若い頃からオナ禁をすると天才になる可能性が出てくる

若い頃からオナ禁をすると天才になる可能性が出てくる
自己啓発の部門で有名なナポレオンヒル関連の書籍に「性エネルギーの巨大なエネルギーを活用して何かに取り組むと巨大な成果が表れる」という表現がされている部分があります。

オナ禁に関することを直接表現しているわけではありませんが、性エネルギーの欠如=射精のしすぎによって、目標に到達することができなくなるのでできる限り性欲はコントロールしておくべきだ、という考え方が成功哲学の一つとしてまとめられています。

東洋医学の世界でも、射精のしすぎによってエネルギーが欠如して、とんでもなく集中力が低下して目のしたにくぼみができてしまうようになり、不健康な状態になってしまうという記述もあったりします。

現在のように科学がそこまで発達していなかったであろう時代において、昔の方々は性エネルギーの巨大さに気付き、性エネルギーを放出してしまうことによってカラダに悪影響を及ぼすということを、統計的にまとめて広めていっています。

DNAや科学的な検査などが無かった時代に、「〇〇を行ったら××になる」というものを膨大なデータをあつめて編纂していった中に書かれているわけですから、この情報には信憑性があると思いますし、すごいことだと思います。

中高生にぜひ実践してもらいたいオナ禁

オナ禁は中高生の子にぜひ実践してもらいたいと思います。

ホルモンの放出量も多くなりますし、モテるようになるのは間違いの無いことですし、集中力が上昇するようになり興味のあることに取り組むことができるようになると思うので、より天才性を増すようになっていくと思っています。

今でこそオナ禁によってネガティブ思考な部分はほとんど出てきませんが、「若い頃からオナ禁をやっておけば、人生もっと良くなったかもしれないな??」と軽く思うことは、正直なところあります。

どれだけお金があっても、どれだけ健康的な生活を送れるようになっても、過ぎ去ってしまった時間を取り戻すことはできません。

お金をどれだけ支払っても、10年前の自分に戻ることはできません。

だから、もし若い子がこのサイトを読んでくれているのであれば、できるだけオナ禁をやってみてほしいんですよね。

大人の意見って本当に聞きにくい年頃だと思うし、会ったことも無い人の意見を信用するのもどうかと思うのですが、若い方ほどオナ禁を実践してみるととんでもない結果が表れるようになると思うんです。

30オーバーのおっさんである自分ですらモテるようになりましたし、収入も以前よりももっともっと伸びていますし(年収は数千万円です)、ビジネスの展開も早くなっていますので良い効果をもたらすことができるようになっています。

これを早い頃からやっていったら、きっと日本全体に大きな影響を及ぼすことができると思うんです。

モテ効果とはまったく異なりますが、ぜひ実践してほしいと考えています。…

ニートがオナ禁をすると良いことがあるかも。

ニートがオナ禁をすると良いことがあるかも。
僕は若い頃からビジネスを行っているので、ニートになったことがありません。

だから、ニートの方の環境も気持ちも、なぜニートになっているのかもわかりません。

友人にも一人もニートのものがいないので、実体験を聞くこともできません。

そんなことを前提にお読みいただきたいのですが、ニートの方がオナ禁を行うとビジネス的観点からも、人間の能力構造上の観点からもニートから脱却したい人は脱却できる可能性があります。

好き好んでニートを行っているのであれば、それはそれで良いことだと思うのですが、「〇〇のせいでニートだ」と他者に理由を付けてニートを行っているような方であれば、そこから回復させることは十分可能になっています。

オナ禁を行うことで回復していくことの一つに「自分の自信」があります。

モチベーションのことです。

オナ猿状態だったときには、僕もいろいろな悪いことをすべて人のせいにしてきて、モチベーションが一切上がらないことが多かったです。

朝起きてもカラダがだるくって、何もやる気が起こらなくて、何か悪いことが起きたらすぐに人のせいにする、今考えたら最悪の男でした。こんな男がモテるわけなど、どう考えてもありえません。

僕の考えの一つに、男性のうつ病患者さんの何割かはオナニーのしすぎによるモノではないかというのがあるのですが、まさにオナニーのしすぎでやる気が起こらなくなりうつ病に限りなく近い状態に陥っていました。

