少食にしてもオナ禁の効果は無かった(自分の場合)

少食にしてもオナ禁の効果は無かった(自分の場合)
少食にすると性欲をコントロールできます。

ただし、自分のように男性かをはかりながらモテ効果を実践していきたいのでしたら、ご飯の量は多めにとっていくことをおすすめいたします。

少食にして性欲をコントロールする手法は、カラダや顔をどちらかというと中性化させて女のコに近づけるようなタイプ、スマートなスタイルでスタイリッシュにモテていきたいタイプの方におすすめできる方法です。

もともと細身の体型で女のコのような顔立ちをしている方や、ジャニーズ系のようになってモテていきたい方にはコチラの方法をおすすめいたしますし、少食にすることで性欲コントロール⇒オナ禁につながっていくと思います。

僕が推奨しているスタイルは、もともと男性的な面が強い方だったり、男らしくなってモテていきたい方、ビジネスなど人生のあらゆる面に積極的になっていきながらモテていきたい方におすすめしているスタイルです。

筋トレをしっかりと行いながら、フェロモンを出していくスタイルですが、少食にしてしまうと筋肉の原材料になるモノが少なくなってしまったり、精液やホルモンの原材料になるコレステロールの量が少なくなってしまうので、フェロモンを放出する効果が薄れてしまいます。

筋トレをしっかりと行っていれば、オナニーを激しくしたくなるような性欲は抑えられるようになりますので、多少多めにご飯を食べたとしてもしっかりと性欲はコントロールできるようになります。

もし極度に性欲コントロールができていないと感じているのであれば、セント・ジョーンズ・ワートと呼ばれるうつ病関連のハーブを積極的に摂取していくと、過剰な性欲をコントロールできるようになると思います。

セント・ジョーンズ・ワートをオナ禁単独で飲用していると、性欲や性能力のみが減少していって男性的魅力が急激に下がる可能性が高いので、筋トレをしっかり行ったり他の栄養素を補給することで、バランスよくモテていくようになります。

実際に自分が性欲を抑えれるかと思って少食にしてみたのですが、逆にストレスがたまってしまってそのストレスを発散するためにリセットしそうになってしまった経験もあります。僕のスタイルには逆効果だということが分かりました。

同じオナ禁というジャンルに属しているものでも、スタイルの違いによってメリット・デメリットが出てきますので、そのあたりを吟味しながらご自身がどんな形でモテていきたいのかを考えていってもらいたいと思います。…

砂糖の摂りすぎはオナ禁失敗の原因になる!!

砂糖の摂りすぎはオナ禁失敗の原因になる!!
あまり知られていない事実なのですが、砂糖を摂りすぎると性欲が高まりすぎてオナ禁リセットの可能性が高まります。

砂糖を大量に摂取するような生活を送っていると、カラダに負担がかかるようになってしまい異常な性欲が発生するようになります。

砂糖の摂りすぎは、カラダに負担を与えてしまうので、カラダの内部に大きなストレスを引き起こします。また、脳に対してもストレスを与えるようになり、脳のコントロールを不十分なものにしてしまいます。

太っている方が自分自身の体をコントロールすることができなくなり、食べては太るのを繰り返してしまうのは、脳のコントロールがとれないためです。

糖分を摂りすぎると性欲のコントロールも行うことができなくなりますので、オナ禁を実践されている方はケーキの食べ過ぎやお菓子の食べ過ぎ、しいてはお米などの炭水化物の摂りすぎは行わないことをお勧めいたします。

糖質制限を行うとオナ禁&ダイエットにつながる

僕は、オナ禁を実践するときに「もっさりしている自分」というものを変えたいと思い始めたので、体脂肪を落とすダイエットも併用したいと考えていました。

ウェイトトレーニングだけでも体脂肪を落とすことはできるのですが、より変化を明確にしたかったので糖質制限を実践することも始めました。

2回リセットするまでは糖質制限は行っていなかったのですが、3回目のオナ禁チャレンジを機に糖質制限を行うようになってからは、さらにオナ禁を実践しやすくなったのを覚えています。

最初は「オナ禁に慣れてきたのかな??」と思っていたのですが、糖質の脳に対する影響、性欲コントロールに対する影響を知り、糖質のオナ禁に対する影響を勉強していきました。

