています。

女性は男性とは大きく異なる生き物で、僕たちに見えていないもの・感じていないものを、大きく感じ取る能力が高いです。僕たち男の1000倍くらい、感じ取る能力が高い生き物ですので、もしかしたら言わないだけでオーラが直接見えているのかもしれません。

フェロモンを感じ取りやすいのも女性のほうですし、高く男性に対する「魅力的」「気持ち悪い」と感じ取っている能力が高いのも女性のほうですので、オナ禁を行いオーラをみなぎらせていれば、それだけでモテ効果が高まる可能性が高いです。

体全体が熱くなってきた

オーラが出ていると言われているようになった頃、自分ではオーラが見えませんでしたが、カラダ全体の体温が上昇しました。

実際に平熱が36.2度くらいだったのが36.5度くらいに上昇していますので、体温の上昇が見られるようになりました。

体温が上昇すると、医学の世界で「不感蒸散」と呼ばれる目には見えない汗や蒸気の放散が増加すると言われていますので、これがオーラとして感じ取られているのかもしれませんし、女性に対するアピールになるのかもしれません。

フェロモンは汗と一緒に外へ放散されると言われているので、オナ禁を実践して、オナ禁にプラスαした筋トレなどによってフェロモン効果を最大限に高めて、体温が上昇して不感蒸散が増加するとモテ効果が最大限に高まる可能性が高いです。

気をつけていただきたいのが、体温が上昇するということはニオイも拡散される可能性が高まりますので、清潔にしていなければニオイがどんどん拡散してしまい、逆効果になる可能性が極めて高いです。

ここで清潔にしていれば、フェロモン効果だけをもたらすことができますから、大きくモテていくことができる可能性が高いです。

「オナ禁を行う」ということだけに目を向けてしまうと、モテ効果に対してものすごくデメリットになる可能性が高いですから、「モテる」ということに目を向けるようにして細かい部分まで気を使っていただければと思います。…