自殺願望も実際にありましたから、もしかしたらオナニーのしすぎがうつ病へと進行していった可能性もありますし、オナニーによって放出されたプロラクチンが過剰になりすぎて、全身の能力が低下していた可能性も捨てきれません。

僕はそれでも自分で稼いでいかなければならない環境、誰かに食べさせてもらえるような環境ではなかったので、ニートになることはありませんでした。

オナ禁で培ったエネルギーをビジネスに転換させて、今ではそれなりに良い暮らしをさせてもらえるようになりました。

僕はニートに方に会ったことがありませんし、実際のところ、僕の人生ではなく他の方の人生なので「知ったこっちゃない」のですが、もし何らかの環境に置かれていて「ニートにならざるおえない状況を脱却したい」と考えているのであれば、オナ禁をおすすめします。

僕は経営者として働いていますので、何人ものスタッフの面接を行ってきましたが、ニートの人がなぜニートなのか、なぜどこも採用してくれないのかは何となく肌で理解しています。

「すべて〇〇のせい」と他の人のせいにする人が、ものすごく多いんですね。

家族のせい、社会のせい、学校のせい、テレビのせい、時代のせい、ネットのせい、友人のせい…。

などなど、まあ数限りなく他の人のせいにしている人が多かったです。

オナ禁を行うことで自分に自信がつき、自分の細かい部分に目がいくようになり「ああ、自分のせいなんだ」と思えるようになってからは、ニートから脱却できている人が多かったと思います。

男の立場に関することだけなので、女のコに関することは一切分かっていませんが、間違いなくオナニーのしすぎがうつ病やニートを増やしていることと関係しているのは、ビジネスの立場からも自分自身の実体験からも理解しています。

ニートをやりたくてやっているのであれば、問題ありません。

ニートをやりたくないのにやっているのであれば、問題があります。

オナ禁、人生変えるのに本当に良いですよ。…

オナ禁でさまざまな試験に合格した方がいる。

オナ禁でさまざまな試験に合格した方がいる。
ネット上で調べていると、オナ禁のエネルギーを勉強に注いで様々な試験に合格された方がいらっしゃいます。

表向きになっているサイトだけでも数人は試験勉強に活用されている方がいましたし、SNSなどのクローズドのコミュニティのなかには数多くの方が勉強に活用しているようでしたので、間違いなく試験の合格にはつながると思います。

どのような試験があるのかはわかりませんが、僕が効果的だと思えるのは短期記憶が必要な分野です。

大学受験などもそうですし、僕たちの医学系の資格だったりその他の資格のための試験だったら、オナ禁による短期記憶能力のアップ、集中力のアップによって大幅な点数の加点を狙うことは十分に可能だと思います。

逆に、記述式のものだったり、何かを表現するタイプの試験ですと、自分自身に対する自信がみなぎってくるので臆すること無く行動できるという部分に対しては効果的だと思いますが、記述能力が一気に上がったり表現能力が一気に上昇する可能性は少ないと思います。

オナ禁&筋トレによって、悪性のジヒドロテストステロンの量が減り、良性男性ホルモンのテストステロンが高いレベルになると、集中力と行動力が一気に増し、この状態で物事を覚えていくと短期記憶能力もアップするので、マーク式のテストにはうってつけです。

日本の試験には、短期記憶能力をはかるテストがものすごく多いと思いますので、オナ禁による能力アップによって効果があるのは間違いありません。

オナ禁をして消防士に受かった友人がいる

友人で現在消防士を行っている者がいるのですが、彼は数回試験に落ちていてラストチャンスだとのぞんだテストの前にオナ禁を行って、見事合格することができました。

当然オナ禁だけの効果とは言えないとは思いますが、オナ禁を行うことで集中力がまして勉強時間が延びたということを素直な感想として述べていました。

あと、体力テストのような試験があるそうなのですが、それらの成績が自分の中で過去最高の結果になっていたようで、オナ禁+筋トレによって最大限にカラダの能力も高まり、テストに受かることができたようです。

彼の日頃の努力もありますが、オナ禁による効果も高かったというのは何度も飲み会の席で聞いています。

現在は、オナ猿まではいかないモノの週に2回くらいの頻度でオナニーをしているそうですが、もともと消防士などの危険な職業はテストステロン放出効果が高まる職業なので、能力はあまり落ちていないようです。