糖質制限を行うことでオナ禁を行いやすくなりましたし、そもそも体脂肪が落ちることでテストステロンを減らしてしまうホルモンが減り、相対的にテストステロンの量が増えていきモテ効果がより上がっていきました。

見た目の変化も起こり、顔もシュッとした感じになり昔の「もっさりしている自分」とは異なる感じに変化していき、それに伴い女の子からのアプローチが増加しています。

女の子は、より男らしい価値の高い男を求めていますから、カラダのコントロールができているというのはとても重要なポイントだと思います。

糖質制限は、ダイエットだけではなくモテ効果も高めることができる最強の方法だと実感していますので、食べ物に対してストレスのない方でしたら実践してみるといいと思います。

マジでびっくりするくらい変化していきますので。…

オナ禁時に性欲抑制効果のある豆腐を食べてみた。

オナ禁時に性欲抑制効果のある豆腐を食べてみた。
オナ禁のときに性欲抑制効果があるとされる豆腐を食べてみることにしました。

結果は、暴発しそうになりましたね。

豆乳のときもそうでしたし、今回の豆腐もそうなのですが、僕にとっては性欲抑制効果があるどころか、逆にリセットしてしまいそうになるくらい急にムラムラが発生するようになってしまう危険な食材だと感じています。

もともと大豆の中には女性ホルモンのエストロゲンによく似た成分が含まれていて、それが男性の性欲を抑えるという効果があるみたいなんですけど、僕が行っているスタイルに併用すると危険な感じになってしまいます。

僕だけではなくって、同じようにオナ禁+αを実践している友人たちも大豆製品を食べるときにムラムラが上昇するということを言っていました。

オナ禁だけを行っていたり、一般的な普通の生活を送っている方にとっては性欲抑制効果があるのかもしれませんが、良性の男性ホルモンの数値のみをできる限り高めて、フェロモン効果をもたらすスタイルには合わないのかもしれません。

豆腐を食べることによって中性的な効果はあると思いますし、性欲抑制効果は実際にあるとは思うので、「中性顔」を狙っている女性的なオナ禁スタイルを目指している方には向いている食材だと思います。

性欲をコントロールするときには、僕の場合は運動を行って解消してしまうのですが、からだを動かして疲れた状態に持ち込んでいくと、とても簡単に性欲を抑えることができます。というよりも、エッチなことなんて考えられないくらいになります。

あらゆるものに確実に「合う」「合わない」がある

これは医学の世界でいわれていることなのですが、患者さんに対して治療を行っていくときに必ず「合う」「合わない」があることを認識してもらう必要があります。

特に日本人は、古くはあるある大辞典やみのもんたの番組に始まり、さまざまな健康番組で取り上げられたモノが一気にスーパーから無くなり、しばらくしたら元通りになるという一過性の性質を持った民族だといえます。

「豆乳が性欲コントロールに良いよ」と聞いただけで、自分のスタイルに合わない方法であるにも関わらず豆乳を試してしまって、実際に暴発してリセットしてしまいオナ猿に戻ってしまった方も多いと思うんです。

豆乳を試してみて、性欲をコントロールできる方は、それがぴったり合っているのだと思います。

でも、僕のように暴発してしまう可能性があるということも頭の中に入れておいてもらい、実際に暴発しそうになったら「ああ自分には合わないから止めておこう」と、自分で自分の動きをコントロールしていってもらいたいと思います。

自分のカラダを上手くコントロールすることができれば、しいては自分の人生をコントロールすることにつながっていきますので、自分自身がのぞんだ未来を切り開く可能性が高まります。

「合う」「合わない」は必ずありますので、ご注意ください。…

オナ禁のときに牛乳を飲むとタンパク質補給になる。

オナ禁のときに牛乳を飲むとタンパク質補給になる。
オナ禁を実践しているときには、牛乳を飲むようにすると良いと思います。

牛乳は動物性タンパク質の宝庫ですから、男性ホルモンの値を上昇させることにつながりますので、モテ効果を実感したい方にはオススメの食品です。

下痢になってしまったり不調を訴える方は行わないほうが良いですが、牛乳を飲むことが特に問題のない方でしたら、トレーニングと一緒に牛乳を飲むことを実践してもらえればと思います。

短期的に使用するのであれば、カラダに対する負担もあまり多くなりませんし、腸などにダメージを与えてしまう可能性も少ないですので、一気にモテ効果をあげていきたいときにはおすすめしたいと思います。