テストに受かる前の友人と、テストに受かってからの友人は、確かに表情も行動力も大きく異なりますので、テストステロンの効果に改めて気付かされました。実際のところ、自分自身の変化は自分では分かりにくいですからね。…

実践した人だけが分かる!!オナ禁は都市伝説ではない。

実践した人だけが分かる!!オナ禁は都市伝説ではない。
オナ禁は都市伝説ではありません。

医学的にも理論を立証できるものだと思いますし、東洋医学やアーユルヴェーダなど古来からの医学の中でも重要視されている分野で、別に都市伝説などではありません。

僕は自分が「本当にそうなのかな??」と興味をもったことに対してはすぐに取り組むたちで、いろいろな情報をしっかりと集めて、自分に合う方法、あわない方法を見定めて、本当に言われていることが正確なのかを身をもって経験していきます。

今は継続的にオナ禁を行うことができていますが、初期の頃は失敗もたくさんしましたし、本当に効果があるのだろうか?と感じながらも、いろいろとチャレンジして女のコとたくさん知り合うことができる、エッチできる環境に持っていくことができました。

オナ禁の情報を聞いても怪しいと思ったり、反論してくる方もいらっしゃいますが、別に気にしていません。

だって、その人の人生ですし、都市伝説ならやらない、ものすごく偉い先生が理論建てて世間一般的にならなければ実践しないと考えているような方とは、そもそも性格も行動力もまったく異なりますし、話をしていても何の意味も無くなってしまうからです。

もし都市伝説なのかな?と考えている暇があるようでしたら、オナ禁についていい面も悪い面もたくさん調べるようにして、医学的な論文なども検証してみるようにして、そしてご自身で最低30日は継続して行ってみて、結果を判断してみてください。

医学の理論は20年スパンで変化する

本業が医学に携わっているので話させてもらいますが、医学の理論は20年スパンで変化していきます。

たとえば首が悪い方が病院に行ったら、現在の医学では「ストレートネックだから肩が凝る」みたいな表現がされているのですが、これが数年後には一切なくなります。

日本の医学、特に整形外科の見た目で判断できない分野はものすごくスピードが遅くて、いまだに「ストレートネックだから肩が凝る」という表現をされるのですが、アメリカなどの医療先進国では「〇〇という原因が肩こりとストレートネックを引き起こしている」と表現しています。

数年後にやっとアメリカの考え方に追いついて、「〇〇という原因が肩こりとストレートネックを引き起こしている」という表現に変化していくと思いますが、これくら医学というのは微妙な考えも多いんです。

糖質制限ダイエットという方法が、「実際に数値の面でも健康になれていて、体重も減っている」にもかかわらず、それまでの既得権益を守ろうとしているのか、大きな医学団体からは「邪道」として叩かれています。

加圧トレーニングも、初期の頃は邪道中の邪道でしたが、現在では広く知れ渡っているようになります。

オナ禁もおそらくこれと同じようなことが起こるはずです。

性的な一般的にアンダーグラウンドに考えられていることですから、広くは伝わらないかもしれませんが、多くの方が実践するようになり、こうして僕が書いているサイトなどに訪れてくれるようになったのはまぎれも無い事実です。

今は都市伝説、邪道なのかもしれませんが、オナ禁が当たり前の理論になる日はいつかやってくると思います。

そのときになったら、ますます僕はモテているでしょうし能力がアップしていると思うので、都市伝説だと言い張っている方達に差を付けることができるので、とても楽しみに思っています。…

適度なオナ禁を心がけることが重要。ストレスNG

適度なオナ禁を心がけることが重要。ストレスNG
オナ禁を継続していく上で、ストレスは与えないようにしたほうがいいと思います。

そもそもオナ禁自体を「過酷なもの」という認識が頭の中にあると思うんですね。

僕自身もオナ猿状態のときには「絶対に無理!!」と決めつけていましたし、実際に行ってみても「ああ、イライラしてきた」とリセットしてしまったことも何度かあります。オナ禁=困難なもの、と決めつけてしまっていたんです。

でも思考を「オナ禁すれば女のコとたくさんエッチできる魔法のようなテクニック」と変換してみたところ、これが簡単に継続できるようになったんですね。不思議なことに、一気にオナ禁の継続記録を伸ばすことができるようになりました。

思考というモノはとても重要なことで「オナ禁=継続が難しい」「オナ禁=宗教みたい」などと考えてしまうと、脳の中で「そんなに辛いならやめればいいじゃん」という作用が働き、自然に手が股間に移動してしまうようになります。

脳をいかに騙すか?脳にどれだけ協力してもらうかが、オナ禁継続の重要なポイントになると思いますし、女のコたちとのエッチな生活につながると思います。

お金持ち=悪だと考えている人は、絶対にお金持ちにならない

ビジネスの世界で、大変興味深いお話があります。

多くの方は、金融資産が少なくて、年収も1000万円以下の方ばかりだと思うんです。

お金が欲しいと言葉にはしていても、誰かのために働く人生(※社長さんやオーナーさんの部品となる人生)を歩んで、そこからもらえる給料だけをたよりに生活している方が多いと思います。

宝くじを買って、いつかはお金持ちになろうと考えていて、いざ宝くじが当たってみたらすぐに全額使ってしまって、逆に借金だけが残ってしまうという辛い現実を送っている方も多数いらっしゃいます。

こうした方のほとんどが「お金持ち=悪」だと考えていたり、お金持ちに対してあまり良い印象を抱いていない方が多いです。

口には出さないかもしれないけれど、ねたんだり、私には関係ないと思い込んで強がってみたりして、うらやましいとか自分もそうなりたいと考えて行動する方がものすごく少ないと思うんです。

「お金持ち=悪」という思考が頭の中に入っていると、いざ自分がお金持ちになろうと様々な行動をしていったときに「お金持ち=悪」という思考が頭の中に入ってしまっているので、思考の部分・脳の部分から「だったらお金持ちになる意味は無い」と制限を受けます。

どれだけ意識の中で「自分はお金持ちになるぞ!!」と考えていろいろと行動していたとしても、深層の部分で「お金持ち=悪」という思考が身に付き、ねたんだり強がったりしている人は、一生お金持ちになることはできません。

だって自分が悪人にはなりたくありませんからね。

これと同じで、オナ禁も「悪いこと」「宗教的な怪しいこと」だと思ってスタートしてしまうと、どれだけオナ禁を継続していこうと努力していっても、最終的には脳にストップさせられます。

「そんなに悪いことならやらなきゃ良いじゃん!!」と、脳にカラダをコントロールされるようになり、最終的にはオナ猿に逆戻りです。

僕は、「オナ禁すれば女のコとたくさんエッチできる魔法のようなテクニック」と変換しました。

きっとあなたにも、オナ禁をすることで得たい目標があると思うんです。

その目標に思考を書き換えてしまい、悪いことだと思わないで過ごしていると、ものすごく簡単にオナ禁を行うことができるようになります。さらに、「オナニー=悪」という情報をたくさん身に付けていくと、オナ禁は継続できます。…

オナ禁は学力向上に最適のテクニック。受験前の中高生にオススメ。

オナ禁は学力向上に最適のテクニック。受験前の中高生にオススメ。
オナ禁は、ぜひ中高生に行ってもらいたいと思います。

僕は小学校の頃からオナ猿状態(昔はそこまでひどくありませんでしたが…)だったので、集中力がほとんど出せなくて学習能力も低めでした。

その当時からオナニーの勉強をしておいて、そこからずっとオナ禁というかオナニーに触れない状態で人生を過ごすことができていたら、相当ハイレベルな人生になっていたのではないかなと思っています。

今でこそオナ猿状態から脱却して、ビジネス的にも成功させることはできていますし、女のコからモテるようにもなった自負できるようになりましたし、いろいろな面でメリットが高いなというのは理解できています。

でも、小学校・中学校・高校のレベルで、オナニーの勉強などを行える環境は一つたりともありませんでしたし、「オナニー=良いこと」のように言われる風潮が昔からあったように思えるので、オナニーの有害性を知ること無く育ってきてしまったと思います。

セックスやオナニーなど、性に対する世の中の見方は「悪」であり、その中でもオナニーは自分自身で行える「良的行為」として認識されているために、エロい言動の中では「良いこと」としてとらえられてしまっているような気がします。