長期の使用は要注意

気をつけていただきたいのが、牛乳を長期的に飲み続けることによってカラダに害を及ぼす可能性があることです。

政治や利権と絡み合っている部分なので、あまり表立ってはいわれていることではありませんが、アトピーの原因になったりガンなどの病気の大きな原因になるともいわれていますので、くれぐれもご注意いただければと思います。

たとえば、1ヶ月牛乳を飲み続けたからといってこうした症状が発生することは考えられにくいですが、数十年にわたって飲み続けていれば何らかの症状が発生する可能性は高くなります。

腸内の壁に牛乳がへばりつき、宿便のようにこびりついて、そこからフリーラジカルと呼ばれる体内を攻撃する成分が放出されるようになり、見えないところでカラダの中をボロボロにしていってしまいます。

一時的に飲むのであれば、男性ホルモン放出効果が高いので使用していっても問題ないと思いますが、長期的な使用は避けていったほうが良いと思います。

医学の世界でもはっきりと別れている部分ですが、牛乳の業界というのは巨大な利権が絡んでいるので、ニュースなどにはなりませんね。

骨粗しょう症の原因にもなる

牛乳を飲むと骨に良さそうなイメージありませんか??

骨が強くなるみたいな。これ、間違いです。

牛乳を飲むと血液中にカルシウムがたくさん流れるようになるのですが、長期的に血液中にカルシウムの量が増えていると「骨に貯めておかなくてもカルシウム入ってくるから問題ないか」と脳が勝手に勘違いを起こし、骨からカルシウムを溶かしてしまうことがあります。

これが骨粗しょう症の要因の一つになっています。

こちらは、一般的な医学の世界でも正しい理論だと認識されていますので、気をつけてくださいね。…

オナ禁のとき肉食に食べ物を変えたら女の子の喰いつきが半端ない

オナ禁のとき肉食に食べ物を変えたら女の子の喰いつきが半端ない
宗教的な問題でトライすることができない方は無理なのですが、オナ禁をしているときには肉食に変えることをおすすめいたします。

特に、僕のように女のコにモテることとビジネスや学問などで集中力を増していきたいという方でしたら、食事の内容を肉食に変化させていくと、オナ禁の効果にプラスしてとても良い効果をもたらすことができると思います。

肉食を積極的に行っていくと、カラダの中で男性ホルモンの量が増えます。

結果的に様々な現象が発生するようになります。

「自分はもともと肉食だけど、女のコにモテたことなんて一度も無い」という方がいらっしゃいますが、それは当然です。女のコに持てるようなライフスタイルに変化していないからですね。

どれだけ肉食であったとしても、筋トレをしっかりと行っていなければぶよぶよの気持ち悪い感じになりますし、清潔感も一切無く近づきたくないような気持ち悪い感じになってしまいます。

オナニーのしすぎによって、ジヒドロテストステロンが大量に放出されていると、あたまがどんどん禿げてきてしまって、体臭もきつくなってしまって、目がうつろな集中力のないとんでもない状態の男になってしまいます。

「肉食をする=モテる」ではなくって「肉食をする=モテ効果の原材料になる食事」だと考えてください。

材料がどれだけしっかりとした高品質のモノであったとしても、それを調理する側が失敗(運動しない、オナニーだらけの毎日、無力感満天)していれば、良い効果が得られるどころか逆効果になってしまいます。

オナ禁+筋トレにプラスして肉食を行うようにしてください。

野菜をしっかり食べることをオススメ

肉食になるということは、カラダの中に肉の腐敗物などが残ってしまって、腸内環境を悪化させる可能性が高くなってしまうのですが、これを防ぐためにも食物繊維がしっかりと含まれている野菜と、栄養価値の高い野菜やサプリメントを摂取することをおすすめいたします。

どれだけ男性ホルモンが蓄積して、見た目は格好いい男に変化したとしても、カラダの内部がボロボロの男なんかとは付き合いたくもありませんからね。

そもそも健康状態が悪化して、勃起できないような状態に陥ってしまったら最悪ですから、それを防ぐためにも栄養素の補給は行っておいたほうが良いかと思います。

※実際に陰茎の血管が閉塞して勃起能力が低下する現象が悪い食生活によって引き起こされるケースもあります。

モテることに対してはとても大きな影響を及ぼしますが、デメリットもしっかりと存在していますので、その部分はカバーするようにしてもらえればと思います。…

オナ禁をしている人にオススメの飲み物とは?