受験前には必ずオナ禁をすること

中高生の方にぜひ覚えておいてもらいたいのが、オナニーを行うと集中力が下がるということです。

学生時代にはなんだかやる気が起きなくなってしまうこともあるだろうし、勉強に身が入らなくなってしまうことも多いと思うのですが、その大きな原因の一つとして習慣化されたオナニーが関係してきます。

オナニーを行うことによって、カラダの中からエネルギーが射精行為によって消失してしまうのと同時に、ホルモンバランスが一気に崩れてうつ状態を引き起こすマイナスの思考に陥ってしまうようになります。

俗にいう「賢者タイム」とよばれるぼーっとした状態ですが、オナニーが習慣化されることによって日常的に賢者タイムが継続されてしまう状況になり、結果的に勉強などに身が入らなくなってしまうことが多いです。

このサイトをご覧頂いているということは「オナニーって体に良いのかな?」「オナ禁って本当に効果があるのかな?」と考えていらっしゃると思うのですが、集中力を高める、勉強能力を高めるにあたってオナ禁はとんでもない効果をもたらします。

モテ効果を必要としているのであれば、オナ禁だけでなく筋トレや栄養素の補給をしっかりと行ったほうが良いと思いますが、受験勉強に対するオナ禁でしたらオナ禁単独でも素晴らしい効果をもたらすことができるようになります。

実際のところ、僕自身の経験では、昔は集中できるのが40分くらいだったのですが、今では90分くらいはまったくつかれることなく、集中しながら勉強や仕事に取り組むことができるようになりました。

また、5分くらい休憩したらすぐに作業に取りかかることができるくらい集中力の回復もものすごく高まりましたので、この点で人生にものすごくメリットになっていると感じています。

受験生の方、オナニーなどに学習能力を引っ張られないようにしてください。

オナ禁を行ってもらえれば、間違いなく最大限の能力に高めることができます。…

オナ禁していると自然に顔やせしてくる。

オナ禁していると自然に顔やせしてくる。
自分自身の顔を鏡で見てもよくわからないのですが、自然に顔やせしているようです。

友達や患者さんに「なんか痩せた??」と聞かれることも多いですし、実際にスマホで写真を撮って確認してみると前よりシャープになっているのを感じます。

※鏡で見る自分の顔は自分が頭の中で作り出した情報が含まれていますので、本当に自分の顔を見たいときにはスマホなどで写真に撮ったモノをチェックすると良いと思います。オナ猿状態のときにはビックリするくらいやる気のなさそうな顔をしていました。

オナ禁をすることによってやる気が出てくるのと同時に、テストステロンの量が増えるようになり、体脂肪を燃焼させる効果が高くなりますので、全身の体脂肪が落ちるのと同時に顔やせしてくるようになります。

顔に対してコンプレックスがある方は、試してみるとかなり効果的だと思います。

人によって痩せ始める箇所が違う

オナ禁に限らず減量を行って体重が落ちてくるとき、人によって痩せ始める場所がまったく異なります。

僕の場合だったら胸⇒背中⇒腕⇒足⇒腹⇒顔という順番なので、顔が一番最後に痩せ始めるようになるのですが、トレーニングを教えて頂いているボディビルダーのインストラクターの方は、顔から痩せ始めていくそうです。

他の会員さんにも情報を聞いてみたのですが、皆さんバラバラで顔から痩せていく人もいましたし、僕と同じように上半身から痩せていく人もいました。下半身から痩せていく人も当然いらっしゃいます。

どこから痩せていくかはその人次第ですので、なかなか痩せないと思ってもストレスを貯めないようにしてくださいね。ストレスを貯めてしまうと、リセットしてオナ猿に逆戻りしてしまう可能性が高いですから。

部分痩せはできない

残念ながら現在の医学、スポーツ業界では部分痩せを行うことはできません。

筋肉をつけてメリハリを出させて、ボディパーツを整えていくことはできますが、脂肪をどこか一カ所だけ削ぎ落とすという行為は行うことができないので、もし部分痩せなどの広告が出されていた場合には気をつけてください。

どれだけマッサージを行っても痩せることはありませんし(一時的にむくみが取れてサイズダウンはしますが元に戻ります)、部分痩せしようと思っていろいろと行動をとってみても残念な結果に終わってしまうことが多いです。

顔やせを行うことができるのも、もともと他の部分が痩せてきてからできることであって、顔だけを痩せさせることは非常に困難ですし現在のところ不可能だと言われています。…

オナ禁の極意は、エロ禁にある。マジで人生が変わる。

オナ禁の極意は、エロ禁にある。マジで人生が変わる。
オナ禁を行っていくのであれば、間違いなくエロ禁は一緒に行っていくべきですね。

エロ禁とは、その名前の通りエロを禁じる行為ですが、オナ禁だけのモテ効果が10だとしたら、オナ禁+エロ禁を行っていれば100になるのではないかと感じるくらい、エロ禁の効果はすざまじいものがあります。

オナニーを行っていると強烈に悪性度の高いジヒドロテストステロンが放出されるようになりますが、エロい動画や画像を見ただけでもありえないくらいジヒドロテストステロンが放出されるようになってしまいます。

また、オナ禁を行って射精を禁止しているときにエロい動画や画像にアクセスしてしまうと、リバウンドのような形で普通のときよりもさらにジヒドロテストステロンが放出されるようになり、とてもモテ効果とは言えないような環境に陥ってしまいます。

ジヒドロテストステロンが放出されると、口臭はクサくなり、体臭がよりきついモノになり、汗が気持ち悪いにおいになって、肌はベタベタ、頭ははげてしまっているにもかかわらず、腕毛や胸毛は気持ち悪いくらいに生えてくるという感じになります。

また、カロリー消費効率が若干悪くなるために、ビール腹のようになったり太りすぎてしまったりと、完全にモテ効果とは逆方向に走ってしまうようになります。

簡単に言えば、飲み屋にいるような愚痴ばっかり言っている気持ち悪いオヤジになってしまいます。

飲み屋にいる気持ち悪いオヤジがモテると思いますか??

初期はとにかく我慢

オナ禁を初めて初期の頃は、ジヒドロテストステロンがカラダの中に残っているのですが、このジヒドロテストステロンの効果の一つに性欲をマックスレベルまで高めるという最悪の効果がありますので、ご注意ください。

オナニーが習慣化されていて止めにくいにも関わらず、さらにジヒドロテストステロンの効果によって性欲が最大限にまで高められてしまうわけですから、とんでもなくオナニーをしたい環境になってしまうんですね。

オナ禁を始めた当初が、もっともリセットしたい時期なんです。

だからこの時期をどう乗り切るかが一番のポイントで、エロに接しない環境づくりを行うことが重要になります。

と同時に「エロい想像がわき上がってくる」というのを覚えておいてください。

ジヒドロテストステロンの効果によって、潜在意識の中に眠っているエロい情報がバンバンわき上がってきて、僕たちのオナ禁を邪魔してくるようになります。このことを知っているのと知らないのとでは、オナ禁の対応が大きく変わると思います。

知らなければそのまま性欲に負けてオナってしまうと思うんですけど、情報として「ジヒドロテストステロンが性欲を高めて、潜在意識からエロい情報をピックアップしている」と理解できていれば、どうにか我慢できるようになるんです。

僕たち男は、女のコと違って理論で動いていることが多いですから、こうした原因が明確にされている情報に対しては対応を行えるようになることが多いんです。何も知らないと、そのままサルに逆戻りですが。

最初はとにかくエロ禁を行って我慢してください。…

高校野球の強豪チームは実際にオナ禁を指導している。

高校野球の強豪チームは実際にオナ禁を指導している。
高校野球の強豪チームは実際にオナ禁を指導しているところが多いようです。

僕のように中長期的に行ってしまうのは若い子たちにとって苦痛になってスポーツにも悪影響になることが考えられますので、大事な試合の1週間前くらいからオナ禁を行うことを指導しているようです。

実際に甲子園に出てくるような強豪チームの卒業生などの話を聞いてみると、オナ禁を指導されることもあるようですし、異性交遊がOKの学校の場合には試合の前にはあまり会わせない指導も行っているようですね。

オナ禁を実践していけば分かりますが、ありえないくらい集中力が高まって、ありえないくらい筋肉の量も増えていき、ありえないくらいスポーツの能力が上がるようになっていきます。どれもスポーツ選手にとっては欠かせないものです。