オナ禁をしている人にオススメの飲み物とは?
オナ禁を行っている人に最もおすすめしたい飲み物、それはミネラルウォーターです。

豆乳やグレープフルーツジュースに性欲抑制効果があると知り、それを積極的に飲んでいた時期もありましたが、僕にとってはそこまで抑制効果が高いモノではなかったので飲むのを止めてしまいました。

そこからいろいろな文献を読むことで「射精の感覚と放尿の感覚は基本的には同じ」ということに気付き、「だったら尿そのものの回数を増やせば性欲をある程度コントロールできるのでは?」と考えて、からだに最もいいミネラルウォーターを飲むようにしてみました。

それまではほとんど水を飲むことがなかったので、初期の頃は水を飲むことが苦痛で苦痛で仕方なかったのですが、できる限り飲むようにしてみたところ、おしっこを出す回数が大幅に増えていきいました。

それと同時に不思議なんですけど性欲をよりコントロールしやすくなっていったんですね。

オナ禁をするまではまったく気付かなかったのですが、排泄行為がここまで気持ちのいいものなのかと思えるようになるほど、おしっこを出すことが気持ちよくなっていきました。

特に、ふとしたときにエロ情報を目にしてしまったときにパンパンに膨らんでしまった時、ミネラルウォーターを大量に飲んでスクワットや腕立て伏せをその場で行うようにしています。

運動を行うことで性エネルギーが運動エネルギーに変換されて、ムラムラが一気に解消されるだけでなく、ある意味「疑似射精」に近い「放尿」という行為によってより身体的に性欲を抑えることができるようになりました。

これは、自分の中でいい発見でしたね。

以前までだったらそのままシコって発射していたと思うんですけど、水をガンガンに飲んでおしっこをするだけで、ビックリするくらいコントロールできるようになります。勃起していた一物も一気に小さくなります。ビックリしますよ。

ミネラルウォーターは健康にもいい=モテるようになる

もともと人間のカラダは、ほとんどが水でできているのですが、過去の自分も含めた多くの方々は水を積極的に飲むことはありません。

そこまで水に対して重要性を持っていないというか、健康上のすごさを知らないんですよね。

でもミネラルウォーターを積極的に飲むようになってからは、肌の質もかなリよくなっていますし(オナ禁の効果にプラスして水々しくなりました)、便通も改善されていますので、健康にとてもいいことです。

このサイトで何度も書いてありますが、健康になると女のコの「優秀な男の子供を産むセンサー」にひっかかるようになり、結果としてモテるようになりますよ。健康な男性の遺伝子を残すのが、彼女たちの役割ですからね。

エッチしたい=遺伝子を残したい=自分自身のコピーを残していきたい、ということですから、健康的であること、男性的魅力が高いことは男がモテていく上で必要なファクターです。

ぜひ一緒にモテて、エッチライフを楽しみましょう。…

空腹時に亜鉛を飲んではダメ!!調子を崩す!!

空腹時に亜鉛を飲んではダメ!!調子を崩す!!
先ほど、朝ご飯を食べていないのを忘れたまま亜鉛を飲んでしまったのですが、ありえないくらい胃腸のむかつきが発生したので水をたくさん飲んで抑えました。

僕は、朝食はアサイードリンクを飲んだり玄米プロテインを飲んだり、野菜をジューサーで絞ったモノを飲んだりと、酵素のたくさん含まれている食生活にしています。健康を重要視して免疫力を高めてモテるために行っています。

「今日の朝、ジュースを飲んだ」と思い込んでしまっていて、飲み忘れていたことが記憶から飛んでしまっていたのですが、その状態でいつもと同じよう亜鉛のサプリメントを飲んだら、ありえないくらい気持ち悪くなってしまいました。

亜鉛はもともと鉄に近いような金属ですし、空腹時に摂取すると胃酸がないまま直接内蔵に届いてしまうので、分解するときに気持ち悪くなってしまうんですね。

医学の世界では常識のことでしたので、自分も当たり前のように食事と一緒に摂取したり食後に飲むようにしていたのですが、まさかここまで気持ち悪くなってしまうとは思ってもいませんでした。

正直、この文章を書き綴ることも気持ち悪くてできないくらいの状況なのですが、リアルな生の感情を書き留めておこうと一生懸命キーボードの上で指を走らせています。かなり気持ちが悪いです。