オナニーで抜いてしまうことによって、これらの能力がガタンと落ちていく可能性が高いですし、とてもじゃありませんがオナ禁を行っている才能のある選手たちと対等に戦うことはできなくなってしまいます。

僕も格闘技を行っていたときに、ジムのオーナーから「試合前になったらオナニーやセックスは絶対にするな!!」とキツく言われていました。※当時はオナ禁のすごさをしらなかったので、試合前日までガンガンにオナッていましたが。結果は当然の敗北…

昔から行われているようなスポーツの中で伝統的に「オナ禁」について語り継がれてきているということは、男性機能・スポーツ能力の向上に対しては間違いなく効果のあることだと言えますし、実践の中でそうした技術を身につけてきた先人たちには本当に驚かされます。

軍人の世界でもオナ禁がある

友人に某国の軍人として活動しているモノがいるのですが、どうもオナ禁が命じられているようです。

何かに出撃する前やトレーニング合宿の前や最中は、一切オナニーが禁じられるようで、もし破った場合には相当過酷なトレーニングをさせられるようです。でも、どうやってオナ禁しているのかどうかを判断するのかは教えてくれませんでしたが。

軍人なんて言ったら、とんでもなく怖いことを行うと思いますし、まさに男性ホルモンの宝庫だと思いますので、オナ禁をすることでさらに魅力的になっていくと思います。

実際に友人の国に遊びにいくとかなりモテていますし、宗教的にも問題の無い国のようですからつまみ食いをしょっちゅう行っているようです。

軍人=テストステロンの塊のような職業ですから、女のコが放っておくことは当然ありませんし、顔つきもますますイケメンになっていましたのでよりモテ効果は高くなっていると考えられます。

危険な職業ですが、うらやましい限りです。…

医学的・科学的にオナ禁は意味があるのか?ないのか?

医学的・科学的にオナ禁は意味があるのか?ないのか?
僕自身、接骨院という医学に関連した職業に携わっていますので、医療系の論文を目に通すことはよくありますが、オナ禁に関する医療論文は今のところ出されていないと思います。

ですが、医学的・科学的にはオナ禁はとても意味のあることだと思っています。

社会的にテストを行いにくい部分もあると思うし、性的産業からプレッシャーを受ける可能性が高い理論ですので、何らかの社会的影響があるのかもしれません。要するにプレッシャーを受けている可能性が高いです。

宗教の面からはものすごく重要視されていて、いろいろな宗教でオナ禁は有害であるということが言われ続けているにも関わらず、一般的にはオナニーは健康にいいと言われています。

たとえば「人と仲良くする」「挨拶をしっかりする」といった部分は、宗教でもしっかり有益なモノであると言われていて世間一般的にもそれが正しいことであると広まっていますが、オナ禁のような性的なモノは封印されているような感じがします。

こうした社会的封印によって医学的・科学的な議論がなされていないのだと思います。

何を目的にするかで意味が変わる

僕のように女のコにモテたいと考えているのであれば、意味がある行為だと思います。

健康的な生活を送りたいと考えているのであれば、意味がある行為だと思います。

ですが何の目的もないのにオナ禁を行おうとすると何の意味もない行為になってしまう可能性が高いですね。

健康面とコミュニケーション面の能力をものすごく高める効果が高いテクニックですので、そうした面では医学的にも科学的にも有益性であると考えられます。

今の世界的な状況ではアダルト業界はものすごく強い力を持っていると思いますし、まだまだその勢力は広がっていくと思います。

あくまでも僕の予想でしかありませんが、今後、ますますオナ猿状態の男が増えて、リアルな情報でない架空の女のコに精液を搾り取られてしまい、やる気をなくし行動力が一切なくなってしまい、うつ病状態の人が増えていくものと考えられます。

草食系男子がますます増えていくと思いますし、その中でも性的に強い人、オナ禁を行っている人など性的魅力の強い男性を探し出そうと肉食系女子がどんどん増えていく可能性が高いと思います。

ちなみに、世界的にも引きこもりの方が増えているそうですし、女性がどんどん肉食化してきているそうですが、インターネットの普及とともにオナ猿たちがどんどん増えていって、精力を奪われていることが関係していそうな気がします。…