多分関係あると思うのですが、先ほどから軽いめまいが生じてきているので、さらに水を飲んで回復させたいと思います。

軽食をとると回復することが可能

まだお昼になっていないのですが、スタッフにコンビニでおにぎりを一個買ってきてもらって食べているのですが、これだけでかなり回復してきました。

亜鉛の消化時に体に負担が加わっているので、それを効率的に消化できるようにあえて軽食をとることで胃の働きが活性化されて胃酸の分泌が多くなり、亜鉛をしっかりと溶かすことができるようになります。

もし僕と同じように気持ち悪い症状が出てきてしまったら、コンビニでおにぎりを購入して食べると良いです。中でも梅干しのおにぎりは胃酸を出させる効果が高いので、梅干しおにぎりをおすすめします。

おにぎりを食べて5分くらい経ちましたが、だいぶ気持ち悪さが無くなってきましたし、めまいも抑えられるようになりました。

亜鉛はものすごくモテ効果を高めてくれるサプリメントですが、反動が強いというか、正しい使用方法をとらなければ今回の僕のように気持ち悪くなってしまうので、注意してもらえればと思います。

まあ、朝食後に飲む習慣をとれば問題ありませんがね。…

納豆をオナ禁のときに食べてみたけど…

納豆をオナ禁のときに食べてみたけど…
「大豆には性欲抑制効果がある」

この情報をつかんだ僕は、早速大豆を食べるようにしようと納豆を食べてみることにしました。

納豆は性欲抑制効果があるのと同時に、栄養バランスがすぐれた食品ですので健康にはいいだろうなと思い納豆を活用してみました。

結果は、失敗でした。

納豆を食べれば食べるほど、なぜか性欲が増すというかムラムラする気持ちが高まってしまうようになり、強く性欲が出てきてしまうようになりましたので、僕にはまったく合っていない食品でしたね。

もともと納豆は大好きでしたのでオナ猿状態のときも食べ続けていたのですが、オナ禁をしてからはなぜか性欲が高まってしまうようになりました。情報としては「性欲抑制効果」があるはずなのに、僕にとっては逆効果になってしまう食べ物でした。

試してみて分かることがある

ネット上でしっかりと情報を集めて、医学論文でも栄養に関する情報を集めた上で納豆を選択したのですが、僕にはまったく効果のない食品になってしまいました。

最初は気のせいかなと思っていたのですが、食べれば食べるほど性欲が高まることが事実としてありましたので、僕の体質と納豆の成分が合致することによって性欲が高まってしまう可能性があります。

僕の友人の中には納豆を食べることで性欲を抑えることができた者がいますので、たしかに性欲抑制効果があるのは間違いないことだと思うのですが、人によっては合う合わないということがあるのを、このとき改めて実感しました。

おそらく僕と同じように性欲が高まってしまう方もいらっしゃると思いますし、情報の通り性欲をぐっと抑えることができる方もいらっしゃるはずです。

大豆の中に含まれているエストロゲンによく似た物質が性欲を抑えてくれるはずですが、それ以上に納豆の中に含まれる成分が僕の体を刺激してしまっていたと考えられます。

医学の実験でも科学の実験でも本来の結果とは異なる結果が出ることがありますが、今回はそれが当てはまるような気がしています。

もしオナ禁を行うにあたって納豆を使う場合には、性欲が高まる可能性があるということも念頭に入れておいて頂き、もし性欲が高まってしまった場合には別の食品やサプリメント等を使用されたほうが良いと思います。…

ノコギリヤシはエロ禁が不得意な人にオススメ

ノコギリヤシはエロ禁が不得意な人にオススメ
性欲を抑えるサプリメントにノコギリヤシがありますが、エロ禁が不得意な方にオススメです。

僕も極度に性欲が高まってしまったときにはノコギリヤシのサプリメントを飲むことがありますが、このサプリメントを飲んでからしっかりとおしっこをしてスクワットを少し行うと、一気に性欲がおさまります。

エロいことを考えなくなるのはもちろんのこと、下半身・下腹部にたまっているムラムラ感、あの何とも言えない熱い感じと言うか男としての欲望が消失するようになります。オナ禁を行っていくにはとても便利なサプリメントです。

僕はもともと性欲をコントロールしやすいほうですので、いきなり性欲が高まってしまうようなことは少ないのですが、それでもちょっとエロ目の情報を目にしてしまったときなどにはグッと勃起してしまいますので、そんなときにノコギリヤシを使っています。

極度に性欲が高い方であったり、これからオナ禁を始めよう・継続しようと考えている方にオススメです。

長期服用はモテ効果を下げる可能性が高い

気をつけなければならないのが、ノコギリヤシは長期服用することでモテ効果を下げる可能性が高いということです。

もともと薄毛対策のサプリメントとして使われているものですが、男性ホルモンの量を下げて脱毛を低下させる効果があるサプリメントですので、男性ホルモンが下がってしまうんですね。

男性ホルモンの中でもモテフェロモンであるテストステロンの量が減ってしまうと、フェロモンの量が減って女性を惹き付ける効果が少なくなってしまいますので、長期服用は避けるようにしたほうが良いです。

僕は単発で使っているサプリメントですので、長期服用することもありませんし継続的には使用していないのですが、ネット等の情報では飲み過ぎることによって中性的になったりモテ効果が下がってくる、やる気がなくなるなどの副作用が出てくることもあるようです。

ノコギリヤシは局所的に使用していって、効率的にオナ禁ライフを継続してもらいたいと思います。

ノコギリヤシと同時に性欲を抑える効果が高いグレープフルーツジュースを飲むようにすると、さらに高い性欲抑制効果を得ることができるようになりますので、コチラもおすすめしたいと思います。

性欲抑制を適度に抑制してオナ猿状態に戻ることを避けるようにしてください。…

オナ禁初期に、便秘や下痢が繰り返されることがある。

オナ禁初期に、便秘や下痢が繰り返されることがある。
これは僕の実体験なのですが、オナ禁初期に、便秘や下痢が繰り返されることがあります。

オナ禁を行うことによって男性ホルモンのバランスの変化が起こるのですが、人間のカラダはちょっとしたホルモンバランスの変化によって様々な症状が発生するようになります。

特に腸は免疫機能を司っている部分ですから、ちょっとした変化に過敏に反応するようになり、便秘になったり下痢を引き起こしたりと反応を示すことが多いですね。

これは決して悪いことではなくて、あくまでも生理現象の一つとして起こることですし、自分の環境を変化させたいと思っているときには必ずと言っていいほど反応してくる臓器ですので、そこまで心配する必要は無いと思います。

たとえば、受験勉強を始めようとしたときに、急に環境が変化するために便秘や下痢が繰り返されることもありますし、場所や時間の変化にも過敏に反応してしまうので、慣れていないところへいくと急に調子が悪くなるのも生理現象の一つです。

あまり気にする必要はありません。

腸を改善するなら玄米プロテイン

もし腸内環境を改善して、健康体に仕上げて、完璧な形で女のコにモテたいと考えているのであれば、玄米プロテインをおすすめいたします。

一般的にはホエイプロテインと呼ばれる牛乳から作られたプロテインが多く出回っているのですが、このタイプのプロテインを長期的に使用すると宿便がたまるようになり、そこから有害毒素が発生してカラダに様々な影響を与えるようになるとされています。

めちゃめちゃ美人でもありえないくらい不健康な女のコよりも、ちょっとカワイイくらいで健康的な女のコとエッチしたいと思いますが、女のコも同様にフェロモンがしっかり出ていて自信があって、かつ健康な男とエッチしたいと考えています。

考えているというよりも本能的な問題で、価値の高い男の精子を受け取って優秀な子供を残していくことが彼女たちのお仕事ですから、健康でハキハキしているというのはとても大きなアピールポイントになります。

短期的にはホエイプロテインは筋肉をがっちりさせる効果はありますが、健康の面から考えてみると若干怖い部分があるのも事実です。

玄米プロテインであれば、カラダにすぐに吸収されますし食物繊維も豊富に含まれていて、便秘や下痢などの改善につながるだけでなく、宿便を綺麗に押し流してくれる効果もありますので、健康面を考えたら最高のプロテインです。

他にもいろいろな種類がありますが、ほとんどのプロテインを試して学術論文を読んで将来的なことを考えてみたところ、玄米プロテインに落ち着いています。筋肉もビックリするくらいつけることが可能です。

これからモテる人生を歩んでいきたいと考えているのであれば、玄米プロテイン&筋トレ&オナ禁は必須三項目になると思いますよ。…